DICキャンプで体験活動☆
子どもの「明るく元気な成長」をサポートします!

自主性
自律性
コミュニ
ケーション
コミュニ
ケーション

子どもさんのことでこんなお悩みありませんか?

・学校で何をやってるかわからない

・体験活動をさせたい

・ゲームばかりしている

・たくさんの人と関わらせたい

・家で話をしない

・友達をたくさんつくってほしい

・将来の夢がない

・キャンプに連れて行く時間がない

・将来が不安

・集中力、やる気がない

・体験活動をさせたい

体験活動で子どもたちを成長させませんか?

自然体験
 山登り・沢登り
川遊び体験
火起こし・野外炊飯体験
星空観察
仲間との交流
コミュニケーションの力
他人を思いやる力
助けをもとめる(協力)力
自己成長
体験から生まれる興味関心
積極的にものごとに関わる自主性
善し悪しを判断できる自律性

普段できない体験
キャンプファイヤー
スタンツ(劇)
レクリエーション

普段できない体験
キャンプファイヤー
スタンツ(劇)
レクリエーション

こんな成長が期待できます

  • 身の回りのことが自分でできるようになる
  • 友達や家族、人に対してやさしく接することができる
  • 積極的にものごとに取り組もうとする
  • コミュニケーション力が上がる
  • 臨機応変な対応ができるようになる
  • 体験を通して「はてな」が生まれ、学習の意欲も上がる
  • キャンプや野外の知識が身につく
  • 安全管理や災害対応についての知識が身につく
  • 自分に自信が持てる
  • 将来に対しての夢や希望が持てる!!
  • 友達や家族、人に対してやさしく接することができる

参加者の声

自己肯定感があがった!(小4男)

以前、子どもは自身を失い、「自分は何をしてもダメだ、バカだ」と自己肯定できなくなっていました。DICキャンプに参加して以来、今は学校へも元気に通えるようになり、毎日楽しく過ごすことができています。DICの趣旨に共感し、いろいろな体験や人とのふれあいが子どもたちの成長にとても貴重だと思います。子どもが安心して参加できる企画をしていただき、感謝です。

家でできるようになった!(小3女,小6女)

対象年齢が広く、姉妹で参加出来た事で、今でもかけがえのない楽しい思い出を共有しているようです。中でも川遊びが何より楽しく、嬉しかったようでした。また、カレー作りをしっかり教えてもらったようで、今では家でも自分で作ってくれるようになりました。来年は中学生になり、参加できる機会が減ることが大変残念ですが、楽しかった思い出は彼女の今後の糧になってくれると思います。ありがとうございました(*^ー^)ノ♪

DICキャンプが1番楽しい!(小2女)

竹で作ったお箸とつゆ入れ。自分で作った達成感があるようで、気に入って自宅でも使っています。 同じ班のお友達からひんやりシートやポケムヒを借りたらしく、娘は初めて知った物だったし、分けてもらえて嬉しさを感じたようでした。帰宅後早速お店に買いに行きました(笑) テントの中でお友達ともたくさん話が出来たようでした。 その後、違うキャンプにも行きましたが、DICのキャンプはいろんな楽しい企画があるようでDICが一番楽しい!と娘。またこれからも参加させていただきます。

笑顔の帰り道!(小1男)

初めての事には慎重で、お調子者だけれど引っ込み思案な息子です。 今回のキャンプも、私の声掛けがきっかけで、そうめん流しの企画に惹かれての参加でした。 思い切って参加してみると、楽しいことも沢山あったようです。 帰り道は笑顔で「川遊びが一番楽しかった!」と様子を話してくれ、竹の器とお箸も自慢げに見せてくれました。 沢山の楽しい思い出を作ってくださり、本当にありがとうございました。 沢山の人と関り、色々な価値観があることを感じて、人も自分も大切に出来るようになってくれたらと思います。 来年は、もう少し長いキャンプに挑戦できるかもしれません^^ またよろしくお願いいたします。

家でできるようになった!(小3女,小6女)

対象年齢が広く、姉妹で参加出来た事で、今でもかけがえのない楽しい思い出を共有しているようです。中でも川遊びが何より楽しく、嬉しかったようでした。また、カレー作りをしっかり教えてもらったようで、今では家でも自分で作ってくれるようになりました。来年は中学生になり、参加できる機会が減ることが大変残念ですが、楽しかった思い出は彼女の今後の糧になってくれると思います。ありがとうございました(*^ー^)ノ♪

DICキャンプとは?

DICキャンプ(Dreams In Club)

目的
・普段できない体験をすることで、子どもたちの「自主性」「自律性」を育むこと
・社会教育活動を積極的に行う青少年、成年の仲間づくりをすること

 

DICは、上記の目的のため活動している社会教育団体です。

その活動としてキャンプや自然体験、ものづくりなどの体験活動を実施しており、子どもたちの成長のサポートをしています。

現在約40人の人がスタッフとして在籍しています。構成員は学生さんだけでなく、社会人が多く、教員や看護師、キャンプ企画等経験者も多数在籍しています。将来教育に関わりたい人や、キャンプに興味がある人には特にオススメです(*^_^*)

DICキャンプはココがちがう!!

  • 人と関わること、コミュニケーションに力を入れている!
  • スタッフの人数が多く、スタッフ全員が研修を受けているので安心☆
  • 「子どもを育てる!」という観点で体験活動を実施!(一つ一つの活動に必ず教育的価値)
  • 友達はもちろんさまざまな職種のボランティアスタッフがいるので、さまざまな考え方を吸収できる!
  • スタッフの人数が多く、スタッフ全員が研修を受けているので安心☆

ごあいさつ(代表 深山翔平)

Dreams In Clubが目指しているもの

現代の社会において、「学力、道徳心、体力」を兼ね備え、現代社会でたくましく生きていく力(自主性、自律性)が求められています。

 これらの力は本来、学校教育において育むべきなのですが、実際のところ、学校教育では規制がたくさんあり「学力」に目が向けられることが多く、体験についてはないがしろにされがちです。また、これまで、地域全体で子どもを育てていた面もありましたが、最近では両親の共働きから核家族が増え、地域のつながりも薄くなっているのが現状です。「迷惑である」という理由からボール遊びが禁止になる公園も増え、子どもたちが外で遊べず、ゲームをしてしまうのも納得できます。「最近の子どもは・・・」などとよく言われますが、このような状況をつくってしまったのは私たち大人ではないのでしょうか?

 しかし、同時に、私たち大人次第で子どもたちに体験の場を作り出すこともできます。
そこで、DICの活動では、家庭や学校では普段できない体験をすることにより、子どもが本来持っている「やる気」を引き出し、自ら積極的に物事を行おうとする「自主性」、規律に従って自分で判断し行動しようとする「自律性」を育てようと考えました。
 私たちは、これらの要素を全て含んでいるのが自然体験キャンプだと考えています。DICキャンプでは、班をつくり、異年齢集団で行動することで、道徳心を培い、たくさん遊ぶことで体力をつけます。そうなると、キャンプなんて学力には関係ないじゃないか!と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、自然体験の経験が豊富な子どもは学力も高いという傾向があります(全国学力調査アンケート結果)。それは、何にでも興味を持って物事を探求しようとするからです。

 このように、体験活動を通して培われる力は大きなものがあると考えています。これからの未来を担うのは今の子どもたちです。子どもたちのために、私たち大人ができることを少しずつでもやっていきたいと思っています。

子どもキャンプ開催場所

主に久留米市
イベントによって場所が違うので、詳しくはホームページをご覧ください。

お問い合わせ

Dreams In Club 代表  深山翔平