オークション代行の特徴やおすすめ業者

近年、物の売買をインターネットで済ませる人が増えています。しかし、自分では上手く出来ないかもしれないと不安に感じる人もいるのではないでしょうか。今回は、オークション代行の特徴やおすすめ業者について紹介していきます。

オークション代行の特徴

こちらでは、オークション代行がどのようなものかを見ていきましょう。オークション代行に興味がある人は、ぜひ参考にしてみてください。

 ・面倒な作業を代行してくれる

オークションと言っても、出品する側と落札する側、結構な手間がかかってしまいます。例えば出品者の場合は落札者とのやり取りなどもしなければいけません。仕事などの都合で、出品者とのやり取りに時間を割けない人もいるでしょう。そんな時にオークション代行をしていればすべて面倒な作業を代わりに行ってくれます。

 ・手数料がかかる

代行作業ということで、当然ながら手数料がかかります。この手数料は統一ではなく業者によって異なるので慎重な選び方が必要となってきます。

 ・落札率が異なってくる

業者によって落札率が異なってきます。多くの業者が90%以上を誇っていますが、得意な品物などによって落札率が変わってくることもあるので注意しましょう。

オークション代行業者の選び方

オークション代行業者と言っても数多くあります。こちらでは、どのような部分に注意して選ぶべきかを見ていきましょう。

 ・手数料

先述したように、オークション代行業者によって手数料が異なってきます。なるべく費用を抑えたい気持ちは分かりますが「安かろう悪かろう」の業者がいることも覚えておきましょう。

 ・手間のかからなさ

業者によって代行の方法なども変わってきます。つまり、業者ごとに楽チン度が変わってくるのです。業者によっては売れなかった場合の買取補償がついている場合もあります。

 ・口コミ

オークション代行は馴染みがない人にとっては選び方に悩む人も多いでしょう。そんな時は、実際に利用した人の口コミなどを参考にするのもひとつの方法と言えます。ただ、インターネット上の口コミは誰でも書き込める仕様となっているところが多いので、参考にする程度に抑えておき、鵜呑みにするのは避けましょう。

オークション代行利用時のトラブルとは?

オークション代行を利用してトラブルに巻き込まれる場合もあります。こちらでは、どのようなトラブルがあるのかを見ていきましょう。

 ・自分で出品した方が良かった

業者によって手数料が異なるため、品物によっては自分で出品した方が安かったということもあります。手間をかけても安く済ませたい人は自分で行った方がいいかもしれませんね。

 ・持ち込みが出来なかった

業者によっては品物は宅配のみで受けつけているところがあります。すべての業者ではありませんが、宅配推奨の業者は多いです。宅配のみの場合は品物によっては送れない、時間がかかるなどのデメリットもあります。

 ・運送トラブル

運送中に破損したというケースも決して珍しくはありません。保証サービスに加入している業者が多いですが、定価以下の補償となるので持ち主が若干損をする傾向があります。割れ物などを送る場合は、しっかり対策をしてもらえるようにしましょう。

おすすめのオークション代行業者とは?

オークション代行業者は数多くあるため、優良業者が多い場合はどの業者を選ぶべきか悩む人も多いです。こちらでは、多くの人から支持されているオークション代行業者について見ていきましょう。

 ・オクサポ!

90日間は3日に一度のペースで再出品をしてくれるので、多くの人の目に留まりやすい特徴を持っています。しかも、再出品については無料で行ってくれるので出品者の負担も最小減で済むのでおすすめです。

 ・クイックドゥ

C級品などにも対応してくれるので、幅広い品物を任せることができます。他業者ではC級品は断ることもあるため、他業者から断られた人が多く利用している傾向があります。出品内容についても細かく相談できる特徴を持っている業者です。

 ・ワイズデポ

落札金額の70%を受け取ることができる業者です。ただ、これは1万5千円の場合であり、落札金額によって受取金額は変わってくるようですね。他業者と比較をしても出品者のお得度が高い業者として高い知名度を誇っています。

オークション代行の特徴などを知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

オークション代行はさまざまな業者があります。
業者によって得意とする品物などが変わってくる場合もあるので、慎重な選び方をしましょう。
基本的に業者のホームページなどで得意ジャンルなどを記載しているので、
自分が出品したいジャンルを得意としているか
しっかりチェックしてから検討するようにしてください。
記載されていない場合は、実際に問い合わせてみるのもひとつの方法と言えるでしょう。
少しでも得になるような業者選びを心掛けてください。