転職大作戦

転職,転職体験,20代,30代


独学でWebデザイナーになる


Webデザイナーになる期間の目安は1年

Webデザイナーの応募資格には必須スキルが「HTML+CSSのコーディング知識、PhotoshopやIllustratorによるデザイン経験 」と書かれていることが多いです。

ということは、企業側は趣味でも何でも良いのでWebサイトを一度でも作ったことのある人物を求めているのです。
既に1回でもWebサイトを作ったことがあったり、PhotoshopやIllustratorに慣れている人なら、3ヶ月〜半年で就職できるかもしれません。

ですが全くの未経験者の場合は「HTML+CSSのコーディング知識、PhotoshopやIllustratorによるデザイン経験 」を1から身につける必要があります。各スキルを1ヶ月ずつ勉強したとしても3ヶ月はかかります。

現在無職で1日中自由な時間があるなら勉強時間も多くとれますが、社会人ともなると平日なら勉強できて2〜3時間ではないでしょうか。土日に8時間勉強するにしてもそれが毎週、毎月できるわけじゃありませんよね。

なので、必須スキルを習得するのに費やす時間を最低3ヶ月、多く見積もって半年として、その後に就活に必要なポートフォリオサイトの準備をすることを考えると、Webデザイナーに独学でなるために必要な期間は「1年」に設定して勉強するのがおすすめです。
1年後に高校受験を受けるように、「1年後にはWebデザイナーの面接を受けて受かるんだ」という気持ちで勉強してみてください。


1年でやるWebデザイナーの勉強内容

1.HTML+CSSの基礎知識を習得する(1〜3ヶ月目)

5〜10ページ未満で構いません。簡単なWebサイトを1つ作れるようにしましょう。これができれば求人の応募資格に多い「HTML+CSSのコーディング知識」はクリアです。
どこから手をつけたらいいのか分からない、という場合は「独学でWebデザイナーの勉強をしたい初心者におすすめの本」で紹介しているコーディング関係の本を読んで1つずつ進めていけば、初心者でもWebサイトを作れるようになります。

2.Photoshopを基礎レベルまで習得する(1〜3ヶ月目)

1と同時進行で、Photoshopを使ってサイトに掲載するバナーを作れるようになりましょう。最初は「なんかダサい」「うまく作れない」と感じるかもしれませんが、デザインにはセンスの他に配色やレイアウトの知識も必要となります。

3.Illustratorを基礎レベルまで習得する(1〜3ヶ月目)

簡単な図形や絵を作る、パスを編集する、パスの上で文字を打つ、などの基礎中の基礎で構いません。HTML+CSS、Photoshopと一緒に簡単なIllustratorの操作方法も覚えましょう。
Photoshopに比べるとIllustratorの習得は難しいと感じる人も多いので、無理だと感じたらIllustratorは捨てて、その分Photoshopのレベル上げに集中しましょう。「ロゴを作りたい」など、どうしてもIllustratorを必須とした時に覚える方が、スキルが身につきやすいです。

4.Webサイトをいくつか作ってみる(4〜8ヶ月)

1〜3ヶ月目で習得したスキルを活かしてWebサイトを1つか2つ作ってみましょう。既に1〜3ヶ月目に、1サイト作っている場合は、2サイト目3サイト目にチャレンジです。
そしてこの時、できれば友人や家族をクライアントに見立てて、サイトの制作を依頼して貰いましょう。自分が好きなように作ったサイトだと、「何のための、誰のためのサイトなのか?」という目的が不明確な場合が多いからです。

余裕があればWordPressのカスタマイズや、レシポンシブWebデザインにも挑戦してみましょう。これらの知識があると多少就職に有利になるので、時間が許すかぎり色々やってみることをおすすめします。

5.ポートフォリオサイトを制作する(9〜12ヶ月)

勉強とは違いますが、ポートフォリオサイトを作ってこれまでの成果をまとめましょう。ポートフォリオは就活の際に必須となってきます。大まかな作り方は「転職に必須となるポートフォリオサイトの作り方」でも紹介してます。

ポートフォリオサイトを作ったりカスタマイズするのにも、今まで覚えてきたスキルが必要になります。一度作っては何度もブラッシュアップして、満足の行くポートフォリオサイトを作りあげていきましょう。

このポートフォリオが出来上がればあとは就職活動です!ここまで頑張ってきたならきっと良い会社に巡り会えます。

大事なのは目標を持ってやること

あなたはいつまでにWebデザイナーになっていたいですか?次の誕生日が来る前?新しい年を迎える前?それとも派遣の契約が終了になる前?

ダイエットにしても「いつまでに○kgまでにする!」と目標を決めておかないと、目標体重を達成することは難しいですよね。

それと同じでWebデザインの勉強も、目標を持って進めていかないとずるずると何ヶ月も立ち続け「何も成長していない…」なんてことになりかねません。

「いつまでにWebデザイナーになる!」という目標を持って、その日から逆算して覚えるべきスキルを身につけていくことが大事です。

また、「勉強してから1年が経って就活してるけどうまくいかない…」という場合は転職のプロである転職エージェントへの相談も考えてみてください。

転職エージェントは、これまで経験した仕事内容やスキルの相談から、自分に見合った仕事を探して紹介してくれ、それだけではなく応募書類のチェックや、面接スケジュールの調整、年収や入社日の交渉・調整など、転職を全面的にサポートしてくれるサービスです。



何歳までならWebデザイナーになれる?


転職してWebデザイナーを目指したい!と思った際、気になるのは年齢制限についてですよね。新卒なら特に年齢を気にすることもありませんが、転職組は年齢に合わせて応募する雇用形態を変えていった方が賢い選択といえます。

20代前半だと専門学校や大学を卒業後にWebデザイナーを目指す人が多いと思いますが、年齢的に正社員でもアルバイトでも難易度は高くありません。

未経験でも簡単なWebサイトやバナーを作る最低限のスキルや知識があるなら、受け入れてくれる企業が多いです。数社落ちたくらいで気にせず、スキルアップを目指しながらどんどん応募していきましょう。
派遣でも問題ありませんが、未経験者OKの求人が正社員やアルバイトよりも少ないので、まだ20代前半なら正社員や正社員登用のあるアルバイトで求人を探した方がよっぽど良い選択です。

20代前半ではスキルよりも人柄やコミュニケーション能力を基準として採用されることが多いので、入社後にやりたい事や覚えていきたいスキルをアピールすると良いでしょう。


20代後半の場合、実務経験を求められる求人が増えます。20代前半に比べると企業が求める要望がやや高いと感じたりもするでしょう。
それでも実務経験がなくても採用される可能性はまだまだあります。

特にWeb業界を多少は知っているWebディレクターやエンジニアからの転職であれば、活かせることや共通点もあり、転職もまだ難しくはない年齢です。

Web業界以外からの転職者は、業界経験者に比べるとややハードルが上がるため、契約社員やアルバイト、派遣といった正社員以外の働き方も視野に入れて就職活動をすることが、1日でも早くWebデザイナーになるには懸命な選択といえます。

また、まだ転職エージェントに相談していないなら、一度相談してみることをおすすめします。転職エージェントの中には未経験者からの評判が良いエージェントもあります。

相手は転職のプロで、しかも無料で相談に乗ってくれます。これを利用しない手はありません。


Webデザイナーは何歳までやれる仕事?

体力や気力が続く限り何歳まででもやれます。

ただ30歳前後から、首や肩こり、腰痛といったパソコンの前に1日中座りっぱなしの影響が身体に出始めたり、結婚して仕事の長時間の拘束に限界を感じる人も増えてきます。

センスやアイデアも常に湧き水のように出てくるわけではなく、トレンドデザインやスキルに対応する柔軟さも20代の時に比べると遅くなるので、Webデザイナーとしての将来を考える人が多いのが現状です。

そのため、Webデザイナーの仕事を活かして「Webディレクター」や「フロントエンドエンジニア」、「マーケティング担当」といった職種にキャリアパスしたり、フリーランスになって細々でも良いから自分のペースで仕事をやっていくという人が出てきます。

Webデザイナーは体力やセンスが続く限り続けられる仕事なので、将来ずっと現役でやっていきたいと考えている人は、ジムで体力を付けたり忙しい合間でもトレンドを追えるよう日頃からアンテナを張っておきましょう。


何歳までならWebデザイナーになれるか一覧

20代前半…正社員でもアルバイトでも難易度は低くなりやすい
20代後半…正社員でも可能だがアルバイトからの方がなりやすい
30代前半…難易度は高いが、正社員よりも派遣の方が可能性あり
35歳以上…会社勤めは難しいので最初からフリーランスを目指すと良い

以上が年代別の目安です。自分が目指すべき道は分かったでしょうか?

未経験者OKの求人に応募しているのに採用されない場合は、一度「未経験可」の求人に応募しているのに採用されない理由を読んで、できる事を考えてみるのも良いかもしれません。

そして、まだ転職エージェントに相談していないなら、相談することも視野に入れてみてください。一人で就活するよりも仕事が決まる可能性がグッと高まりますよ。

Webデザイナーを目指すなら、1日でも、1歳でも早く目指した方が難易度は低くなるので、少しずつつでも夢に向かって頑張ってくださいね!



最低限必要なスキルや知識

最低限必要となるスキル

未経験からWebデザイナーに転職するには、デザインはもちろんのこと、基本的なコーディングスキルやグラフィックツールを使いこなすスキルが必要になります。

趣味で個人サイトを作ったりして多少知識がある未経験者でさえ、実務経験者に比べると就職は不利なのに、全くの初心者がWebデザイナーに応募したところで受かる見込みはありません。本気でWebデザイナーになりたいなら、まずは下記に挙げた最低限必要なスキルを覚えましょう。


HTML+CSSの基礎知識

Webサイトを作り上げるにはHTMLとCSSの知識が必要になります。HTMLで文章構造の定義をして、CSSでレイアウトや見栄えをよくしていきます。


画像加工の技術

グラフィックツールを使って人物や商品などの写真をレタッチしたり、サイトに載せるためのバナーを一からデザインできるスキルが必要になります。

PhotoshopやIllustratorをある程度使いこなせるスキルが必要となってきますが、どちらも不慣れな人はPhotoshopを中心に数をこなして少しずつでもやれることを増やすと良いでしょう。

ちなみに数をこなすといっても、何を見本にしたら良いのか分からない、という人はGoogleで今の季節にあったイベントのバナーを検索して、良いなと思うバナーを参考に同じようなバナーを作ってみてください。

また、Pinteres(ピンタレスト)というツールにも、様々な画像が集まっているのでお洒落なデザインを探したい人にはオススメです。アカウントを作成する必要がありますが、保存もできるので、気にいった画像はどんどん保存して作成の参考にしましょう。

Webサイトを作る知識と技術

HTML+CSSの基礎知識と画像加工の技術を生かして、実際にWebサイトを作れる必要があります。まずは数ページのペラサイトで構いません。とにかくWebサイトを1つ作れるようになりましょう。


まとめ

Webデザイナーになるための応募条件や必須スキルは大体どこも同じで決まっています。最低限必要となるスキルを習得しつつも、今のうちから色んな転職サイトを見て応募要項にある「あれば優遇・歓迎されるスキル」を+αで習得していくのがベターな方法です。

特にデザインセンス、WordPress、レスポンシブウェブデザインの知識まであると良いでしょう。職場にもよりますが、入社前にjQuery以降の知識がほとんどなくても「これから勉強していきたいこと」として視野に入れていれば大抵問題ありません。

また、Webデザイナーになったらあなたが何をしたいか、それをするためには何が必要かということを考えて、スキルを習得していくことが大切です。まずは分からないことがあったら本を買って読んだり、Google先生に聞いてみましょう。


Webサイトを作成する時の流れ


1.何のためのサイトか、誰に向けたサイトなのか考える

誰に向けてのサイトなのか、このサイトを作る目的は何なのかをまず考えます。自分のための自分の趣味を紹介するサイトも良いのですが、Webデザイナーとして仕事をしていきていきたなら、仮想のクライアントを立ててサイトを作った方が練習になります。
何故なら、Webデザイナーの仕事はWebサイトの制作を依頼するクライアントがいて成り立つ仕事だからです。

そして、来てもらいたいと思う人=いわゆるターゲットとするユーザーの年齢層や性別なども大切になります。男女や年齢によって、好む色が変わってくるのでそれらをサイトの配色やデザインに活かすためです。

ここで大事なのは、あなたが好きなデザインや色ではなく、ターゲットとしたユーザー層が好むデザインや色を意識したサイトを考えて作ることです。

2.必要なページや内容を考える

ターゲットユーザーが決まったら、目的に合わせてどういうメニューやコンテンツが必要なのかを整理します。お店の宣伝や実際の店舗に来て貰うことが目的であるなら、店舗の住所や地図はもちろんのこと、どういう商品を売っているのかが分からないとユーザーは行きたいとは思いませんよね。

頭で考えているだけでは中々案は出てこないので、ペンと紙を用意して思いつくまま書きなぐります。必要ないかなと思うことでも、後で精査すれば良いので、とりあえず頭に浮かんだことをどんどん書いていきましょう。同じカテゴリーだなと思うページはグループ化していくと良いでしょう。

必要だと思うページを出し切ったら、それらの重要度を考えてみましょう。ここでもあなたが「これは重要だ」と思うページではなく、ユーザーの気持ちになって重要なページを考えることです。

特に重要なページはHomeからすぐにアクセスできた方が良いので、ここでサイトの構成図(サイトマップ)も考えておきます。パワーポインやエクセルでも構成図は作れますが、XMindなど無料の作成ツールがオンライン上にはいくつかあるので使うと便利です。

3.Webサイトの設計図ことワイヤーフレームを作成する

ターゲットユーザーや必要なページが決まったら、何をどこに置くかを簡単にまとめていきます。Webサイトの設計図ことワイヤーフレームの作成です。紙にペンで書いている人もいれば、他の人と共有することが多い人はツールを使って作成したりもします。

4.Webサイトをどういうデザインにするか考える、作る

ワイヤーフレームを元に私の場合はPhotoshopでデザインを清書していきます。

サイトのイメージカラーや使用するフォントもこの時に決めてしまいます。コーディングの時にあれやこれや考えて進めるよりも、事前にある程度のルールを決めておく方がスムーズに進むからです。ロゴの作成も必要であればこの時に作ってしまいます。

5.コーディングする

作ったラフデザインを見ながらHTMLでマークアップ、CSSでレイアウトを組み、装飾していきます。4.で決めたルールで変えた方が良いものがあれば臨機応変に変えていきます。後はコツコツと進めていきましょう。

6.サーバーを設置する

サイトが完成したら、作ったデータをWeb上に公開するために、Webサーバーを用意します。Webサーバーがないと、Webサイトを作っても誰にも見てもらうことができません。

Webサーバーはレンタルすることができるので、人気のロリポップやエックスサーバー、mixhostなどから申し込みましょう。どれも無料のお試し期間があるので、実際に試してみて使いやすいと思ったところから契約すれば良いでしょう。

各サーバーのおすすめポイントや特徴は「初心者や個人サイト運営におすすめのレンタルサーバー比較」で紹介しているのでチェックしてみてください。

また、WebサーバーにデータをアップロードするためにはFTPソフトも必要になります。持っていない人は無料のFTPソフトをDLしておきましょう。Windows用ならFFFTP、MacならFileZillaがオススメでどちらも有名です。


7.ドメインを取得する

レンタルサーバーを契約したら、サイトのドメインを取得しておきましょう。ドメインはWeb上の住所みたいなもので、これがないとせっかくWebサイトを作っても人に教えることができません。

レンタルサーバーを契約すると本来は有料のドメインが無料で1つ貰えるケースがあるので、キャンペーンなどを小まめにチェックしてみてください。

ドメインには無料で取得できるドメインと、有料となる独自ドメインがありますが、Webデザイナーの仕事に就きたいなら独自ドメインを取得して就職活動のためのオリジナルサイトやポートフォリオサイトに活かしましょう。

実は未経験者で独自ドメインを取得してまでWebサイトやポートフォリオサイトを作ってくる人は中々いないので、ここで少し同レベルの人と差をつけることができます。

せっかく良いオリジナルサイトを作れていたとしてもドメインが無料のものだとどこか安っぽく見えてしまうので、独自ドメインを取得してやる気をアピールしましょう!

8.Webサイトを公開する

サイトも出来あがり、ドメインを取得したらWebサーバーにデータをアップロードします。全てアップロードし終えたら、ChromeやIEなど各ブラウザにURLを入力して崩れや誤字等がないかチェックしてみましょう。不具合があれば修正して、問題なければこれで完成です!

まとめ

やり方や流れに多少の個人差はあると思いますが、Webサイトを作る流れは大体こんな感じです。HTMLやCSSがほとんど分からないという方は、まずは3分動画でHTMLやCSSが学べる「ドットインストール」というサイトで勉強したり、本を片手に一サイト作成してみることをおすすめします。

近年はWebで何でも情報が手に入る時代ですが、本で読みながら進めた方が分かりやすいという場合もあるので、一冊も本を持っていない人は是非本も手にとってみてください。



独学でWebデザイナーの勉強をするメリットとデメリット


独学のメリット

費用が少額ですむ

スクールに通ってWebデザインのスキルを習得しようすると受講料だけでも数十万が必要になります。そんな高いお金、貯金しておかないと払う余裕なんてありませんよね。

しかし独学であれば、Webの情報や本を参考にしてWebデザイナーとして必要なスキルを習得すれば良いので、本代などの最低限の費用しかかかりません。

自分のペースで勉強出来る、時間に縛られない

スクールの場合は授業に参加しつつ課題をこなす必要がありますが、独学の場合は自分のペースで、好きな時間だけWebデザインの勉強をすることができます。何にも縛られずに自由にやりたい人には独学は1番良いスタイルといえます。

ただ、期限を決めておかないと何ヶ月から何年もずるずると過ぎてしまい、結局はWebデザイナーへの夢を諦めてしまった人を何人も見てきたので、独学でやると決めた場合は最初に「いつまでに◯◯を習得する、出来るようにする」などの期限を決めて進めた方が良いでしょう。

自分で調べるクセが身につく

Webサイトをコーディングしていると、表示が崩れたりうまくいかない事に度々遭遇します。そういう時に1人でも問題を解決できる力をつけておくと、就職先で問題が起きた時もこの力がずっと役に立つのです。

独学の場合は分からないことが起きても答えを聞ける人が側にいません。もしかしたら就職先でもWeb担当が自分1人しかいないかもしれません。そんな時にはWebで情報を検索したり、本で情報を得る必要が出てきます。
問題が起こった時はまずは自分で解決策を調べてみる、このクセがついていればどの職場に行っても成長できるでしょう。


独学のデメリット

挫折しがち

コーディングに必要な言語を見て、「謎すぎてわけが分からない…」と頭を抱える人は少なくありません。Webデザインの仕事を華やかそうだと思っている人もいるかもしれませんが、実際は地味でコツコツと進める作業が多いのが現実です。

独学でWebデザインの勉強をする際、励まし合ったり相談しあう相手がいれば良いのですが、いない場合は止めるも続けるも自分次第なので、モチベーションが上がらず挫折しがちになります。

何事も3日坊主で終わりがちな人はWebデザインの勉強も1人でしない方が良いでしょう。

分からないことが人に聞けない

本やネットを見ながら勉強していても、それでも分からないことは出てきます。問題が解決出来ないままでいると、なかなか次へ進めず、Webデザイナーになるための勉強にも嫌気がさしてくる時が出てきます。

そもそも初心者は知識が少なすぎて「分からないことが分からない」という問題にぶつかることがあります。何を聞いたり調べたらそれが解決できるかすらが分からないのです。

心を折らずに困難に立ち向かえる人は良いですが、そうでない人は相談できる友人を作るかスクールに通うなどプランを変更した方が良いでしょう。

習得に時間がかかる

毎日少しずつでも勉強を続けられたとしても、上記であげた「挫折しがち」「分からないことが人に聞けない」という理由から、独学での勉強には時間がかかります。Webデザイナーになるための学習はたくさんあるので、初心者がスキルを習得するには早くて1年、休み休みやっていた場合はその2倍3倍はかかるでしょう。

学生や20代前半なら独学で少しずつ勉強していくのも良いですが、30前後でWebデザイナーになりたいと思っている場合は、独学一本で進めるのはかなり効率が悪いです。独学だけではなく+スクールに通いつつスキルを習得した方が良いでしょう。未経験から就職するには1年でも早いに越したことはありません。

まとめ

独学にはデメリットもありますが、Webデザイナーになるための最初のスタートに独学はかかせません。まずは1人である程度勉強してみて、壁を感じたらスクールに行くなど他の選択肢に視野を広げてみることをおすすめします。

Webデザイナーとして就職するには、最低限のスキルが必要となります。何をどこまで習得すれば良いのか分からない人は基礎だけでも習得してみてはいかがでしょうか。

何事もまずは始めてみるのが肝心です。自分にあった学習方法でWebデザインのスキルを習得していってくださいね!