ダイアローグ(対話)を
ファシリテートしたい方に贈る
オンラインセミナー

ダイアローグエキスパート講座       【開校日】毎月第2日曜日 13:00~
ダイアローグピアラーニング講座      【開校日】毎月第3金曜日 20:00~
ピアラーニング参加のための基礎講座【開校日】毎月第1土曜日 13:00~
ダイアローグのためのZOOM研修会   【開校日】随時 
ダイアローグ
(対話)の
プロを目指す

こんなお悩みありませんか?

  • 対話の場をホールドできない
  • 気が付けば自分ばかり話している
  • 聞こうとすると聴けなくなる
  • 何を聞くべきかわからない
  • 対話が広がらない
  • 対話自体がうまくいかない
  • 対話自体がうまくいかない

対話することが大事、と言われても…

社会福祉法人で支援者として仕事をしています。利用者さんとの対話を大事にしたいと思って、対話実践をしていますが、きちんと傾聴できているかどうか不安に思うときがあります。どうやって対話の勉強をしていくべきか悩んでいます。(42歳 女性)
この春から昇進し、部下を持つことになりました。会社側は1on1をするように言ってきますが、いざ一人一人の話を聴くとなると、言いづらいのか、なかなか話が弾みません。信頼関係を築いて、何でも話してもらえるようになるにはどうすればいいのでしょうか。(34歳 男性)
オープンダイアローグに興味をもって勉強を始めました。ダイアローグの手法を個別に教えてくれるセミナーはあっても、実践を練習する場がなくて、手探りのまま、見よう見まねで現場で実践しています。(32歳 男性)
コンサルティングを生業としています。最近は対話型組織開発というキーワードが流行し、スタッフとの対話を重視する企業様が増えてきました。コンサル側も、対話をしっかりと勉強し、伝えられるようにならねばと考えています。(53歳 男性)
コンサルティングを生業としています。最近は対話型組織開発というキーワードが流行し、スタッフとの対話を重視する企業様が増えてきました。コンサル側も、対話をしっかりと勉強し、伝えられるようにならねばと考えています。(53歳 男性)

カウンセリングのプロが教えるダイアローグ(対話)実践型講座

ダイアローグ講座は、座学だけではなく、ダイアローグ実践中心のセミナーです。自分自身の対話のクセをつかみ、講師や学びを共にする仲間からフィードバックを受け、課題に対して繰り返し練習を行うことことで、偏りなく語り手の話を聴き、対話を広げられるスキルが身に付きます。

こんな方が対象です

  • ダイアローグについて相談したい方
  • 面談が上手くいかなくて困っている方
  • 最新の知識を勉強したい方
  • ダイアローグの練習がしたい方
  • 話を聴き、広げる方法を知りたい方
  • 最新の知識を勉強したい方

ダイアローグピアラーニング講座はこんな講座です。

ダイアローグの基本構造を理解し、実践を重ねていく中で「やり方がいまいちわからない。」「自分のやり方があっているのかどうか自信がない。」「本音で対話できているという実感がつかめない。」「他の人はどのようにやり取りをしているのか見てみたい。」「経験者の人に自分のやり方を見てもらいアドバイスが欲しい。」等色々な疑問点や悩みが出てきます。本講座は他の受講生の方のロールプレイを見ながら「あっ。この人のこの声がけが素敵だな。」「自分だったらここの部分をもっとこう聴くと思う。」「自分のダイアローグにはこんな癖が有ったんだ。」等いろいろな気づきがあります。それらを明日からの対話実践に生かしていただくと共に必要に応じて基本事項(傾聴の基本的姿勢、対話を深めていくための基本的な質問技術、フィードバックの行い方、・・・)に立ち戻り解説を加えていくことでダイアローグファシリテーターとしての能力向上を図ります。

ダイアローグエキスパート講座はこんな講座です。

受講者各自が実践事例や自らが苦手に思う面接場面を持ち寄ってダイアローグのロールプレイを行い、講師および受講者同士による振り返り・フィードバックによって更なる磨きをかけていく実践演習を行っています。体系的な知識の習得を図るアカデミックな講座というよりも、明日からの現場に活きるトレーニングを目指しているので講師および受講者同士によるフィードバックも真剣かつ実戦的なものになります。ダイアローグの上級トレーニングのため、相談援助業務に関わる、何らかの資格や役職をお持ちの方が対象です。

開催概要

ダイアローグエキスパートトレーニング(上級)
講 師 白木孝二(Nagoya Connect & Share代表・臨床心理士)
日 時 毎月第2日曜日 13:00~16:30
場 所 ZOOM(オンラインで受講)
定 員 6名
参加費用 2万円(税込み)
内 容 ダイアローグの第一人者である臨床心理士の白木孝二先生を中心に、エキスパートを目指す対人援助職最前線の精鋭の皆さんと、実習中心の講座を行います。自分自身の面談を多くの目でチェックしてもらい、フィードバックを受けられるエキサイティングなトレーニング講座です。
内 容 ダイアローグの第一人者である臨床心理士の白木孝二先生を中心に、エキスパートを目指す対人援助職最前線の精鋭の皆さんと、実習中心の講座を行います。自分自身の面談を多くの目でチェックしてもらい、フィードバックを受けられるエキサイティングなトレーニング講座です。
ダイアローグピアラーニング(初・中級)
講 師 岡田由佳(公認心理師)
越智勇次(精神保健福祉士)
日 時 毎月第3金曜日 20:00~22:00
場 所 ZOOM(オンラインで受講)
定 員 最少催行人員4名~
参加費用 5500円(税込み)
お問合わせ 白木孝二先生の下でスーパーバイズを受けてきた公認心理師の岡田由佳と、ADファシリテーター認定コース・セミナー課程と早期ダイアローグ課程を終了し、フィンランドでダイアローグを学んだ精神保健福祉士の越智勇次が中心となり、共に学ぶ仲間(ピア)と、ダイアローグの技術を研鑽していくことのできる実践中心の講座です。
お問合わせ 白木孝二先生の下でスーパーバイズを受けてきた公認心理師の岡田由佳と、ADファシリテーター認定コース・セミナー課程と早期ダイアローグ課程を終了し、フィンランドでダイアローグを学んだ精神保健福祉士の越智勇次が中心となり、共に学ぶ仲間(ピア)と、ダイアローグの技術を研鑽していくことのできる実践中心の講座です。


ピアラーニングのための基礎講座
講 師 岡田由佳(公認心理師)
日 時 毎月第1土曜日 13:00~16:00
場 所 ZOOM(オンライン受講)
定 員 最少催行人員3名~
参加費用 1万5千円(税込み)
内 容 この講座は、ピアラーニングを円滑かつ効果的に受講していただくための基礎講座です。対話の中に息づく、カールロジャーズの来談者中心療法をベースとした傾聴のレクチャーを含め、フィードバックの受け方、フィードバックの渡し方のお作法を習得し、実社会でも活かせる技術を身に着けることを目標としています。
内 容 この講座は、ピアラーニングを円滑かつ効果的に受講していただくための基礎講座です。対話の中に息づく、カールロジャーズの来談者中心療法をベースとした傾聴のレクチャーを含め、フィードバックの受け方、フィードバックの渡し方のお作法を習得し、実社会でも活かせる技術を身に着けることを目標としています。
自分を知るための個人カウンセリング
セラピスト 岡田由佳(公認心理師)
日 時 個別相談(60分)
場 所 ZOOM or 対面
参加資格 どなたでも
費 用 1万円(税込み)
内 容 人の話を聴くためには、自分の心の動きを知ることが重要です。なぜならば、人と接する際、自分自身の価値観や倫理、過去の経験などが影響し、その態度や言葉で知らぬ間に表現されるからです。なぜ、自分はこのような介入をしようと思ったのか、この声がけをしようと思った理由は何か、を即座に知り、過剰な反応を抑えることができるようになることが、良い聞き手となるための一つのステップです。自分自身を知るために、ぜひご活用ください。
内 容 人の話を聴くためには、自分の心の動きを知ることが重要です。なぜならば、人と接する際、自分自身の価値観や倫理、過去の経験などが影響し、その態度や言葉で知らぬ間に表現されるからです。なぜ、自分はこのような介入をしようと思ったのか、この声がけをしようと思った理由は何か、を即座に知り、過剰な反応を抑えることができるようになることが、良い聞き手となるための一つのステップです。自分自身を知るために、ぜひご活用ください。

講師紹介

白木孝二(エキスパート講座担当)
Nagoya Connect & Share 代表(臨床心理士)

名古屋市児童福祉センターに勤務
相談課(児童相談所、児童心理司)
くすのき学園(情緒障害児短期治療施設、セラピスト)
療育室(障害児総合通園センター セラピスト)

1991年 米国、ウィスコンシン州、ミルウォーキー市のBrief Family Therapy Centerにて、Residential Trainingを受ける

1997年~2002年 日本ブリーフ・サイコセラピー学会 常任理事

2002年8月,2003年6月,9月 米国、テキサス州、ヒューストン市の Connections Centerにて、 RDI® workshop for professionals を受講  Rachelle,K.Sheely,Ph.D.のスーパービジョンを経て2005年 RDI® Program Certified Consultant 資格取得

2007年より現職


岡田由佳(ピアラーニング担当)
Dialogus 代表 (公認心理師)
株式会社アレルギーヘルスケア代表取締役社長
公立小中学校スクールカウンセラー

京都橘大学健康科学部心理学科卒。

日産プリンス愛媛販売株式会社、読売ツアーサポート21、合同会社ユーエスジェイを経て、株式会社アレルギーヘルスケアを設立。

その後、奈良県女性センター(奈良県中央子ども家庭相談センター兼務)を経て、現在はスクールカウンセラーとして、小中学校に勤務。

医療・福祉・教育・産業分野でのダイアローグ(対話)普及のためのDialogusを設立、現在に至る。
越智勇次(ピアラーニング担当)
精神保健福祉士・社会福祉士・ジョブコーチ

川崎医療福祉大学 医療福祉学部医療福祉学科卒

精神科病院のリハビリテーション部デイケア、慢性期治療病棟、急性期治療病棟、外来の相談員を経て現在は障害者の就労支援に携わる。

NPO法人ダイアローグ実践研究所2018年度ADファシリテーター認定コース・セミナー課程、早期ダイアローグ課程終了
岡田由佳(ピアラーニング担当)
Dialogus 代表 (公認心理師)
株式会社アレルギーヘルスケア代表取締役社長
公立小中学校スクールカウンセラー

京都橘大学健康科学部心理学科卒。

日産プリンス愛媛販売株式会社、読売ツアーサポート21、合同会社ユーエスジェイを経て、株式会社アレルギーヘルスケアを設立。

その後、奈良県女性センター(奈良県中央子ども家庭相談センター兼務)を経て、現在はスクールカウンセラーとして、小中学校に勤務。

医療・福祉・教育・産業分野でのダイアローグ(対話)普及のためのDialogusを設立、現在に至る。

私たちの思い

「世の中に対話(ダイアローグ)の文化を根付かせたい」

私たちは、この思いをもって活動を続けてきました。今、コロナ対策のソーシャルディスタンスによる、コミュニティの分断・孤立化・希薄化が進んでおり、学びの停滞や提供できるリソースの枯渇など、様々な問題が表面化しつつあります。つながりを取り戻すためには、お互いの話を聴き合うための「ダイアローグ(対話)」が重要ですが、通常の会話とは異なる「ダイアローグ(対話)」を扱うためには、特別なトレーニングが必要です。私たちは、家庭・地域・組織等、日本中のあらゆる場所に、正しいダイアローグ(対話)の知識を持つ人が育ち、街角のあちこちでダイアローグができている社会の実現に寄与します。

会社概要


〒633-0053
奈良県桜井市谷63-1 株式会社アレルギーヘルスケア内
Dialogus  代表 岡田由佳

(外出で不在のことが多いため連絡はメールでお願い致します。)
info@dialogus.jp