電力自由化で損をする人とは
ネットでの新電力会社ランキングや一部の口コミだけで
しっかりとした比較や情報収集が出来ない方は
目先の特典PRにごまかされて損をしてしまう可能性が高いです。

また海外で先行した自由化では電気代が高騰してしまったという事例もあります。
日本ではその反省から自由化後も電気を必要とする一般家庭が適正な価格で電気を利用できるよう、様々な“需要家保護措置”は取られています。
しかしゆくゆく電力自由化が落ち着き、競争原理が働かないエリアに住んでいる人や天候や災害で影響を受けたエリアは自由化前より電気代で損をする可能性も。



逆に得をする人とは
電力をたくさん消費するテナント、店舗、事務所、家族世帯は比較検討する価値は大いにあり。当然、電力会社も利益をとれる拠点には他社より安くしても切り替えてほしい。そこに自由化の意味があります。
切替比較サイトによっては新電力と指定サービスの組み合わせ
最大3万円のキャッシュバックをしてくれるキャンペーンを
うっているところもあります。

ただ目先の電気料金だけで
プランを選ぶのは危険

切り替える前に知っておくべき裏事情


そもそも新電力会社はなぜ
安く設定できる?

新規参入している大手通信業者、大手ガス会社、石油会社は新規顧客の発掘コストや既存顧客を失わない為に電力自由化市場に参入しています。

安い電気料金プランで顧客と繋がりをつくり、自社サービスを附帯させて利益を上げるビジネスモデル。電気代で大きく儲ける事が目的ではないと言えます。

また風力・バイオマスエネルギー、太陽光で発電しているベンチャー系企業は社会的意義を掲げ、自らの発電ノウハウで価格を抑えている場合もあります。

それに比べ今までの大手電力会社は独自の料金算出方法を採用し、絶対に赤字にならない経営体制となっていました。競争が存在しない業界だったために事実上、大手電力会社の「言い値」で電気料金が決まっていたと言えます。

電力の自由化で大手電力会社もプレミアムな顧客を失わない為にいろいろなプランを用意せざるを得なくなりました。



電力会社裏事情まとめ 損しない為に

電気代は安くなったけど電力会社がすすめるクレジットカードや保険は本当に必要か?
ポイントが貯まるからといって割高商品買っていないか?
電力会社の提携企業からのDMで衝動買いしていないか?
などなど

安くなった電気代が餌になってしまっては意味がありません。
電力とセットで考えればお得なサービスもいっぱいあるので賢い消費者の視点が必要です。


電力自由化の裏事情が把握できたところで
このサイトを訪れたという事は

コロナの影響で在宅率があがり・・・

子供は1日居るし、旦那も在宅ワークが増え全く今まで使わない時間帯に電気がフル稼働
来月の請求書をみるのが怖いぐらい
主婦の声

忙しい時は面倒で比較なんて・・・

結構忙しい時間帯に電力会社からの営業電話があり、困る事も多かったが
今は営業時間も短縮され時間はあるので比較検討するタイミングだよな~

飲食店オーナー

動力プラン( 低圧電力)に変えたほうがいいのかな

経費削減はできる事から・・・
売り上げを上げたり、効率化で利益を残すのは簡単ではない
経費削減でだす利益のほうが簡単に結果がでるが
社内のモチベーションが下がる経費削減はできるだけしたくないな

工場長

忙しい時は面倒で比較なんて・・・

結構忙しい時間帯に電力会社からの営業電話があり、困る事も多かったが
今は営業時間も短縮され時間はあるので比較検討するタイミングだよな~

飲食店オーナー

ただ25%の賢い経営者、主婦は既に
電力自由化を活用済みです


電気代は見直しほうが良い
とは知っていたけど

めんどくさそう・・・
情報収集が大変そう・・・

そんな理由で重い腰が
上がらなかったあなたに朗報!

当サイトで申込入力済ましちゃえば


電力切り替えに精通した専門家が
手取り足とり
比較・提案・助言で
手続きがスムーズに
進んでいきます


サービスは簡単3ステップ

申込フォームで
簡単1分入力
ごく簡単な個人情報の入力してお電話をお待ちください。
最初はメールでの対応はないので折り返し電話の希望する時間帯も指定できます。
専門家からいくつかの質問を受け助言提案をしてもらう
提案のポイントは使用料や使用時間帯、契約携帯会社などから電力会社のどのキャンペーンや割引プランを組み合わせると安くなるかを検討してくれます。

また安さだけでなく 環境へのやさしさを考えた電力会社を選びたいといった要望も聞いてくれる場合も。


決定・契約
◎切り替え費用0円

契約を切り替える手続きはとても簡単で今までの電力会社への解約手続きも必要ありません。
疑問や不安なことなど全て電話サポートで対応できます。

決定・契約
◎切り替え費用0円

契約を切り替える手続きはとても簡単で今までの電力会社への解約手続きも必要ありません。
疑問や不安なことなど全て電話サポートで対応できます。


当サイトが推薦する比較検討を
コンサルしてくれる会社の一つ
株式会社Wiz「電気チョイス」サービスは
何が親切か????


他社の比較サイトは電話サポートはほとんどなく
いろいろ調べて自分で入力してやっとシュミレーションが完成する

 めんどくさがり屋さんはここで諦めモードになっちゃいますが

電気チョイスサービス一例

支払明細や検診票みてもアンペアって何?基本料金ってどれ?
支払金額しかわからないんですけど・・・
検診票の明細のこの部分を見てください

今現在の電力会社はどこどこですね

この条件で他社と比較してみますね~
「電気ご使用料のお知らせ」の明細も届いていないような・・・通帳かクレジット支払い明細で引き落とし金額しかわからないんだけど
通帳の引き落としされている会社名を教えてください

こちらの会社に電話して住所、名義をお伝えすれば、明細表や検診票に記載されている情報教えてもらえますよ~
検診票の明細のこの部分を見てください

今現在の電力会社はどこどこですね

この条件で他社と比較してみますね~

電力切替え前に良くある質問

  • Q

    工事は必要ですか?

    A

    工事は不要です。ただし、スマートメーターが設置されていない場合は、一般電気事業者がスマートメーターを設置いたします。スマートメーターへの取り換えは無料なので、お金はかかりません。(スマートメーターとは検針のおばさんがいらないオンラインのデジタルメーターの事です。)

  • Q

    電力会社を切り替えると停電しやすくなる等、電力供給の品質への影響は大丈夫?

    A

    今までと同様の送電線を経由して電力供給が行われるため、停電の起こる可能性や電気の品質は今までと変わりません。自由化の制度では万一会社が潰れた場合でも、消費者保護の観点から、電気が止められることはありません。

  • Q

    なぜ電気料金を安くできるんですか?

    A

    田舎に行くとたくさんの投資目的に設置した発電事業者のソーラーパネルが置いてある光景を見ると思います。その発電事業者から安く電力を購入しているので設備投資が抑えられます。自社の人件費等も大手電力会社のように必要なく、検針もスマートメーター対応です。

    また先にも記載したように新電力会社は電気代で大きく利益をだすより
    本業につなげる事が目的であったり、提携企業や新規事業のサービスにつなげる為のコンテンツとして電力事業を捉えているからです。

  • Q

    マンション・アパートでは選べない?

    A

    マンションにお住まいでも、大多数の方は電力会社と入居者が戸別に契約しているので、電力自由化で電気の契約を変更できます。

    ※建物全体が電力会社と一括で契約をしている一部のマンション・アパートなどでは、残念ながら自由に電力会社を選んでいただくことはできません。
    またオール電化家庭も対象外です。

  • Q

    どこの電力会社と比較するの?

    A

    東京電力などの都市電力
    大手都市ガス会社
    myでんき
    ひまわりでんき
    Looopでんき
    ENEOSでんき
    ミツウロコでんき
    坊っちゃん電力
    ハルエネでんき


    口コミランキング上位の電力会社が入っていますね
    専門家がしっかり厳選した安心できる新電力会社が
    チョイスされています!!

  • Q

    動力プラン(低圧電力)の基本料金は?

    A

    業務用エアコン、業務用冷蔵庫、エレベーター工、作機械モーター、ポンプなどがある法人は基本料金が多少高くても電力量料金が安いのでトータル安くなります。

  • Q

    電力会社を切り替えると停電しやすくなる等、電力供給の品質への影響は大丈夫?

    A

    今までと同様の送電線を経由して電力供給が行われるため、停電の起こる可能性や電気の品質は今までと変わりません。自由化の制度では万一会社が潰れた場合でも、消費者保護の観点から、電気が止められることはありません。

動力プランで電気代を節約する方法

①動力機器を使用しない期間はブレーカーを切る

②力率改善のためコンデンサを設置する

③新電力のお得な動力プランに切り替える

それぞれの電力会社に特徴が!
例えば

この業種系が得意

この地域に特化してしている

動力プラン、高圧電力プランのシュミレーションに慣れている
など


電力自由化を上手く使って
安くなった事例


  レストラン

導入前:電気代 189,959円 / 月間

導入後:電気代 161,703円 / 月間



面倒なことで月数千円得になるぐらいなら
「稼いだほうが早い」という方も多い


数字に強い方ならわかりますが5000円手元にお金を残すには
稼ぎでプラスにしようとすると税金分も必要なので少し大変

固定費を5000円落とすのはそのまま手元に残ります  
しかも最初の簡単な手続きさえしてしまえばほったらかしで収入が増えるのと同じ 

 趣味、外食費抑えるのはストレスをためます
節水や小まめに電気消すは労力のわりに報われないのでは・・・

経営者なら人件費、福利厚生費を抑えるより、
だれも暗い気持ちにさせない固定費の電気代切替は賢明策
その浮いたお金で今年は諦めていた忘年会ぐらいパッとできちゃうかも

一般家庭であれば浮いたお金で国内の家族旅行
ぐらい行けてしまいます!


当サイト運営責任者  安達と申します

日経、毎日、中日新聞の販売店を経営しております。

グローバル的には新聞社もどんどん廃業に追い込まれ、廃刊が相次いでいる。

新聞事業に思い入れがあるアメリカの名投資家のウォーレン・バフェット氏率いる投資会社は傘下31の新聞事業を米メディア会社に約150億円で売却。
この報道にも当業界の大きな陰りがみえます。

宅配制度に守られ、堅い財務基盤をもった日本の新聞業界ですら厳しさを増すばかりです。

新聞販売店でも売上減を経費削減で補う流れは加速しています。

店舗の経費削減も大きな課題であり、我業界にとどまらず経費削減コンサルの力が必要な
法人やご家庭も増える事でしょう。

そんな問題に対して素晴らしいサービスを提供している会社とタッグを組み
近隣の飲食店を含む各種法人さまや読者さまにも貢献できれば幸いです。