歯科治療に関してのアンケート

歯科治療や歯科医院への簡単なアンケートです。
個人を特定するような質問はございませので、
安心してご協力下さい。

今すぐアンケートを始める

歯科治療に関して、みなさまのお声を聞かせてください。

「注射が苦手・・・。」未だに多くの方から良く耳にします。歯科治療においても、実は多くの方が苦手と感じているという意見を耳にしました。実際のところ、どんなところが苦手なのか、解決できる方法があったら利用するのか、みなさまの生の声を聞かせて下さい。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

「リラックス麻酔法」とは、、、

リラックス麻酔法とは、麻酔薬を投薬することで全く緊張や痛みを感じることなく
「うとうと」している間に歯科治療を受けることができる管理法です。
通常の局部の麻酔では、完全に振動や音、痛みを防ぐことができません。
しかし、リラックス麻酔法はそのすべてを感じることなく歯科治療を受けることができます。

こんな方に向いています。
 → インプラント手術を受けられる方
 → 親知らず抜歯、歯周外科手術など、各種手術を受けられる方
 → 短期間にたくさんの治療を受けたい方
 → 歯科治療が怖かったり、緊張してしまう方
 → 歯科治療により気分が悪くなる方
 → 全身的な病気を持ち、歯科治療によって悪化する可能性がある方。

少しでも歯科治療を楽に受けたいと思っている方、歯科治療が受けられずに悩んでいる方などはぜひご連絡ください。

リラックス麻酔法の流れ

術前診察

全身の状態を確認するため、治療前に問診をします。
全身の状態によって、麻酔法の選択を行います。
注意事項や麻酔の詳しい説明を行います。

モニターの装着

安全な麻酔管理を行う為に血圧や心拍を測定するモニターを装着します。左手に血圧計とクリップを装着し、全身状態によって心電図も装着します。

麻酔の開始

腕の血管に点滴の針を入れます。
点滴を介してリラックス麻酔薬を適宜投与します。
治療が終わるまでは点滴をそのまま装着しています。

手術中の状態

麻酔薬を投与すると気分が良くなり、リラックスします。
「うとうと」して眠ってしまうこともあります。
治療中の嫌な感覚はほとんど覚えていません。

手術後

手術が終わるとすぐに目が覚めてきます。
手術が終了してまもなくは、まだ麻酔薬の影響でふらつきがあるため、15~30分程度休息していただきます。

帰宅まで

手術当日は麻酔薬の影響が残るため車の運転は控えてください。段差等にも躓きやすいので十分注意してお帰りください。

無痛歯科治療サイト

http://i-relaxationcenter.com/index.html