なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

第二新卒・20代の転職で参考になるオススメの情報サイトは?

第二新卒や20代は社会人経験が浅いため、転職に関する情報量が少なく「そもそも転職って何から進めたら良いの?」「自分に適した企業が分からない」と悩んでしまう方も少なくありません。結果的に、内定を貰えなかったり選考に通らなかったりする可能性も高まります。

このような状況を避けるために、転職に関するあらゆることを詳しく解説している情報サイトの活用をおすすめします。

とはいえ闇雲に調べて出てきたサイトを見ても、求めている情報が掲載されていないことや情報量が少なく参考にならないこともあるため注意が必要です。

そこでこのサイトでは、第二新卒・20代の転職で参考になるサイトと言える「転職パイセン」「厚生労働省」「独立行政法人労働政策研究・研修機構」の3つについて詳しく解説していきます。また、第二新卒の定義についても触れているため、ぜひ参考にしてみて下さいね。

第二新卒とは?

そもそも「第二新卒」という言葉の定義を知っていますか?「若い人は第二新卒だろう」と考える方もいますが、明確な定義というものはありません。

一般的に第二新卒とは、学校を卒業し一度就職したけれど数年のうちに離職し、転職活動する方を指します。また、年齢は卒業から3年以内を指すことから25歳前後の方になります。

とはいえ最終学歴や企業によっても考え方が異なるため一概に「25歳までです」と言い切ることはできません。

大学院を卒業した場合を例に考えてみましょう。大学院の卒業は24歳で、その1〜3年以内に退職すると27歳になります。そのため、こういったケースでは社会人経験の年数で考え、27歳までが第二新卒として扱われる場合が多いです。

そのほか、学校卒業後すぐに就職する新卒との大きな違いとして、第二新卒は、1度就職して退職していることが挙げられます。

また、既卒と混同する方もいますが、既卒は第二新卒とは異なり、学校を卒業後正社員として就職した経験がない人を指します。

「新卒」「既卒」などと間違えないように注意しましょう。

第二新卒・20代の転職で参考になるサイト

冒頭でも説明したように、第二新卒や20代はまだまだ未熟です。だからこそ「まずは自分で転職について色々調べよう」「転職は調べるところからだ」などと意気込み、リサーチする方もいるでしょう。

しかし、インターネット上にはさまざまな情報があるほか、なかには正しくない情報もあり全てを鵜呑みにするのは危険です。

こういった状況を避けるために「転職経験豊富な人の情報であるかどうか」「具体的なデータがあるかどうか」といった2つを意識することが非常に重要になってきます。

では一体、どのサイトがこの2つに当てはまるのでしょうか?

下記では、この観点に当てはまる「転職パイセン」「厚生労働省」「独立行政法人労働政策研究・研修機構」といった3つのサイトについて解説していきます。気になるサイトはぜひ、目を通してみて下さい。

転職パイセン

転職についての情報を発信している転職パイセンは、第二新卒で初めての転職を経験し、過去に5回の転職をしている「レイ」、転職者を採用する立場であり採用計画・面接対応なども行なっている「ヨックン」、実績を残しつつ転職で年収を上昇させてきた「スシマル」の3人が運営するサイトです。このサイトは主に経験が浅い第二新卒・20代をターゲットにしています。

3人は転職経験が豊富であるため、今までの経験を元に「自己分析」「企業選び」「書類や面接の選考対策」などのノウハウについて詳しく解説しています。

また、企業側からの目線についても知ることができるため、初めての転職で右も左も分からないという方にもおすすめです。

さらに、転職者と応募者の間に立ち転職をサポートしてくれる「転職エージェント」に関する情報やそれらを利用した方からの口コミ・評判のほか、おすすめの転職サイトなども紹介しているため、そういった点も魅力的なポイントと言えます。

どのような記事があるか気になる方や、第二新卒の転職に悩んでいる方は下記のリンクから飛べるので、チェックしてみて下さい。

サイト: 第二新卒の転職情報なら転職パイセン
第二新卒に関する記事:第二新卒はやばい?

厚生労働省

厚生労働省は、国民生活の向上や保障、経済発展のため「健康」「医療」「雇用」「労働」などといったことを推進している日本の行政機関のひとつです。

上述した内容からも分かるように、職業の安定や人材育成などに携わっていることもあり、厚生労働省には第二新卒関連のデータが揃っていると言えます。

今回、参考リンクとして掲載している「新規学卒就職者の離職状況」においては、実際の数値を元に、規学卒就職者の就職後3年以内の離職率を出し、新規高卒就職者39.5%、新規大卒就職者32.8%といった数値を公表しています。この数値から約3割の人が3年以内に離職していることが分かるでしょう。

このほかにも、「学歴別就職後3年以内離職率の推移」「2019年(令和元年)雇用動向調査結果の概況」など多くの情報をまとめています。

参考リンク:新規学卒就職者の離職状況(平成29年3月卒業者の状況)

独立行政法人労働政策研究・研修機構

独立行政法人労働政策研究・研修機構(JILPT)は「労働政策の総合的な調査研究」「労働行政職員研修」などを行なっている独立行政法人です。厚生労働省が管轄しています。

過去には「事務補佐員(アシスタントフェロー)」や「任期付研究員」といった役職を募集していました。

今回、参考リンクとして掲載している「第二新卒の採用実態調査」においては「第二新卒者」(学卒未就職者や学卒後早期離職者)の採用状況を明らかにするための調査となっています。

調査内容では図などを用いてデータを表しているため信頼性も高く分かりやすいです。

参考リンク:第二新卒者の採用実態調査 (独立行政法人 労働政策研究・研修機構 )

まとめ

いかがでしたでしょうか?

本サイトでは第二新卒・20代の転職で参考になる「転職パイセン」「厚生労働省」「独立行政法人労働政策研究・研修機構」といった3つのサイトについて詳しく解説していきました。

上記のサイトは豊富な転職経験を持つ人が発信している情報であるほか、具体的なデータを参照しているため信頼性も高いと言えます。

特に転職パイセンは、第二新卒や20代で転職する際の自己分析についてや面接・書類作成方法、転職のメリット・デメリットなど、ひとりひとり異なる悩みに対して、それらを解消できるような記事が多くあるためおすすめです。

そのため、転職活動を検討している方や悩んでいる方はぜひ目を通してみて下さいね。