肝斑の原因や治療方法とは?

年齢を重ねると同時に発生するもの、それが肝斑です。肝斑にはさまざまな原因や治療方法があります。今回は、肝斑治療の得意なクリニックやシミとの違いについても紹介していきましょう。

肝斑の原因とは?

肝斑はいつの間にかできているものであって、明確な原因が分からない人も多いでしょう。こちらでは、どんな時に肝斑ができるのか原因について見ていきましょう。

・女性ホルモンの乱れ
肝斑ができてしまう多くの理由、それは女性ホルモンの乱れです。更年期に差し掛かる30代後半から50歳くらいの女性に出来やすいと言われています。更年期だけではなく、妊娠中のホルモンバランスの変化の際にも出来やすいようです。

・ストレス
ストレスをため込んでしまうと、ホルモンバランスが崩れやすくなります。その結果、肝斑ができてしまうことや、既にできている肝斑が濃くなることがあるようです。

・紫外線
肝斑が酷くなる原因として、慢性的な紫外線ダメージも関与していると言われています。紫外線対応をしなければ、より酷くなってしまうので紫外線対応はしっかりしておきましょう。

肝斑の治療方法について

肝斑治療にはさまざまな方法があります。こちらでは、どんな治療方法があるのかなどについて見ていきましょう。

・飲み薬
トラネキサム酸やビタミンCなど、飲み薬を主体とした治療方法もあります。いくつかの治療を組み合わせて、総合的なコントロールをメインとするクリニックが多いです。

・イオン導入
飲み薬で有効成分を肌に浸透させた後、イオン導入をするケースもあります。1週間もしくは2週間に1回のペースで行う傾向があります。クリニックによって方法や周期などが異なるので、施術前にしっかりと説明を受けておきましょう。

・フォトフェイシャル
肝斑に効果が高い特殊なフィルターをかけた人を患者の肌に当ててきます。これは、フォトフェイシャル単体で行うのではなく、あくまでも他の治療方法と併用していくものです。ちなみに、さまざまな肌トラブルを改善してくれるレーザー治療ですが、肝斑においては基本的に効果がないと言われています。

肝斑とシミの違いとは?

肝斑とシミは同じように思われている部分もありますが、基本的に異なります。こちらでは肝斑とシミの違いについて見ていきましょう。

・原因
シミの原因のほとんどは紫外線ですが、肝斑の場合はホルモンバランスの変化によって引き起こされる場合がほとんどです。シミの場合は紫外線対策をしっかりしておけば意外と予防対策できますが、肝斑の場合は紫外線対策だけでは防げないのが現状です。肝斑とシミは症状こそ似ていますが、原因は大きく異なるのだと覚えておきましょう。

・治療方法
肝斑とシミの違いのひとつに、治療方法があります。シミ治療の場合は、ほとんどレーザー治療となりますが、肝斑の場合は美白効果のあるトラネキサム酸やビタミンCなどの内服薬がメインです。

・シミと肝斑が混在していることもある?
意外と大変なケースとして、シミと肝斑が混在している人です。両方の治療をしないといけないため、患者自体もやや大変さを味わうことになるでしょう。クリニックによって、両方の治療をしていく場合と片方の治療から取りかかる場合とやり方が異なるようです。

肝斑治療に定評があるクリニックとは?

肝斑治療をする際は、しっかりと治療実績があるクリニックを選ぶべきです。こちらでは、肝斑治療に定評があるクリニックについて見ていきましょう。

・銀座ファインケアクリニック
肝斑を確実に消すことができる最先端治療機器を導入しています。治療後の痛みやダウンタイムなどもないので、施術後にメイクをして帰ることも可能です。肌へのダメージを最優先で考える人におすすめのクリニックです。

・ノエル銀座クリニック
30年以上の経験や実績を持つクリニックです。オーダーメイド治療を提供しているので、患者に合わせた治療方法を提案してくれます。カウンセリングからアフターケアまで、同一の担当医師が行ってくれるので安心できるのではないでしょうか。

・聖心美容外科
美容クリニックの中で高い知名度を誇ります。症例数は世界トップクラスなので、さまざまな人に合わせた治療が可能となっています。トラブルが起こった際も、症例数による実績から臨機応変に対応することができるのです。複数の治療方法を組み合わせたスタイルを取っているので、患者に合う治療方法で施術をしてくれます。
肝斑治療について知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

肝斑はシミと勘違いしている人も少なくありません。
そのため、シミ対策方法を取っていて改善されないと悩んでいる人も多いのです。
シミに対するケアをしても改善されない場合は、肝斑を疑った方がいいでしょう。
特に30代後半から50代女性は肝斑ができやすい年齢として知られているので
注意しなければいけません。