遊びで学ぶ経験。

家庭環境の変化などで鬼ごっこをする機会、場所が少なくなってきています。さらに遊びの場で、年長者が年少者に、新しい遊びや違う遊びを教えるということもなくなってきています。

大人も子どもも、遊びのなかでコミュニケーションを学べます。

伊達な鬼ごっこ 育成・文化事業部
横のつながりが希薄な世の中になってきています。
その原因は集団を経験する機会が無くなってきたからと私たちは考えました。
そこで鬼ごっこを使ったプログラムを提案させていただきます。

鬼ごっこを使ったプログラム

◎ 鬼ごっこによるチームビルディング
◎ 誰にでも伝わるルール説明、プレゼンの仕方

鬼ごっこのバリエーションは3000種類もあると言われています。
チームを組んでの鬼ごっこは作戦を考えることで、コミュニケーション力が上がります。
またルールを伝えることは、プレゼンの実践になります。

遊びが育みます。

子どもだけでなく、大人にも発想力・想像力が必要です。
遊びの中での工夫や挑戦が、発想力・想像力を育みます。

お問い合わせはリンク先、メールにお願いします。

伊達な鬼ごっこ 育成・文化事業部の特徴
企業研修に
遊びを通し、コミュニケーション能力や組織力を高めます。
多彩な経験を持つインストラクター

ご相談を伺うのは児童館勤務や、スキースクールでインストラクターを長年勤めたスタッフです。
“Players First”をモットーに、サポートさせていただきます。

保育士や幼稚園教諭を目指す方に

知っているようで知らない鬼ごっこ。
子どもの年齢や集団規模に合わせた提供の仕方について、サポートします。

地域交流イベントに
年齢や性別に関係なく楽しむことができます。チーム間や世代間で声を掛け合い、コミュニケーションが生まれます。
地域交流イベントに
年齢や性別に関係なく楽しむことができます。チーム間や世代間で声を掛け合い、コミュニケーションが生まれます。