確かな内窓で
快適に過ごすには?

室内の気密性を上げ、快適に過ごすことを助ける内窓ですがどのようなものを設置すると良いでしょうか。ここでは内窓とは何かや期待できるメリット、設置した方の口コミなどについてご紹介します。

内窓とはどんなもの?

一般的な窓ガラスは1枚ですが、そこへさらに内側にもう1枚窓ガラスを取り付けることです。すでにある窓へつけるのではなく内側へ窓ごと取り付けるため、窓の外へ出ようとする場合は窓を2つ開けることになります。こうすることで外気をさらに遮断するため遮熱性や防音性が高まるほか、防犯にも役立つ構造です。
 
そして内窓の設置が注目されている理由には補助金制度があることも利用としてあげられます。その補助金とは住宅エコポイント制度とNEDO断熱リフォーム補助金制度があり、まずエコポイント制度とは高気密・高断熱など環境に優しい住宅を新たに建てたりリフォームしたりする場合にポイントが付与され、そのポイントを使って商品券や地域特産品などと交換できるものです。それからNEDO断熱リフォーム補助金制度は独立行政法人を通してエネルギー削減効果が高いとされる工事へ国が出す補助金で、リフォームによって家全体のエネルギー量を一定量削減することを目的とした場合に受けられるでしょう。

内窓をつけるメリット

・結露対策
1枚だけの窓ガラスの場合、新築であっても冬になれば結露しサッシには水がたまることも少なくありません。そしてカビが生え、カーテンが傷んでしまうことになりますが、内窓をつけることにより室内と室外の気温差をゆるやかにするため結露の予防に役立ちます。そして内窓に使用する素材は熱を通しにくい樹脂製にするとサッシの結露を防ぐことにもつながるでしょう。
 
・防音
いくら窓を閉め切ったつもりでも実は隙間があるため、そこからどうしても音が漏れてしまいます。逆に家が大きな道路に面していたり線路がすぐそばにあったりすると、外からの大きな音も聞こえやすくなるでしょう。そのような場合に内窓をつけると気密性があがるため音漏れや音が入ってくることを防ぎやすくなります。
 
・防犯対策
鍵の数が多いほど空き巣は侵入を諦めると言われていますが、内窓をつけて侵入の手間を多くさせることで防犯対策にもなります。最も多い侵入経路に1階の庭に面した窓ガラスがあり、この部分を内窓にすることで対策をしましょう。その他2階、3階であってもよじ登ることは難しくないため内窓を施すことはおすすめです。

内窓メーカーの選び方

内窓の導入を検討する方の多くは断熱性や遮音性の高さを求めていることでしょう。しかし内窓メーカーによっては防犯の方が得意であったり、その代わり結露防止はあまり得意ではないなどあらゆる特徴を持っています。そのため、どのポイントを重視しどこまで必要としているかをはっきりさせておくと、内窓メーカー選びがしやすくなるでしょう。
 
それから室内に設置するためインテリアに合うデザインがあることもポイントで、取り扱っている内窓の種類が多いほど設置した場所に合ったデザインが見つかるのではないでしょうか。

内窓を導入した方の声

・ピアノの練習がしやすくなった
娘がピアノを始めてから気になっていましたが、近所の人から練習頑張っているね、と声をかけられることで騒音を心配するようになりました。さすがに防音室をつくることは難しいので内窓を設置して防音対策することにしました。おかげで娘にも自由にピアノの練習をさせられるようになり、音漏れの心配もなくなって快適に過ごしています。
 
・アレルギー対策にもなった
息子は喘息持ちでホコリやダニなどにアレルギーが持ってました。冬になると窓が毎日結露しており、子供部屋のカーテンも濡れてカビが生えることもありました。冬になるとせき込むことが多かったので、カビの影響も心配して内窓をつけ、結露対策をしたところびしょびしょになるほどの結露がなくなり、カーテンも綺麗な状態を保てるようになりました。また気密性が上がり気温差が少なくなったことも息子の体調の良さに関わっていると思っています。
 
・安心のために防犯対策
お隣の家に空き巣が入ったことをきっかけに我が家にもさらなる防犯対策をと考えていました。その時知ったのが内窓の存在で、気密性も上がるメリットもうれしかったことから家じゅう全てに内窓をつけることにしました。おかげで安心だけではなく快適さもアップしたので助かっています。

部屋の遮音性や断熱性を上げたい、結露を防ぎたい、防犯対策をしっかりしたい時には内窓の導入を検討してみましょう。内窓について具体的に考えたい方に役立つ情報は以下のサイトでご覧ください。

まとめ

内窓を取り付けるメリットには、気密性のアップや結露対策、防犯対策などがあります。どのメリットを重視して設置したいかによって選ぶ内窓メーカーが変わってくるため、求める内容を具体的に考えてから依頼先を決めましょう。また複数のメーカーへ見積を依頼し、比較検討することもおすすめです。