デリケートゾーンの黒ずみにおすすめの美容皮膚科5選!
クリームは効果なし!

デリケートゾーンの黒ずみが気になる、でも家族にも友人にも誰にも話せない、そんな悩みをひとりで胸にしまい込んではいませんか?

デリケートゾーンの悩みを解消する方法のひとつとして、美容皮膚科でレーザーによる治療を受ける方法もあります。

そこで、デリケートゾーンの黒ずみ解消におすすめの美容皮膚科を5院ピックアップし、クリニック選びの秘訣から口コミまで徹底解説します。

デリケートゾーンの黒ずみ除去を受けるクリニックの選び方

レーザーか塗り薬か
クリニックでデリケートゾーンの黒ずみを治療する方法としては、レーザーか塗り薬があります。

・レーザー治療

レーザー治療の場合は、インティマレーザーと呼ばれる最新の医療機器が用いられるのが一般的です。ダウンタイムや痛みが少なく、失敗リスクも低いです。

レーザー治療の価格相場は1部位1回につき1万円台~5万円台、クリニックによって価格設定にはばらつきがあります。

モニター募集で、格安で治療が受けられる可能性もあります。

・塗り薬

一方、クリニックによっては、塗り薬(ピンクインティメイトシステム)が処方される場合もあります。

塗り薬による治療の場合価格相場は約4000円、レーザー治療とは比較にならないほど安いです。

しかし、塗り薬の場合は治療から完治までの日数が長くなってしまうのが難点です。

その点、レーザーならデリケートゾーンの気になる黒ずみをピンポイントで照射します。

レーザー治療を受けた場合の完治までの日数は平均で6か月程度、塗り薬の場合は平均で12か月、2倍もの差があります。

短期間で確実にデリケートゾーンの黒ずみの悩みを解消したいなら、レーザーをおすすめします。
クリニックの実績や執刀医の技術
デリケートゾーン黒ずみの治療で失敗しないためには、治療実績が多いクリニックを選ぶことが肝心です。

まずは初回来院予約をとり、医師のカウンセリングを受けてみましょう。医師の信頼性はカウンセリング時の様子を見て判断することができます。

医師との1対1のコミュニケーションを通して、医師の人間性・信頼性を要チェックです。
通いやすい立地か
デリケートゾーンの黒ずみ治療を受ける場合は、アフターフォローも含め通院が必要になりがち。

どんなに定評のあるクリニックでも、通うのにあまりにも時間がかかるようでは大変です。

電車の乗継が悪い、駅から遠い、周辺の環境が良くない場合は、選択肢から外しておくべきでしょう。

自宅からの距離が近く、周辺の環境が良くて駅近であれば通いやすいです。
通いやすい立地か
デリケートゾーンの黒ずみ治療を受ける場合は、アフターフォローも含め通院が必要になりがち。

どんなに定評のあるクリニックでも、通うのにあまりにも時間がかかるようでは大変です。

電車の乗継が悪い、駅から遠い、周辺の環境が良くない場合は、選択肢から外しておくべきでしょう。

自宅からの距離が近く、周辺の環境が良くて駅近であれば通いやすいです。

デリケートゾーンの黒ずみ除去におすすめの美容皮膚科5選!

湘南美容クリニック

湘南美容クリニックの「デリケートゾーン専用 黒ずみ解消レーザー」では、日本国内初上陸・最新マシンのジュリエットレーザーを駆使して、気になる黒ずみを解消します。

おもな対象部位は、肛門まわり・小陰唇・大陰唇・乳輪、女性医師が施術に携わっているので安心です。

1部位あたりの施術所要時間は10分程度、テープや麻酔を使って気になる痛みを最小限に抑えます。

料金:

通常価格81270円(税込)
モニター価格 73100円(税込)
※1か月あたりの価格
エリア: 北海道・東北・東京・関東・中部・関西・中国・四国・九州・沖縄

ガーデンクリニック

ガーデンクリニックでは、インティマレーザーを用いた治療法が行われています。

デリケートゾーンに適したレーザーの波長によってピンポイントで照射するため、ほとんどダウンタイムはありません。

インティマレーザーによる治療法は、レーザーのパワーでメラニン色素を破壊する仕組みです。施術日の翌日から、日常生活はふだん通りでOKです。

料金:90000円(税抜)
※小陰唇・大陰唇黒ずみ除去 各1回の価格
エリア: 東京都・関東・東海・関西・九州

東京中央美容外科

東京中央美容外科のデリケートゾーンの黒ずみ治療・ピンクインティメイトの対象部位は、ひじからわき・乳輪・Vライン・Iライン・おしりまで、広範囲です。

足の付け根・くるぶしの黒ずみ対策としても、もちろんOKです。

Promoitaliaピンクインティメイトは、気になる黒ずみを美白肌にするための医療用のピーリング剤として処方されるものです。

肌が敏感な方向けに開発されたので、処方後に痛みをともなうこともなく、ダウンタイムも関係ありません。

定期的にリピートで黒ずみが気になる部位に塗ることによって、ハリ肌効果も期待されます。

料金:11000円(税込) 2部位
エリア: 東京都・関西・九州

聖心美容クリニック

聖心美容クリニッのピンクインティメイトシステムは、おもに肛門周辺・大陰唇・恥丘などのデリケートゾーンの黒ずみ改善を目的とした治療法です。

レーザー照射とは違い、医療用のピーリング材を処方する治療法、くすんでしまったデリケートゾーンを明るいトーンにします。

デリケートゾーンだけではなく、わき・ひざ・くるぶしなどの黒ずみケア対策としても活用できます。

主成分には美白効果が期待されるコウジ酸・ピーリング作用のあるクロロ酢酸・皮膚を柔軟にするビサボロール・皮膚再生活性化作用のバイオ刺激因子が含まれています。

料金:外用1本 16500円(税込) 4本 59400円(税込)
エリア: 北海道・東京・関東・関西・九州・中国(上海)

クリニークグループ

クリニークグループでは、黒ずみ対策として「Pink intimate system クリーム+美白イオン導入+ハイドロキノンホワイトニングパック」がすべて一式揃ったオトクなセットがあります。

美白のビタミン・アスコルビン酸にハイドロキノン・トランサミンなどの美白成分をブレンドし、黒ずみの原因色素を根元から薄くする仕組みです。

1回コース・5回コース・15回コースの3パターン用意されており、5回コース希望の方は施術効果をしっかり体感するためにも、週1の頻度での来院が理想です。

料金:15000円(税抜) 1回
6回コース (短期集中3か月コース) 80000円
15回コース (短期集中+長期継続1年コース) 150000円
エリア: 関西・東海・九州・沖縄

デリケートゾーンの黒ずみ除去治療を受けた人の口コミ

VIOラインの黒ずみが気になっていたけど、友人にも話せずモンモンとした日々を過ごしていました。

そんな時、美容皮膚科で黒ずみ治療ができることを知り、来院予約・カウンセリング・施術完了までスムーズでした。

来院するまで恥ずかしかったけど、女性医師が対応してくれて安心しました。

(20代女性)
クリニックで最新の医療レーザー機器による治療を受けるまでには勇気が必要だったけど、通院して良かったと思います。

院内はプライバシーも守られるし、相談しやすい雰囲気でした。

塗り薬よりもレーザーのほうが、お金をかける分、短期間で悩みが解消されたので良かったです。

(30代女性)
私はクリニックでピーリング剤による治療法を選択しました。低価格だし、美容成分も含まれていて、根気強く対処しようと思いました。

デリケートゾーンだけでなく、ひじ・くるぶしの黒ずみケアが簡単にできるので助かっています。

(40代女性)
私はクリニックでピーリング剤による治療法を選択しました。低価格だし、美容成分も含まれていて、根気強く対処しようと思いました。

デリケートゾーンだけでなく、ひじ・くるぶしの黒ずみケアが簡単にできるので助かっています。

(40代女性)

デリケートゾーンの黒ずみに市販のクリームは効かない!

デリケートゾーンの黒ずみを解消する対策として、市販のクリームを使う人もいます。

市販のクリームの代表格と言えばワセリンやニベアなどのクリームですが、もともとは黒ずみを解消するためのものではありません。

中には「黒ずみが薄くなった」という人もいるようですが、完全に消えることはまずありません。市販のクリームを頻繁に使っていると、肌に手が直接触れて刺激するため、かえって色素が沈着して、黒ずみが濃くなり、逆効果になってしまう可能性もあります。

黒ずみの症状がひどい方は、市販のクリームを使うのはいったん中止して、美容皮膚科にササッと行くのが最善策です。

美容皮膚科ではレーザーか塗り薬による治療を受けられます。美容治療の専門医が丁寧に診察・治療してもらえるので、その方が完治まで早くてより確実です。

まとめ

デリケートゾーンの黒ずみを解消する方法として、おすすめの美容皮膚科を5院厳選し、治療内容と料金についてお伝えしました。

自由診療であるため、料金設定はクリニックごとに格差が生じることもありますが、いずれも信頼性が高く、治療実績が高いという点では安心感が得られます。

塗り薬を使う方法もありますが、黒ずみが解消されるまでには長い日数がかかってしまい、塗り薬をとりに美容皮膚科に行くのも面倒です。

その点、レーザーによる治療を受けておけば、塗り薬よりも短期間で改善できます。

クリニック情報と合わせて口コミ評価も参照しながら、自分にピッタリな美容皮膚科に出会うことが、問題解決のファーストステップです。