夏休みの問題!?
読書感想文が苦手でも
たった20分で解決!?

悩みのタネを少しでも減らして
夏休みを存分に楽しもう!

本で”ホン”トの学びを

デームアカデミー

夏休みは待ち遠しい
その反面・・・、

夏休み、家族みんなで旅行に出かけたり、海に行って海水浴をしたり、テーマパークに行って色んなアトラクションを楽しんだりと楽しみは尽きません。しかし、夏休みは楽しいことばかりではありません。その悩みの一番のタネはやはり夏休みの課題ではないでしょうか?

特に夏休みの課題の中で、多くの人が嫌いだった、面倒だったと感じていたものをランキングの形で表したのが以下のものです。

実際、読書感想文は
誰にとっても面倒!?
小学校のころ嫌いだった夏休みの宿題ランキング

1位 読書感想文 143人(35.6%)
2位 自由研究 69人(17.2%)
3位 作文 59人(14.7%)
4位 絵・工作 45人(11.2%)
5位 計算ドリル 25人(6.2%)

出典:マイナビhttps://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/40077


面倒な読書感想文は丸写ししたい
その気持ちはあるけれど・・・。

自由研究や計算ドリルなど強敵を抑え、見事堂々の一位に輝いたのが読書感想文です。嫌いな理由として、時間がかかったり、本を読むのが面倒であったり、そもそも本を読むのが嫌いだったりと、本を読む習慣のない人にとって、読書感想文は嫌なものを長々としなければならない苦痛の時間でしかないようです。

その為、時間を省こうとインターネットを頼る人が続出しています。ネット社会の現代において、『読書感想文 書き方』と検索すれば、いくらでも感想文の書き方について教えてくれるサイトが出てくるし、Amazonなどのネットショッピングサイトに載っている感想(レビュー)をコピペすればそれなりの感想文をつくることができます。それに読書感想文専用のコピペサイトもあるくらいです。

しかし、こういった他人の感想を転用することに対して、次のような問題があることを忘れてはなりません。

  • コピペしたことがバレる可能性がとても高い。
  • 自分の力でやらないので何の学びにもならない。
  • そもそも他人のものを勝手にしようする時点で道徳的に問題がある。
  • コピペしたことがバレる可能性がとても高い。

自分でやるしかない・・・、
けれど全然やる気が出ない。

書けと言われて書けるのであれば誰も悩みはしない。

それに感想文の書き方について様々な本やサイトで書かれていますが、そもそも本を読むのも大変なのに、本を読んだ後の感想を書く為の方法まで読んで書かなければならないなんて、もっとめんどくさいし・・・、

「明日やればいいや」

なんて問題を先延ばしにしてしまうこともしばしば。


嫌だからと言っても課題は課題

何もしなければ・・・、

夏休みの終わり頃になって
慌てて課題に取り組まなければならない状況に。

そうなる前に、


めんどう事はさっさと片付けてしまいましょう!

じつは、読書感想文を書く為に、”本を読む”ことは必須ではないのです。

なんと最短でたったの20分あれば読書感想文が書けてしまう方法があります。

その内容とは!? 


本を読まなくても感想文が書ける理由

「本を読まなければ、感想も何もないのではないか?」

確かに、本にどんなことが書いてあるのかは実際に本を読んでみなければ分かりません。

ただ多くの人が勘違いしているのは、その本に

①どんな登場人物がいるのか?
②どんな結末を迎えるのか?

などの本の説明を書かなければならないといった本の描写を書かなければならないと思い込んでいることです。

読書感想文はあくまでも本に対する”感想”を書くもの。本に対する感想は何も本文だけではないはずです。

本を読む前から読書は始まっている


まずは、こちらの本の表紙をご覧ください。表紙だけでも色んな情報を読み取ることができるはずです。

たとえば、ある人は「世界のミヤザキ」という部分は恐らくあのスタジオジブリの宮崎駿監督のことで、そのことから「あの宮崎駿さんが感銘を受けた本なのか」という感想を持つかもしれません。

またある人は、「生と死、愛の物語」の部分から「この物語は悲運の道を歩む恋人たちの物語なのかな」という感想を持つかもしれません。

更に言えば、白で描かれた麦わら帽子の少女と澄み切った空に浮かぶ入道雲から夏が舞台のお話ではないかという感想を持つ人もいるかもしれません。

こういった感想に不正解はありません。すべてが正解です。そして、読書感想文においても、不正解はありません。読む前の本に対する感想だって立派な本への感想です。

それに、読書は読みたい本に巡り合うまでが一つの楽しみだと私は思います。むしろ本を自分で選ばず、無理やり他人から勧められただ単に読むだけの読書は読書とは呼べません。

要するに、私が本を読まなくても感想文が書けると言い張る一番の理由は、自分に合った最高の本に巡り合うまでのワクワク感も読書の感想であると考えているからなのです。


『風立ちぬ』が気になった方はこちらから)☟


実際に読む前のワクワクを感じてみよう!
2017年 第63回青少年読書感想文全国コンクール
課題図書一覧
(出典:公益社団法人 全国学校図書館協議会

小学校低学年

ばあばは、だいじょうぶ
(童心社)

著者:楠 章子・作
いしい つとむ・絵
画像元:Amazon

なにがあってもずっといっしょ
(金の星社)

著者:くさの たき・作
つじむら あゆこ・絵
画像元:Amazon

アランの歯はでっかいぞこわーいぞ
(BL出版)

著者:ジャーヴィス・作
青山 南・訳
画像元:Amazon

すばこ 
(ほるぷ出版)

著者:キム・ファン・文
イ・スンウォン・絵
画像元:Amazon

小学校中学年

くろねこのどん
(理論社)

著者:岡野 かおる子・作
上路 ナオ子・絵
画像元:Amazon

空にむかってともだち宣言
(国土社)

著者:茂木 ちあき・作
ゆーちみえこ・絵
画像元:Amazon

耳の聞こえないメジャーリーガー ウィリアム・ホイ 
(光村教育図書)

著者:ナンシー・チャーニン・文
ジェズ・ツヤ・絵
斉藤 洋・訳
画像元:Amazon

干したから...
(フレーベル館)

著者:森枝 卓士 ・写真・文
画像元:Amazon

小学校高学年

チキン!
(文研出版)

著者:いとう みく・作
こがしわ かおり・絵
画像元:Amazon

ぼくたちのリアル
(講談社)

著者:戸森 しるこ・著
佐藤 真紀子・絵
画像元:Amazon

霧のなかの白い犬
(あかね書房)

著者:アン・ブース・著
杉田 七重・訳
橋 賢亀・絵
画像元:Amazon

転んでも、大丈夫:ぼくが義足を作る理由
(ポプラ社)

著者:臼井 二美男・著
画像元:Amazon

なにか読みたいとワクワクを感じた本はあったでしょうか?
ワクワクとまではいかなくても、どんな本なのかと気になる程度でも全然問題はありません。

ちょっとの”気になる”があれば、ここで紹介しているのは読書感想文全国コンクールの課題図書なので、コンクール入賞も夢ではありません!

だけど・・・、
「ワクワク感」だけで本当に感想文が書けるの?


もちろん、読む前のワクワク感を言葉にするだけでは原稿用紙何枚も書くことは難しいです。ただこのワクワク感は、何度も言うように本を読まずに感想文を書く為のカギとなります。

”そもそも人はなぜ本を読むのか?”

それは、本の内容や本に書かれているノウハウや知識を”知りたい”からです。そして・・・、

読書において大切なことは


知ったことを自分の人生にどう活用していくのか
ということ

ワクワク感を別の言い方で表せば、それは”好奇心”です。更に好奇心を具体的に言うと、”ナニカ”を知りたいと思う気持ちです。

つまり、好奇心を持つことで何を知りたいのかという”目的”が自然と生まれます

読む目的を持つことができれば後は簡単です。知りたいと思うことの答えとなる部分だけを本から探せばいいだけ。自分に必要なものだけ読めばいいのです。

例えるなら知りたい言葉の意味を辞書で調べることようなもの。言葉の意味を調べるのにわざわざ広辞苑や国語辞典を全て読む人はいませんよね?

では、どうすれば”ワクワク感”を引き出せるのか!?


実際にワクワク感に気づき、20分で感想を生み出す方法

それが・・・、

本を読まずに参加できる読書会

Read For Action
(リードフォーアクション)

驚きの体験のお申込みはこちら


Read For Actionとは?

Read For Actionは、その名前の通り、何らかの目的や理想を達成する為の行動を促す為に本を利用する日本最大級の読書会ネットワークです。

Read For Actionは東日本大震災が発生した2011年9月に誕生しました。その理由は、今後どんな苦難が日本に起ころうとも新しい時代を自分たちの手で創っていける一歩を踏み出す為に、人と人とをつなげ、知を共有する場として開発されました。

2016年時点では、参加人数は5700名に上り、開催数は360回以上を数えています。

Read For Action協会HP:https://www.read4action.com/

開催の様子

Read For Actionでワクワク感に気づき、たった20分で感想文が書ける3つの理由

  • 他の参加者と対話(ダイアログ)することで、本に対する違った視点を持つことができる
  • 事前に本を読んだり、専門的な手法を覚えたりなどがなく、誰もが簡単に参加でき、挫折することがない
  • 目標設定を促すトレーニングを受けた認定ファシリテーターが参加者の対話をサポート
  • 他の参加者と対話(ダイアログ)することで、本に対する違った視点を持つことができる

理由

1

他の参加者と対話(ダイアログ)することで、本に対する違った視点を持つことができる

感想だけではなく、アイデアを出すときもそうですが、一人よりも二人三人と人数が増えれば増えるほど、様々な視点が加わり、多種多様な感じ方を知ることができます。

理由

2

事前に本を読んだり、専門的な手法を覚えたりなどがなく、誰もが簡単に参加でき、挫折することがない

どんなものでも、継続すること、やりきることが一番チカラを発揮することができます。Read For Actionでは誰でも気軽に参加でき、楽しみながらワークできます。

理由

3

目標設定を促すトレーニングを受けた認定ファシリテーターが参加者の対話をサポート

目標設定するにもテクニックがあります。デームアカデミーの認定ファシリテーターは、合計100時間以上の研修を受けた目標設定のエキスパートです。

理由

1

他の参加者と対話(ダイアログ)することで、本に対する違った視点を持つことができる

感想だけではなく、アイデアを出すときもそうですが、一人よりも二人三人と人数が増えれば増えるほど、様々な視点が加わり、多種多様な感じ方を知ることができます。

※ただし、次に当てはまる人は、この3つの理由をもってしてもこれからご説明する効果を得ることはできませんので、あらかじめご了承ください。

  1. 自分のことばかり優先し、他人の手助けをすることができない人
  2. 約束をきちんと守ることができない人
  3. 今の自分のやり方に満足している人
  4. 自分は何をやってもダメだと最初からあきらめている人
  5. 自分が一番正しいと信じ、他人の意見を受け入れられない人

逆に、次に当てはまる人は、最大限の効果を得ることができます。

  1. 自分だけではなく、他者への手助けを惜しまない人
  2. 約束をきっちりと守ることができる人
  3. 今よりももっと良くしたいという学ぶ意欲がある人
  4. 分からないことがあっても、新しいことにワクワクして取り組める人
  5. 賛同とまではいかなくても、相手の意見を否定せず、意見は意見として認めることができる人

好奇心を引き出し、知ったことをチカラに変えるRead For Action


徳島県内どこでも出張!県外の方はGoogleハンドアウト又はSkypeによる実施も可能!

気になる価格は・・・、

メニュー表

  • 学生(小学生以下)
    ¥1,000
  • 学生(中学生以上)
    ¥2,000
  • 社会人
    ¥3,000
  • ※体験のお申込みは3名~8名の間で受付可能です。又体験料金の他に別途交通費がかかります。
  • 学生(小学生以下)
    ¥1,000

開催スケジュール

  • 月曜日~金曜日

    開始時間 15:30
    終了時間 16:30


    開始時間 17:30
    終了時間 18:30
  • 土曜日
    開始時間 14:00
    終了時間 15:00


    開始時間 16:00
    終了時間 17:00


    開始時間 18:00
    終了時間 19:00
  • 月曜日~金曜日

    開始時間 15:30
    終了時間 16:30


    開始時間 17:30
    終了時間 18:30

開催スケジュール(夏休み用)

  • 月曜日~土曜日
    A
    開始時間 10:00
    終了時間 11:00

    B
    開始時間 14:00
    終了時間 15:00

    C
    開始時間 16:00
    終了時間 17:00

    D
    開始時間 18:00
    終了時間 19:00

  • 月曜日~土曜日
    A
    開始時間 10:00
    終了時間 11:00

    B
    開始時間 14:00
    終了時間 15:00

    C
    開始時間 16:00
    終了時間 17:00

    D
    開始時間 18:00
    終了時間 19:00

※上記のスケジュールはあくまでも目安です。開催場所によっては、時間が前後する場合がございます。予めご了承ください。


それだけではありません!今回は更にすごい特典を用意しました!

凄い特典一覧

  • 人を感動させる文を書くには、じつは書き方があった!?

    今回はその人の共感を呼ぶ文の書き方を特別にお伝えします!!
  • 文の書き方を知っても、実際に使えるようになるのは中々難しい・・・。

    今回は、感想文が書けるまでの間何度でも個別相談を行います!
  • 人を感動させる文を書くには、じつは書き方があった!?

    今回はその人の共感を呼ぶ文の書き方を特別にお伝えします!!
ただ、感想文の書き方なんて、今の時代ネットで検索すればいくらでも見つかるかもしれません。

しかし、特典によって感想文以外にも将来次のような活用できます!

  • 国語の文章問題を解くときに、スムーズに答えとなるキーワードを探すことができる。
  • 将来、小論文や大学のレポートを書く際の文章構成を簡単につくることができる。
  • プレゼンテーションする時の構成づくりに悩まなくなる
  • 商売をする時の集客としてチラシやランディングページをつくる時に、効果的な文を書くことができる。
  • 国語の文章問題を解くときに、スムーズに答えとなるキーワードを探すことができる。
今回特典でお届けするテクニックは、広告宣伝などのマーケティング業界で長年使用されてきたテクニックで、本格的に学ぶとなると数十万円かかります。

私自身、起業するに当たりそれだけのお金を費やしてきました。今回はそのテクニックをビジネスマンではなく、一般の方でも使用できる部分だけ抜き取った簡略版です。

通常なら1万円と言いたい所ですが、今回お申込みしていただける方に限り、特別価格として

¥5,000

でお受けいたします。
※もし、内容に納得できなかったり、効果を感じられなかったりした場合は、ご参加いただけた日から60日間以内であれば返金いたします。(返金額に振込手数料は含みません。あらかじめご了承ください。)

※ただし・・・、


受け付けられる数には限りがございます。

特典受取可能人数
※残り 10

なので、なるべくお早めにお申し込みください。

ファシリテーター
プロフィール

三木崇稔(みきたかとし)

一般社団法人Read For Action協会リーディングファシリテーター、GCS認定コーチ。
”自分らしく生きる勇気を持つこと”が、個人の能力や個性を育てる何よりも重要なことだという考えから、現在では本を使用した自己啓発セミナーやマインドセット読書会などを開催している。
学びは必死でやるものではなく、楽しく行えるもの。

嫌々やってしまったらそれはとっても勿体ないことです。

読書も嫌々やるのではなく、楽しく”自ら進んで”行える。
誰もがそうなれる為にはどうすればいいのか?

それが私の”好奇心”です。

よくある質問

Q
オンラインなので、参加者同士が同じ場所に集まらず、離れた場所にいながら参加することはできますか?
A
可能です。ただ、Read For Actionで一番大切にするのは”対話する(ダイアログ)”ことですので、リアルとオンラインでは得られる効果に差が出ることがございますので、参加される方は同じ場所に集まってご参加されることをおススメします。
Q
参加する時に用意するものはありますか?
A
筆記用具(可能ならカラーペン)とメモ用紙やポストイット。後はお好きな本を1冊ご用意していただければご参加いただけます。
Q
何か分からないことや質問したいときはどこに連絡すればいいですか?
A
電話又はメール、Facebookなどからいつでもご連絡していただけます。詳細は以下をご確認ください。
Q
オンラインなので、参加者同士が同じ場所に集まらず、離れた場所にいながら参加することはできますか?
A
可能です。ただ、Read For Actionで一番大切にするのは”対話する(ダイアログ)”ことですので、リアルとオンラインでは得られる効果に差が出ることがございますので、参加される方は同じ場所に集まってご参加されることをおススメします。

お問い合わせ

電話番号

090-9770-7788
(受付時間は10:00-20:00まで)

メール:deemacademy5@gmail.com
(メールはいつでも受付いたします)