DETERRENCEとは

弊社DETERRENCEとは
いわゆる街中に立っている様な普通の警備の会社ではなく、
トラブルが起こることを前提としたクラブ・フェス・イベント・テーマパーク等、普通の警備会社では触れない警備を請け負っております。

もちろん危険が伴いますが我々にしかできない業務であると信念をもって活動しており、
その場に我々が存在することが価値であると考えております。
【何か起こってからはなく、何も起きない、何も起こさせない】
を信条に各現場での抑止力となりえるよう活動をして参ります。




一年の活動事例

由比ガ浜海の家警備

鎌倉・由比ガ浜では海の家の警備を
請け負いました。
刺青露出・反社会勢力の方々への
入店お断り等
マナー向上のお声がけやアルコールの持ち込み持ち出しの防止等を行い
気分が解放的になりトラブルが頻発する海の家で
様々なお客様に快適にご利用いただく為周辺、店内の警備を行いました。

TIF
(東京アイドルフェスティバル)

東京アイドルフェスティバル
通称「TIF」は日本で一番巨大な
アイドルイベント
弊社協力会社のBONDS SECURITY様と協力し
主にスマイルガーデンを警備させていただきました。
マナーの悪いファンの方々への警告
体調不良の方の救護を行ったほか
無料エリアには一般の方の出入りがあり、来場者以外の方にご迷惑をお掛けしないよう細心の注意を払いつつ
イベント成功へのお手伝いをさせていただきました。

EDC

千葉・マリンスタジアム、海浜幕張公園で3日間に渡り行われた世界3大フェスの1つであるEDC
弊社はビーチステージの警備を請け負いました。
世界3大フェスということもあり大きな話題を呼び
日本全国から多くの来場者で賑わいました
その反面トラブルの件数も増加しましたが、
隊員たちの迅速な対応のおかげもあり大きな事件、事故を未然に防ぐことができました。

他 supreme限定販売警備
  世界的アーティストの施設内警備 等多数実例あり

活動事例2

DIA TOKYO様

港区六本木3-8-15 
日拓ビル1F~3F
営業時間22:00~5:00


週末には800名近いお客様が来店され大変な賑わいのDIA
TOP100DJsランキング入りの世界的アーティスト
「DANNIC」や国民的アイドルグループAKB48の「高城・マリヤギ」とのレジデント契約で大きな話題を呼びました
現在は店内警備全般をご依頼いただいており
常時7名で店内の事件事故防止
不法行為予防に努めております。

party on様

港区六本木3-8-15
日拓ビルB1F
営業時間22:00~5:00


国内では初めてとなるショーとディスコの融合体
ショーディスコというジャンルを確立させたparty on
店内には妖艶なダンスで魅了するparty girl
場内を盛り上げる鼓笛隊
果てには恐竜や
某人気キャラクターまで
平日、週末問わず店内は大盛況です。
弊社は常時1名をご依頼いただき店内の事故
パフォーマーの安全管理を行っています。
【店内の様子を伺う山岸シニアマネージャー】

1OAK Japan様

港区六本木5-10-25
1F~3F
営業時間23:00~5:00


世界中のセレブリティが集まり、注目を集めるワールドワイドな1OAKが日本へ初上陸
毎週入場規制がかかる程の人気店であり
「エイサップ・ロッキー」や「キッド・インク」
「アロッソ」等
世界的アーティストも多数来店しています。
現在は3名ご依頼をいただき店内・店外の安全を守っております。
【店外で警戒に当たる大矢隊員】

代表者挨拶

「何か起こってからではなく何も起きない。
 何も起こさせない」


代表取締役 岩永 力樹

かつては安全と水はタダというまでに治安の良かった日本
しかし近年その国内では、無差別殺傷事件や著名人を狙った傷害事件が頻発しております。
安全はタダと言われていた日本の治安の良さは他国ほどではないものの、悪化の一路を辿っており
今後、東京オリンピックを迎えるに当たって海外からの入国者や移住民が増加していく事が予想され、国際的な犯罪やテロに巻き込まれないとは言えません。
グローバル社会へ向かう潮流により日本の安全神話は崩壊したといえるでしょう。
日本の警察は確かに非常に優秀です。しかしその反面
「何か事件が起こってからでないと対応できない」という現実がありストーカー殺人事件など最たる例だと私は考えております。
我がDETERRENCE SECURITYは
何か起こってからではなく何も起きない。何も起こさせない」を信条に警備を行っております。
経験豊富な弊社隊員が迅速確実に対応しクライアントの大切なイベント、営業でのトラブルを未然に防ぐ【抑止力】となります。
弊社が成功へのお手伝いをさせて頂ければ幸いです。

隊員紹介

山岸健弘
【主任】
柔道参段
キックボクサー

一昔前のSECURITYといえば自分がルールであるといった形でお客様に横暴な態度を取るものや暴力を振るう者など
いわゆる「アウトロー」的な人間が多くいました。
しかし弊社はトラブルが大きくなる前・発生する前に解決するのが信条です。
トラブルが大きくなったり、
こちら側の警告に従っていただけない場合は、
最終的に実力行使せざる負えない場合もありますが
基本はお客様との話し合いです。
何事も実力行使ではなく相手に理解を得ることが何よりの解決法、対話の中に理解があり信頼が生まれます。
我々が行っているのは格闘技の試合でもなく街の喧嘩でもなく「仕事」ですのでプロ意識を持ち何事も冷静に対処出来ればと考えています。

松村 浩徳
【主任】
柔道参段

弊社の社名DETERRENCEとは
「抑止力」という意味であります。
我々は抑止力となる人間がだらしない恰好をしていた場合
クライアント・カスタマーからの信頼を得られないと考えており
弊社のモットーの一つとして「眉目秀麗」を掲げています。
各現場にてその場に相応しいスタイルで、どの方からも信頼を得られるように心掛け、隊員同士で指摘し合います。
形から入ると言っては言葉が悪いかもしれませんが
姿形は業務に影響し己を正す事により現場に置いても
些細な変化にも気づく事が出来るとも考えております





大矢晃司
【主任】
ローコンバット

我々 DETERRENCE には隊員同士の結束を強め、自らを戒める
SECURITY7つの心得」というモノを掲げております。
その中に「人生は修行だ」という
項目があり何事も自分を高める為の修行だとも考えています。
その為我々はどんな状況においても「辛抱」の二文字を大切にし心の柱としております。
似たような言葉で「我慢」というモノがありますが
「我慢」とは苦な事をただ耐える
「辛抱」とは自らの目標の為耐え忍ぶ事
「我慢」の中には不満があり
「辛抱」の中には希望が灯る
「我慢」いずれ爆発し
「辛抱」はいつか必ず実を結ぶ
大切な仲間の為、SECURITYという我々にしか出来ない仕事の為
辛抱」する心を忘れず、業務に向かい合います。

会社概要

会社名 株式会社 DETERRENCE
所在地 〒106-0032
東京都港区六本木3-4-33 マルマン六本木ビル5F
連絡先 riki.teikyo@gmail.com

代表者 岩永 力樹
設立 2016年12月1 日
事業内容 警備業務全般
隊員数 約30名
指導教育責任者 土居 孝
東京都公安委員会許可番号 第30004199号
事業内容 警備業務全般

採用情報

弊社で一番大切にしているのは「」です。
こんな時代なので馬鹿にされる事もありますが
危険な場面に遭遇する可能性があるからこそお互いを支えあう仲間との絆を大切にしてほしい。
仲間との絆・クライアントとの絆・お客様との絆
全ての関わる人々との絆を大切にしていきたい
そんな思いからユニフォームに「」の一文字を刻み
弊社隊員はみなこの一文字を何よりも重んじています。
我々DETERRENCEは夢を追う若者を応援し、共に歩んでいきます。
  • 勤務時間  平均7時間 
  • 勤務地   主に六本木 
  • 給料    日給1万円 7時間を超過するイベントは手当あり

面接受付   riki.teikyo@gmail.com

お知らせ

2017.11.20 DETERRENCEのHPが開設しました
2017.11.20 DETERRENCEのHPが開設しました

マップ