神田で
「Deepon神田GWはしご酒」
10連休に営業する31店舗が参加

美味しい酒と街とお店を楽しもう

デジタルスタンプの購入はこちら

4月27日から5月6日まで


2019年4月27日 0:00から2019年5月6日 23:59までの期間中、参加店舗各店が指定するサービス1回(ドリンク1杯)がいただける「はしご酒」チケットです。
【GW限定】Deepon5000・神田GWはしご酒(10日券) 

★各店舗にて使用できる期間が異なりますので最新の情報はこちらをご確認ください。また1店舗1回まで、ドリンク種類は店舗にお任せとなります。★


【参加店一覧】
酔い子
 
鶏家 バードメン 
Bar官兵衛 
BAR GROOVY
T,dining 
厳選食材ダイニングバー OCEAN breeze kanda 
和食とお酒 架(kakeru) 
日本酒BAR 神七 
神田ワニバル 
Bar&Sidreria Eclipse first(バー&シードレリア エクリプス ファースト) 
居酒屋 頑虎(ガンコ) 
Bon Vivant(ボンヴィヴァン) 
Bar Sept Calme(バー セットカルム) 
Osteria Bar IL FURLO 
寿司バル弁慶 神田店 
喫茶プペ 
手と花 (TETOKA) 
沖縄居酒屋 きじむなー 
PINE (パイン) 
北国美酒ごえん 
炭火串焼きバルYTD
APRON The Diner
伊藤課長 神田東口店 
神田 つけ蕎麦 わびすけ 
kitchen723 
幡随院 長兵衛 
小粋酒場 
鳥のかけ橋 
江戸牛 神田西口店 
餃子酒場大田屋 
やきとり将 (タスク) 

STEP

1

まずDeeponのページにいく

購入者情報など入力しなければいけないので事前に登録するのがおススメ。
今回のポイントは1杯無料。次から次のお店に行くためには、先に購入して計画を立てておくことが重要です。
購入は下記のリンクから!
【GW限定】Deepon5000・神田GWはしご酒(10日券) 
【GW限定】Deepon3000・神田GWはしご酒(1日券)

STEP

2

デジタルスタンプのページを用意しておく

ページ一覧は、31店舗あるので間違えないようチェックを入れて一番下のボタンで承認。
お店に入る前に準備しておきましょう。

STEP

3

お店の人にスタンプを押してもらう

デジタルスタンプは一瞬で捺印完了。
押した瞬間、スタンプが動きます。かわいくて楽しいですよ。
そしてついに1杯いただけます。

STEP

1

まずDeeponのページにいく

購入者情報など入力しなければいけないので事前に登録するのがおススメ。
今回のポイントは1杯無料。次から次のお店に行くためには、先に購入して計画を立てておくことが重要です。
購入は下記のリンクから!
【GW限定】Deepon5000・神田GWはしご酒(10日券) 
【GW限定】Deepon3000・神田GWはしご酒(1日券)
POINT

ルールを作ってみんなで回ると
楽しいことを発見したぜぇぇえ!!!

1人で回るのもいいですが、みんなで料理待ってる間にもワイワイするのが一番。
次にどこ行こうか話し合うのも楽しいですよ。
そしてはしご酒が盛り上がるルールを発見しちゃいました!!

今回我々が見出したルール。
それは
1品だけその店で頼んで
1杯無料で楽しんで次に行く!

ルールとしてはいたってシンプル。
1杯だけ飲んで次に行くのもいいんだけども、おなかも空くし、何より酒飲みの礼儀に反する!
ということで「だいたいワンコイン」で飲むルールを決定。
ほどよく空腹も満たしつつ、「次々行けちゃうぜこれは!」ってことでやってみました。ヒウィゴー!

今日行ったところ

鶏家 バードメン

旅の始まり

ポン酢サワーという素敵な飲み物を開発された素晴らしいお店です。

詳細へGo!

神田ワニバル

お通しに驚き

この機会がなかったら行かなかったと思います。いい店だった。

詳細へGo!

やきとり将

つくねが大きい

一杯の無料をよりによって電気ブランにしてしまい、大正解。

詳細へGo!

BAR GROOVY

伝説のバー

日本のお酒にこだわったバーがこの街にあったなんて知らなかった。

詳細へGo!

居酒屋 頑虎

忘れがたい店名

ポーポー焼き、牡蠣南蛮、自家製とり天、次行ったとき頼む。絶対。

詳細へGo!

江戸牛

1枚から頼める

80円から頼めるので、チョイスにセンスが問われる。楽しい。

詳細へGo!

ポン酢サワーですよ?

駅の高架下で旅の始まりにふさわしい

お昼、二毛作的に他の方がやられてる、牛筋煮込みご飯が大人気らしい。しかしながら夜も素敵でしたよ。特にポン酢サワーは他にないかんじですごく燃える。店主にいろいろ情報聞いてスタート。

次へ

常連化するのもよくわかる

すぐ一杯になる人気店

GWの神田は人がいない、人がいないな、、時間が早かったのか我々が行った時には誰もいなかったのでお店のお兄さんにいろいろ教えてもらい今回の方向性は決まった。一杯だけ飲んで次に行く。まあそのことは仕組みから考えればそうなるんですが、31軒もあったらいったいどこから行ったらいいやらわからず。最初にホントにわからなかったのでいろいろお店の人に聞くのがいいですね、コミュニケーションも重要な肴です。そして記念すべき1杯目いただいたお酒、そう、ポン酢サワー。あのポン酢を焼酎とソーダに入れた、だいぶ、アレな飲み物でした。そう。そしてそれがいい。最高だ、ポン酢サワー。大目に入れよう。大目がいい。

戻る

おとおしに、生ハムて

どれも安い。そして洋酒が美味い。

イタリアンが主のバーのようでしたが、変わったお酒が多かった。そして、一発目から驚かされたのは、お通し、お通しから生ハムのプレートってすごくないか?ここではスパークリングワインいただきました。

次へ

1杯無料をスパークリング

いろいろあったがシュワシュワいいよね。

リストをみて、おお、一杯目に泡泡があるじゃないですか。さてこれに合うものはなんだろ。ドライトマトのオイル漬け、アンチョビキャベツとポテトどれも捨てがたい。その中で選んだのはアンチョビポテト。アンチョビペーストが濃くておいしかった。壁を見ると価格帯も安くてこれは結構楽しめるぞ。次はしっかり楽しみにこよう。

戻る

目が留まったのは電気ブラン

一本が安いから、どれを選んでいいやら

逸品とルールを作ってしまったために、逆にどれを選んでいいかを迷う。飲み物は一発で決まった電気ブランでした。電気ブラン置いてあるのは結構珍しくないか?焼き鳥屋の居酒屋で電気ブランだもの。これは一択だ。

次へ

ジャンボつくね&肉厚シイタケ最高!

このチラシいいな

かわいいイラストに惹かれつつ、こちとらもう「はしご酒」満喫中だもんねー。
ひとまず電気ブランと何を頼もうか悩む。1本。1本てむずかしくないか?ジャンボつくね。これよさそうだ、そして、2人で行ってるから、もう一つどうしよう?ピーマンの肉詰めにしよう。とおもったのだが、店員さん言うには中のタネは同じものらしいので、それではどうする?どうする?野菜?いいね、野菜にしよう。というわけでシイタケ頼みました。肉厚のシイタケは美味しい!この二ついいですね。コスパ最高の2つでした。

戻る

伝説のバー、神田にあった

日本製のウイスキーが並んでいる

日本製の洋酒がこんなに並んでるのは珍しい。というより、見たことがない、外国からわざわざこの店目指してくる観光客がいるのもよくわかる。

次へ

神田祭記念ボトル!

こいつはすげーぜ

神田祭にあわせて2年に1回作られるこのボトル、神田の飲食店でしか飲めないこのボトルは今年も作るそう。そしてあと何回か作るそう。これは飲みたい。必ず飲みに来ます。

戻る

トマトハイで正解

ポーポー焼きって何?

その前のGROOVYから歩いて、3歩。まじで3歩でしたね、この感じぐいぐい来ます。早速座って、メニュー確認。なかなかのラインナップな一杯。ポーポー焼きなるものが気になりすぎる。ということでトマトハイとポーポー焼きなるものを頼みました。他にも気になるメニューがあるけど、それは次回。


次へ

ポーポー焼きの正体は!

トマトハイとの組み合わせ最強説

「ポーポー焼き」は、福島県の郷土料理。サンマのなめろうで、ねぎ、生姜、味噌を加えてハンバーグのように丸めて焼く。ハンバーグともいえるがなめろにした後焼くってのがすごいね、こいつとトマトの組み合わせは日本料理というより、イタリアンな味の美味さの相乗効果です。トマトハイってのが実にいい。

戻る

1人400円でどのぐらい?

つまみでいい程度にしてみた

肉を1枚から頼めるので選び方次第ではすげーいっぱい食べれるぜと期待しましたが、重要な点を忘れてた。正肉はまだしもホルモンは焼くと小さくなる、これは選び方にセンスが必要になってきますね。ただ、1枚から選べるのはとてもいい。

次へ

1枚から頼める焼き肉屋で1杯だけ飲む?

1枚をつまみで飲めるチャレンジャーでいられるか?

さすがに6軒目でおなかがそこまですいてるわけではないの1枚で充分ではあったが、焼き肉屋にホントに1枚でいいのか?1枚売りして入るけどそんなことする奴いないだろう。そう、今回は1枚売りの最近の流行りの店でほんとにできるのか1枚だけ?というようなそんな実験に奇しくもなったわけだ。実際できます。これはこんなこともできるイベントなのよ。

戻る

ラストはカレーの「あたま」でしめる

サザンで盛り上がるラスト

一発目行った時、ポン酢サワーいただいた時から実は思ってた、ここのつまみはかなりよさそうだと。入口にいきなり置いてあったホットプレートタイプの鍋になみなみと作られていたカレーから最初から惹かれるものがあった。メニューには、「カレーのあたま」とあり。これはいわゆる牛丼屋であるところの牛丼のご飯のないやつすなわち「あたま」であることは余裕で考えられ、今回はキーマカレーのようにひき肉ともやしとタケノコの千切り、タケノコともやし?もやし?どうかと思ったけどこれが美味い。そうか、カレーだけで考えると要するにご飯の代わりになるものがもやしとタケノコなわけだな。キャベツにかけるパターンもあるがこれはいい。かなりいいぞ。


そして、表まで聞こえるサザンのメドレーで一杯の客とお店と外にこぼれる客の喧騒で楽しい。これは飲み屋でなんに使ったかよくわからないパターンのあれだぞ。しかしながら、安すぎるのでなんだかわからないこの楽しさにのっかるのが一番いい。

ひとまずDeeponで飲み歩いた人々

Koba yashi

GWも結局ずっと仕事が決定。できるだけ金を使わずに延々と無料放送をBGMに仕事を進めようと思っていてやり続けてるのだが結果的にドラマの筋に気がとられすぎて全然進んどらんな、、、、教えてもらったので初Deeponでマチアソビをやってみることにしました。

今回行ったお店マップ

神田駅からスタートするのがベストです!