デリケートゾーンのかゆみの原因 は××だった!

デリケートゾーンのかゆみの原因についてまとめておきたいと思います。それを踏まえ、関連記事を読むことで、さらにあなたに有益な情報になることでしょう。

デリケートゾーンのかゆみの原因は何なのか?というと、大きく2つに分類されます。

・汗などによるムレ ・感染症

これを詳しく見ていきましょう。

汗などによるデリケートゾーンのムレ

デリケートゾーンは皮ふが薄く、汗をかきやすい部位です。さらに、デリケートゾーンは陰毛が存在し、常に下着や生理用品をつけていますよね。そのため、さらにムレやすくなってしまうのです。

皮ふが薄いうえに汗をかき、それを飛ばそうとしても陰毛や下着、生理用品が空気を閉じ込めているというのが通常のデリケートゾーンの状態。こうして蒸れた状態が続くことによってかゆみが引き起ります。さらに、女性はストッキングやタイツを使用しますよね。

これらによって締め付けが行われ、さらに蒸れやすい状態ができてしまうのです。また、おりものもデリケートゾーンのムレに関係があります。

通常の状態でムレてしまっているデリケートゾーンはふやけてしまい、刺激に弱くなっています。そこにおりものがついた下着をつけたら…わかりますか?

デリケートゾーンにとっては刺激になってしまい、かゆみの原因になってしまいます。

アンダーヘアのケアにはご注意!

前述した通り、陰毛でムレるという理由から雑にアンダーヘアをケアするのは、好ましくありません。
また、対応していない石鹸を使うのはデリケートゾーンには刺激が強い場合があります。

よってそう言うときには、デリケートゾーンを洗う時は専用の石けんを利用しましょう。

ムレに対する基本的なケアは清潔を保つことです。
そのため、デリケートゾーンを洗う時は専用の石けんを利用する。
生理の時はこまめにナプキンを取り換える。
といった対処を日々行っていきましょう。

また、プライベートでは、蒸れにくい服装にすると言うことも有効です。

感染症などによるデリケートゾーンのムレ

性感染症を含む感染症がかゆみの原因になることもあります。
「かゆみがある=病気」ではありませんが、一度注意した方が良いです。

また、下着の繊維やナプキンが肌に合ってない場合もかゆみの原因になることがあります。
では、デリケートゾーンにかゆみが出る感染症の一部をご案内します。

・膣カンジダ

カンジダというカビが原因となっている感染症です。かゆみ以外にも白いおりものが出てきたりします。

・毛じらみ

陰毛に寄生するタイプのしらみが感染症を引き起こすことがあります。

・性器ヘルペス

かゆみの他に、ひりひりとした痛みや赤い発疹、灼熱感があります。性器ヘルペスを持っている相手とのセックスによって、感染する場合があります。

ここまでが外的な要因でしたが、それ以外にも原因があります。

それは内側の原因です。

女性器の造りが複雑な構造をしていて不潔になりやすい。

女性器の作りが複雑な構造をしています。

そのため、下記のような原因によって、かゆくなる状況を引き起こしやすいのです。

例えば、下記のような状態です。

 

・汗や排便、排尿の処理が甘かったために起こるかぶれ
・生理中、ナプキンを変えなかったために起こるムレ

・おりものが出た際にきちんと処理をしなかった

陰部のかゆみ対策は?

デリケートゾーンは上などの様々な理由から不潔な状態になりやすいです。

そうした環境をキレイにすること、つまり清潔を保つことがかゆみをなくす対策となります。

ただ、いきなり、石けんでごしごし洗いすぎるのも問題です。

なぜなら、デリケートゾーンは皮ふが薄く、汗をかきやすい敏感な部位だからです。

だからといって、洗いすぎてしまうと、湿気がなくなり、乾燥してしまいかゆみをまねいてしまいます。

よって適度に保湿することが大切になります。

でも、蒸れすぎないことも大切です。

デリケートゾーンは汗をかきやすく、粘膜があり、また下着やナプキンなどで常に密封されたような空間になりやすいです。

そのため、適度に下着を替えたりナプキンをかえることも、蒸れすぎない対策に繋がります。

洗う時は普通の石けんではなく、専用の石けんを使うようにしましょう。

敏感な部分だからこそ、細心の注意が必要です。

まとめ

デリケートゾーンが痒くなる原因について今回解説しました。

陰部やおしりの周りはデリケートゾーンと呼ばれるようにとても繊細な部位です。専用の石けんを使って清潔にしてたもつことが大切です。

排便や排尿の時にはしっかりと処理をする。ナプキンやおりものシートはこまめに変える。

これを行うだけでも痒みは防ぎそして、改善させることが可能です。ぜひ、実践してみてくださいね。