体験セッションに人が来てくれないんです・・・

継続セッションに申し込んでくれないのです・・・

 

一生懸命ブログを更新してるのに・・・

SNSでお客様の声を出しているのに・・・

ホテルラウンジを活用したりとブランディングも頑張っている・・・

そもそも体験セッションは無料でやっているのに・・・

 

それでも!

なんで、お客様が集まらないのか。

なんで、継続セッションを受けてくれないのか・・・

なんで、大金をかけてコーチングを習ったのに、ビジネスとしてうまくいかないのか・・・

 

コーチングの素晴らしさは実感しているのに、

なんでお客様にその良さが伝わらないのか。

 

 

その答えをお伝えします。

 

 

それは、あなたのブランディングの問題ではありません。

 

それは、あなたの情報発信の仕方の問題ではありません。

 

それは、あなたの体験セッションの価格の問題ではありません。

 

それは、あなたのこれまでの実績の問題ではありません。

 

 

じゃあ、何が問題なのか。

 

 

それは・・・・

 

 そう。

 

あなたが、どんなにいいことを言っても、

どんなに魅力的な場所にいても、

あなたがどんなに有名人から学んでも、

あなたがどんなにブランディングをしても。。。。

 

 

お客様は、あなたに全く興味がないのです。

 

 

お客様は、

 

 

「自分自身のことにしか興味を持っていません」

 

 

 

 

多分、あなたも同じです。

 

 

私は知っています。

 

 

 

あなたは私に全く興味がない笑

 

 

あなたが興味があるのは、

 

「どうやったらお客様を集め、クライアントにできるのか」

 

ですよね?

 

 

そう。

 

つまり、興味を持っていないことを語り続けても、

相手は反応してくれません。

 

Facebookやブログ、メルマガ等、どんなに一生懸命発信しても、

それを読んでくれるのは、

 

あなたに、

あなたの言うことに興味を持ってくれる人だけなのです。

 

 

そう考えたときに、

 

コーチングの話や、

自己啓発の話が響く人。

 

それってすごい限られてしまいます。

 

誰もがコーチを求めていないのです。

 

 

え、じゃあどうすればいいの!?

 

 

はい、それがこれからの「提案」です。

 

誰もがコーチングに興味を持つ魔法のテーマ

私は知ってしまいました。

 

誰しもが興味を持つ「テーマ」を。

 

誰しもが、興味を持って、その「テーマ」に沿って話をしたら、

コーチングの必要性に気づいてしまう、魔法の話を。

 

 

私のコーチ仲間にこの話を提案したら、

早速実践し、

すぐにお客様からお願いします!と、メッセージが来て、

個別セッション→30万円の継続クライアントに変化した、

魔法のテーマが存在するのです。

 

そして、なんと、見込み顧客が良質な見込み顧客を連れてきてくれて、

普段では考えづらい、口コミの連鎖まで起こり始めたのです。

 

 

そんな魔法のテーマ。

 

それは何か。

 

 

誰しも興味を持ち、

そして、その話をしていくとお客様がコーチングを受けたくなる。

そして半ば自動的に口コミも起こり出す。

そんな話が存在するのです。

 

 

 

それが

 

です。
 

コーチングに興味がないでも反応してしまう魔法のテーマ。

そのテーマを本書を通じてお伝えします。


具体的には
 
・◯◯をするとなぜ人が集まるのか

・◯◯をするとなぜコーチングの必要性を感じるのか

・◯◯をすると、なぜあなたのクライアントになるのか

 

をお伝えさせていただきます。



ここには 

私が今までビジネスで成功・失敗してきた経験。

全ての本質的なエッセンスをつぎ込んでいます。

 

もし、あなたが体験セッションへの集客や、クライアントの獲得に困っているのであれば、

私のお伝えする話はお役に立てるということを確信しています。

 

 

著者紹介

マネバナラウンジ/お⾦の⼤学 代表 ⾼⽥洋平

慶應義塾⼤学卒業後、⼀部上場企業に⼊社。

FXで成功するが、お⾦を稼ぐこと、増やすことが幸せに結びつかないこと、⾃分⾃⾝の⽬的を持っ

て活動することの⼤切さを学ぶ。

FXコンサルタントとして独⽴後、資産形成のプロフェッショナルの仲間たちとお⾦の⼤学を設⽴。

それぞれの講師陣が教えていた共通のエッセンス、本質を⼊れ込み、「マネバナ」を開発。

150⼈セミナーから、500⼈セミナーまでを成功させたが、⼀⼈ひとりとの関係性、そして、

ビジョン、⼈間関係の⼤切さに気づく。現在は、マネバナラウンジの代表として、お⾦を稼ぐこ

と、使うこと、増やすことに対する「感情」を良くすること。そして、「お⾦病」を払拭し、⼀⼈

ひとりがビジョンを持ち挑戦していけるような社会を作り出すことを⽬的に活動している。

⽬標

・2021年までに100万⼈にマネバナをしてもらうこと

・ オリンピックで世界中の⼈とマネバナをすること

・ マネバナトランプ、マネバナノートを各家庭の必需品とすること