こんなお悩みありませんか?

さらに・・・

実は・・・

だから

始めるなら安心して続けられるファスティングを!

ファスティングプログラムとは

初めてファスティングにトライする女性を
とことん応援するために、ファスティングについて
正しい知識を持った“ファスティングマイスター”が
サポートしてくれる新時代のファスティングプログラムです。

\ 初心者に嬉しい /
3つのポイント

こんな方におすすめです

  • 便秘など腸内環境に自信がない。
  • 肌トラブルに悩んでいる。
  • 風邪などで体調を崩すことがある。
  • 忙しくて外食が多くなっている
  • 何度もダイエットに失敗してきた
  • 低体温など新陳代謝の改善をしたい
  • 疲れやすい
  • 慢性的なだるさなど原因不明の不調に悩んでいる。
  • 無駄な脂肪をなくしてダイエットしたい
  • イライラするなど精神面でお悩みの方
  • 仕事などのパフォーマンスを向上させたい。
  • 肌トラブルに悩んでいる。

期待される効果

  • 美肌効果
  • 代謝UP
  • 老廃物の排出
  • 腸内環境改善
  • リラックス効果
  • パフォーマンスUP
  • 免疫力の向上
  • 疲労回復、体調改善
  • 血流改善
  • 自律神経・ホルモンバランスが整う
  • 代謝UP

なぜファスティングが必要?

カロリーオーバーなのに栄養不足?!
現代人の食生活は「カロリーの摂り過ぎ」

近年、日本人の食生活は大きく変化しました。
納豆、味噌、醤油など発酵食品を食べる家庭が激減。

肉や油、乳製品、菓子などで、動物性たんぱく質や脂質といったカロリーが高い食事になりがちです。
そのため内臓が休むことなく働き続けています。

ファスティングで内臓を休ませ、長期間蓄積された不要なミネラルなどを体内から排出し身体をリセットすることで本来の自分の身体のサイクルを取り戻すことができます。

引き算の健康法


24時間365日働いている内臓を休ませ、
身体を一度リセットするための期間を作ることが大切。


体内に蓄積されている化学物質は、90%は食品から体に入ると言われています。その中で75%が体内に排出されますが、残りは体内にとどまることで不調を生み出します。

ミネラルが重要

女性にとって特に大切な「ミネラル」
たんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミンと並び、5大栄養素の一つである
「ミネラル」代表的な役割はカルシウム、鉄、銅、亜鉛、マグネシウムです。
ミネラルが不足してしまうと、生理不順、生理痛、不妊、貧血、目まい、頭痛...
さらには代謝機能が低下するので痩せにくく太りやすい身体になります。
このように身体のコンディションが低下しダイエットにも良い影響を与えません。

だからこそ「ミネラル」どんどん摂取しましょう!
でも体内で作ることができない・・・
だから・・・
ミネラルファスティングを活用しましょう!


得られる8つの効果

ファスティング中は身体に不要なものを入れないので健康的なコンディションの維持が可能です。

  • 1、内臓を休ませる
  • 2、味覚や嗅覚が鋭くなる
  •  3、肺がきれいになる
  • 4、免疫力がアップする
  • 2、味覚や嗅覚が鋭くなる

身体環境を活性化し
内側からスッキリキレイを促します。

  • 5、有害物を排出する
  • 6、大腸がキレイになる
  • 7、肝機能が改善する
  • 8、脂肪が燃える
  • 6、大腸がキレイになる

始めるなら安心して続けられるファスティングを!

分子整合医学美容食育協会 大井町駅前支部長
エキスパート・ファスティングマイスター
健康食事塾 代表 入江 將裕

健康に目覚めたきっかけですが、 実は、私は昔から身体が強いほうでなく、 健康に関して様々な試行錯誤を繰り返しておりました。
色々な方法を試していましたが、健康上の悩みが改善されるということはなかったのですが、 少食・ファスティングの『マイナスの栄養学』という考え方との出会いがきっかけで不調続きの状態が改善しました。

当時の私のように諦めていた「痛み」や「不調」を緩和、取り除くことでより多くの人を健康で幸せな状態へ導いていきます。
実際に関わらせていただいたお客様からも 自分と同じように体調の改善にとどまらず、 多くの人生におけるプラスの変化に感動のお言葉をいただき より確信が深まりました。


一人でも多くの方に デトックスによって私が得た感動体験をご体感していただき、その感動と自分自身の可能性を多くの方と分かち合いたいです。

デトックスを切り口にご縁と関係を大切にしながら、様々な側面から長期に渡ってサポートさせていただきます。
ファスティングについて一緒に学んでいきましょう。

ファスティングの注意事項

分子整合医学美容食育協会では以下のような方には、
ファスティングプログラムを実施していません。

ファスティング中は、肝臓や腎臓に負担がかかります。
その他注意事項に関しましては、担当のファスティングマイスターより
カウンセリング時にご説明させていただきます。

  • 活動性肝炎、肝硬変、がん、やせ形の糖尿病、胃、十二指腸腫瘍の方
  • 精神病、狭心症、心室性不整脈、その他すでに臓器障害を起こしている方
  • 副腎皮質ホルモン剤投与中の方、その他投薬を中断すると危険のある方
  • 過去に心筋梗塞や脳卒中を起こした方
  • 中学生以下の方(15歳以下の方)
  • 妊娠中・授乳中の方
  • その他不適切だと判断された方
  • 精神病、狭心症、心室性不整脈、その他すでに臓器障害を起こしている方

お申込み〜プログラムの流れ

体験者の声

30代女性・原田さん
血管年齢を測定したのがきっかけで、体質改善をしたい!と思い合計3回ファスティングをしました。
ファスティング中もいつもと変わらず仕事をしながらできますし、体の変化など気になることがあれば入江さんがすぐフォローしてくださるので、安心して取り組むことができました。
私個人の体感としては、腰痛が軽くなったのと、肌のキメが細かくなるのを体感できたのがとても嬉しかったです。
3回実施後、実年齢より+26歳ほどあった血管年齢が実年齢を下回る-12歳まで改善しました。
(血管年齢 38歳の改善)自分の体をいたわり大切にしていきます。
また定期的に実施したいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。
30代女性・佐藤さん
ファスティング実践前後での一番の変化は血管年齢です。-30歳と目に見える結果になり、より自分の身体を大切にしていこうと思いました。良い物を摂取する前にまずは身体の掃除をしてからが大切なことに気づきました。初めは、苦しいものと思っていたのですが、全然そんな事はなかったです。楽しみながら継続して取り組めるように入江さんが細かいアドバイスをたくさんしてくださいました。お陰様で継続できました。ありがとうございます。自分の身体や健康について興味が湧き、今後も定期的にファスティングを行こうと思います。
20代女性・種谷さん
始まりから終わりまでトレーナーの入江さんの手厚いサポートのお陰で安心して取り組めました。
実際にやってみると思っていたより、辛いことはなかったです。想像だけで、ファスティングは、辛いものと勝手に思い込んでました。
始めてみると空腹感があまりなく、自分がお腹空いてなくても「食べたい欲」があることに気づかされました。日々お腹空いてなくても食べ物を口にしているんだなっと思いました。

終わったあと、体がすっきりしており、体の中が綺麗になった感覚があります。肌も綺麗になって凄く嬉しいです。
分からないことはLINEで個別やりとりができ、細かく教えてくださいましたしやって良かったです。
体をリセットされたい方は、ぜひおススメしたいです。
30代女性・喜多さん
入江さんにトレーナーをお願いして、4回目のファスティングが終わりました。今回もスッキリ!溜まっていたものが出た感じです。ただ4回とも、ファスティング中の体の調子は異なったので、気になる度に入江さんに相談させていただきました。いつも丁寧に、理論的なことも併せてお話ししてくださるので、納得して改善することができました。ファスティングの回数を重ねる度に、体の調子が良くなってきたので、大変感謝しています。これからもよろしくお願いします!

よくあるご質問

  • Q
    運動はしても大丈夫ですか?
    A
    基本的に運動をしてもかまいません。散歩(30分程度のウォーキング)
    は行った方が減量効果が期待できます。激しい運動や車の運転はお控えください。
  • Q
    めまいやイライラなどはありますか?
    A
    ファスティング期間中は様々な変化が症状となって現れることがあります。疲労感、体臭、皮膚の乾燥、頭痛、めまい、イライラ、不安感、下痢などです。
    マイスターの助言で自分の体調に合ったやり方をお勧めします。一時的に肝臓値や乳酸値が上昇する場合があります。
  • Q
    生理中でも大丈夫ですか?
    A
    生理中の方でも基本的にファスティングをできますが、その時の体調によってご相談ください。
  • Q
    薬は飲んでも平気ですか?
    A
    空腹時のお薬の服用は消化器官に負担がかかるため、極力控えるようにしてください。必ず専門医にご相談ください。
  • Q
    ファスティングは一回だけでも効果はあるのですか?
    A
    5日間ファスティングならば1回でも十分な効果があります。
    5日間ファスティングをやったあとに半日ファスティングを継続的に行い、定期的な身体のお掃除をお勧めいたします。
  • Q
    ファスティングの言葉の意味は何ですか?
    A
    もともと「ファースト(fast)」というのは断食のことで、朝食をブレックファーストと言うのも、前夜からの断食を破る(ブレイク)という意味から来ています。「ファスティング」は完全絶食とは異なり、ビタミンやミネラル、酵素をたっぷり含んだジュースを飲みながら補います。
  • Q
    ファスティングでどのくらい痩せますか?
    A

    ファスティング・断食によりケトン体量が通常の20~100倍以上に増えます。
    ケトン体は脂肪をエネルギーに代えるため、体内の無駄な脂肪がドンドン使われることでダイエット効果(体脂肪率の減少)があります。

    脂肪の減量には個人差がありますが、5日のファスティングで男性なら3kg~5kg
    女性で2~3.5kgほどが平均的です。
    女性の場合、生理が終わって3日目くらいからファスティングを始めると体重が落ちやすいです。
    デトックスを目的とする場合は月の満ち引きや新月に合わせて行う方法もあります。

  • Q
    ファスティング専用ドリンクって何?
    A
    ファスティング専用ドリンクは酵素や酵母などの日本古来からある発酵技術を応用し、野草・野菜・果物・海藻などの主原料を発酵させることにより、栄養分を低分子化し速やかに吸収しやすい栄養ドリンクにしたものです。詳しくはご担当のファスティングマイスターへお尋ねください。
  • Q
    どうしてもおなかがすいたときは?
    A
    最初はファスティング専用ドリンクだけで5日間も食べずにいられるの?と思われがちですが、ファスティング専用ドリンクにはたっぷりのビタミン・ミネラルが含まれているので思ったほど空腹感はありません。まず水を飲んで解消するようしてください。しかしそれでも固形物が欲しくなる場合は梅干1個、スイカやメロンを一切れ食べてください。
  • Q
    ファスティングはどれくらいの期間すればいいの?
    A
    5日間のファスティングを月に一回、定期的に行うのが理想的です。半日ファスティングを20日程度続けたり、週末ファスティングを毎週行ったりするのもよいでしょう。
  • Q
    ファスティングに年齢制限はあるのですか?
    A
    ファスティングが可能な年齢は、およその目安として高校生から65歳くらいまででしょう。若い方の場合はいつでも成長期であり、栄養がいつも必要とされます。また年齢が高い方の場合は、体内の水分比率がもともと低い上、ファスティングを行うことでより以上に水分が失われることが懸念されます。
  • Q
    ファスティング中に運動をしてもいいの?
    A
    散歩などの適度な運動はファスティングの効果をより高めてくれ、積極的に行ってもらいたいのですが、激しい運動や労働は避けてください。詳しくはご担当のファスティングマイスターへご相談ください。
  • Q
    ファスティング中に気をつけなければならないことは?
    A
    水分を十分に補給してください。入浴は構わないですが、熱いお風呂に長時間入ったり、サウナを利用することは控えてください。岩盤浴は短時間でしたら、お勧めいたします。また、アルコールやタバコは厳禁です。ガムも胃酸が必要以上に出るのでやめましょう。
  • Q
    薬を飲んでもいいの?
    A
    診断を受け、お薬を処方され服用されている方は、ファスティングを行っても良いか担当の医師に判断を仰いでから行うようにしてください。
  • Q
    1人でファスティングを行っても良いですか?
    A
    基本的にファスティングは自己責任の元、行っていただくものですが、協会としましてはファスティングの知識と経験を積み重ねた指導者のアドバイス、カウンセリングの元、行っていただくことを推奨しております。知識を高めたい方のためにファスティングマイスター検定なども設けております。
  • Q
    めまいやイライラなどはありますか?
    A
    ファスティング期間中は様々な変化が症状となって現れることがあります。疲労感、体臭、皮膚の乾燥、頭痛、めまい、イライラ、不安感、下痢などです。
    マイスターの助言で自分の体調に合ったやり方をお勧めします。一時的に肝臓値や乳酸値が上昇する場合があります。