なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

FDP創設者である神澤光朗院長、神沢歯科医院についてご紹介

現在の歯科医療技術をより高めるために、行動を起こした人物がいます。それは、今回ご紹介する歯科医院の院長を務める神澤光朗氏です。この記事では、神澤氏が創立したFDPや神沢歯科医院についてご紹介します。

神澤光朗院長の紹介

FDPを創立した神澤光朗院長とは一体どのような人物なのでしょうか。神沢歯科医院の院長を務める神澤氏は、静岡県浜松市に生まれ、歯科医療を通じて地域住民の健康と幸せに貢献しています。高校卒業後、四国地方で唯一歯学部のある国立徳島大学に進学しました。大学卒業後は、地元である浜松市内で勤務医を経験し、平成元年に神沢歯科医院を開業しました。

院長を務める傍ら、1999年には医療法人社団、彩生会の理事長に就任しています。また、自身が創立したFDPの会長も務めています。

[画像:神澤光朗院長]

神澤院長が創設したFDP(フレンドリーデンタルパートナーズ)とは?

医療業界では、開業医やチェーン展開が増加傾向にあるため、医療自体のクオリティが低下してしまうことが危惧されています。より良い施術を人々に提供するために、神澤氏は「FDP(フレンドリーデンタルパートナーズ)」を創立しました。では、実際にFDPとは一体どのようなものなのでしょうか。

神澤氏が目指す医療の在り方とは

神澤氏が目指す医療の在り方とは、欧米で行われているグループ医療です。開業医やチェーン展開が増えているということは、医者がそれぞれで治療を行っているということです。

神澤氏は、そのような体制では医療のクオリティが向上しないと考えており、助け合う仲間が必要だと感じています。欧米では、同じ業界で働く仲間が手を取り合い、互いに高め合っていることで、リスクの軽減につながっています。医療のクオリティが低下すると、リスクが生じてしまう恐れがあるので、欧米のようなグループ体制で行うことを理想としているのです。

FDPの理念

より質の良い治療を実現するために、FDPでは以下のような理念を掲げています。

  • 互いに助け合って生産性を向上させる
  • リソースを共有する
  • グループでありながらそれぞれの治療を尊重する
  • 患者を第一に考える

医療のクオリティを向上させるためには、欧米のようなグループ医療が理想だと考えている神澤氏だからこそ、このような理念を掲げられるのでしょう。

FDPの主な活動内容

ここでは、FDPが実際にどのような活動を行っているのかについてご紹介します。歯科医療のクオリティを向上させるために、それぞれの医師が患者の症例を持ち寄り、検討会を行っているのです。

自分が行っている治療法を、他の歯科医院の医師から多角度で見てもらい、その場で意見交換をしています。的確なアドバイスをもらえたり、同じ業界で働いているからこそ悩みを共有し合えたりします。日本の医療技術をさらに高めていくために、医師たちは検討会で情報共有をしているのです。

神沢歯科医院の概要

医院名 医療法人社団 彩生会 神沢歯科医院
ウェブサイト https://www.kanzawadental.com/
院長(理事長) 神澤 光朗
所在地
〒433-8102 静岡県浜松市北区大原町3-7
所在地
〒433-8102 静岡県浜松市北区大原町3-7

神澤氏が院長を務める神沢歯科医院は、静岡県浜松市北区にあります。診療内容は、下記になり幅広く対応しています。

  • 予防歯科
  • 訪問歯科
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • 義歯
  • 歯周病
  • 床矯正
  • マウスピース矯正
  • かみ合わせ

口腔の悩みを丁寧にカウンセリングし、患者一人ひとりに合った治療を提案しており、不安や疑問を抱えたまま帰ることがないように心がけているようです。

神沢歯科医院(神澤光朗院長)が患者やスタッフに対して大切にしている事とは?

一緒に働くスタッフや医院に通う患者に対して、神澤氏が大切にしていることをご紹介します。

スタッフへの想い
働く上で、職場の環境や雰囲気がどのようなものなのかは非常に重要です。そのため、スタッフが安心して勤務できるように、働きやすい環境づくりに力を入れています。すでに在籍しているスタッフが一丸となってサポートしているので、未経験の方も心配する必要はありません。
患者への想い
神沢歯科医院は緊張せずに通ってもらえるような歯科医院を目指しており、患者とのコミュニケーションを大切にしています。いきなり治療をするのではなく、丁寧に説明を行った上で、患者の口腔ケアをサポートしています。また、同医院では痛みを最小限に抑えた治療に取り組んでいるので、歯医者が嫌いな子供でも安心です。さらに、医院に直接足を運ぶのが困難な高齢者の方のために、訪問歯科も行っています。

神沢歯科医院で働くには?募集している職種をご紹介

現在、神沢歯科医院では歯科衛生士を募集しています。

募集内容は、勤務時間が平日8:45~19:00、土曜日8:45~18:00となっており、週休2日です。正規雇用で給与に関しては、月給19万円~22万円となっています。

新卒はもちろん、未経験の方も歓迎しているので、働く意欲があれば応募が可能です。残業もほとんどなく、仕事と私生活にしっかりメリハリをつけて働けます。神沢歯科医院では、安心して働ける環境を整えているので、長く勤務できるでしょう。

神沢歯科医院の職場環境や印象は?当院の歯科助手にお聞きしました

  • Q
    職場環境や雰囲気はどうですか?
    A

    職場環境は清潔感があり、患者さんとのコミュニケーションをよくとっているので雰囲気が良いです。

  • Q
    神澤院長やスタッフの人柄はどうですか?
    A

    神澤院長やスタッフは分からないことがあったら教えてくださり、私の練習に何度も付き合ってくださって、とても優しく親切に接してくださいます。

  • Q
    歯科助手の一日の業務内容や流れについてお教えください。
    A
    一日の業務は今のところは主に準備や片付け、器具の洗浄、院内のそうじなどがあります。他にはつめるセメントを練ったり、バキュームで患者さんの口の中の水を吸ったりしています。今後、受付などもしていきたいと思っています。
  • Q
    神沢歯科医院で働こうと思ったきっかけは何かありますか?
    A

    当院で働こうと思ったきっかけは、見学に行かせていただいた時、たくさんの患者さんが来ているのを見て、この歯科医院は信頼されているんだと感じ、このような所で働けたら人の役に立っていると実感できそうだなと思ったからです。

  • Q
    神澤院長やスタッフの人柄はどうですか?
    A

    神澤院長やスタッフは分からないことがあったら教えてくださり、私の練習に何度も付き合ってくださって、とても優しく親切に接してくださいます。

神沢歯科医院の評判は?

実際に、神沢歯科医院で治療を受けたことがある患者の口コミを見ると、コミュニケーションを大切にしていることが高い評価を得ていました。いきなり治療をすることに不安を抱く方も多いため、丁寧に内容を説明していることが満足度を得ている理由の一つです。

苦手意識がある子供でも、安心して通えるというコメントもいくつか見受けられました。治療後のサポートも徹底しているため、自身が定期的に通うことはもちろん、周りにもおすすめしたいとコメントしている方もいます。患者に寄り添って、説明や治療を行っている神沢歯科医院は、多くの方々から高評価を得ていることが分かりました。

まとめ:神沢歯科医院は向上心とホスピタリティ溢れる歯科医院

今回は、FDP創立者である神澤光朗氏のプロフィールや、神沢歯科医院についてご紹介しました。神澤氏は、医療技術が高い欧米の体制を参考に、歯科医療のクオリティを向上させ、治療に伴うリスクを軽減させるべく、FDPを創立したことが分かります。このような向上心を持った院長の元で働くことによって、スタッフの技術力にもより磨きがかかるのではないでしょうか。

歯科衛生士や歯科助手として活躍したい方は、ぜひチェックしてみてください。

神沢歯科医院ウェブサイトはこちら