このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではヘッダー部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングヘッダーブロックの編集」もご覧ください。
0120-013-145
受付時間:8:00~17:30

広島県の住宅解体ならダイイチ企業

広島の産廃は有限会社ダイイチ企業
有限会社ダイイチ企業は安全第一を最優先に近隣の方々にご迷惑をおかけすることがない様、作業員全員常に配慮をモットーに作業を行っています。
女性

日本の空き家の現状

現状空き家率は13.6%と過去最高
空き家の割合は年々増えている状況で、総務省の平成30年住宅・土地統計調査によると、空き家率は13.6%と過去最高となっています。
これは昭和38年から常に増加し続けている状況です。
13.6%とは、戸数にすると848万9千戸で、数にするとかなり多いことがわかります。
空き家の内訳として、賃貸用の住宅が432万7千戸、売却用の住宅が29万3千戸、別荘などの二次的住宅が38万1千戸、その他住宅が348万7千戸です。
その他住宅とは、転勤や入院などで居住住宅が長期にわたって不在の住宅や建て替えなどのため取り壊す予定となっている住宅、空き家の区分判断が困難な住宅などが含まれます。

空き家放置の危険性

資産価値が下がる
資産価値が下がる
当然のことですが、土地と異なり、家屋は時間の経過とともに劣化していきます。
特に日本では、一戸建ては木造が一般的であるため、換気が不十分な状態になったり、管理が適切になされていなかったりすると劣化のスピードは速まることでしょう。
不動産としての資産価値は、確実に失われていきます。
売却しようと思ったときには、すでに廃屋同様でまったく買い手がつかないことになるでしょう。
景観の悪化
景観の悪化
これまで述べてきたように空き家を放置し続けると、建物は老朽化によって幽霊屋敷状態。
敷地は、雑草が伸び放題、ゴミだらけのうえ、悪臭が漂い、害虫・害獣の巣窟といった想像を絶するような状況になることもあります。
このような空き家が近くにあるところに大切な住まいを求めたいと思う人はいるでしょうか。
普通はいません。本来あるべき適正な価格では購入してもらえず、格安な取引を強いられることになると思われます。
放火などの犯罪のリスク
放火などの犯罪のリスク
平成29年における国内の総出火件数は、39,198件にのぼり、前年よりも6.4%増加しています。
驚くことに「放火」が8.8%と二番目に多い出火原因となっています。
空き家は、人目につかないうえ、燃えやすいゴミ、枯れ草などが散乱していることが少なくありません。
放火犯の恰好の餌食になりやすいといえます。
放火によって周囲の家屋に延焼した場合、ゴミや枯れ草の放置など、所有者が延焼の原因を作ったと認められれば、重大な過失があったとして莫大な損害賠償責任を負うことも考えられるでしょう。
老朽化による倒壊
老朽化による倒壊
老朽化の進行で屋根、外壁の建材が傷んで剥がれ落ちることがあります。
また、シロアリによる土台の腐食が進むと、建物自体が傾いて倒壊の危険性が高まります。
実際に地震や台風で倒壊した例もあります。
屋根や壁が剥がれたり、倒壊したりしたことによって、周囲の建物を損傷させてしまうことも考えられます。
運悪く、通行中の人が負傷することもありえます。
老朽化による倒壊
老朽化による倒壊
老朽化の進行で屋根、外壁の建材が傷んで剥がれ落ちることがあります。
また、シロアリによる土台の腐食が進むと、建物自体が傾いて倒壊の危険性が高まります。
実際に地震や台風で倒壊した例もあります。
屋根や壁が剥がれたり、倒壊したりしたことによって、周囲の建物を損傷させてしまうことも考えられます。
運悪く、通行中の人が負傷することもありえます。

解体工事業

有限会社ダイイチ企業の解体部門

お施主様に喜んでいただける事を目標に足場組立・整地まで徹底した現場管理・安全管理をおこなって確かな評価を得つつあります。
解体の工事において、料金が安いということで お決めになる方もいらっしゃいますが、果たして廃棄物は適正に処理 されているのでしょうか?
料金が安いということは必然的に、工期を 短縮しなければなりませんし、作業も雑になり、廃棄物処分費を抑えるために不法投棄を行っているところも全国的に少なくありません。
当社は、大手ハウスメーカーとお取引させて頂く中で 厳しい管理体制の中、安全に適正に解体工事をおこなっております。


ダイイチの5つの約束

広島でお客様満足度業界一番追求
全てのお客様から絶対的な信頼をして頂ける、お客様に喜んでいただける業務を展開してゆきます。
与えて頂いた仕事を、責任もってやらせていただく事は当然のことです。
「お客様のため」に「もっと何をするべきか」を常に考え、決めたことを迅速に行動致します。
環境アドバイザー
全お客様の環境アドバイザーを目指します

産業廃棄物を扱うプロ集団、解体工事を行うプロ集団としての専門的な技術・知識を向上させていきます。
社内にこんなプロがほしいと思われるようなアドバイザーとして、廃棄物処理コストの削減、分別指導、法令厳守(コンプライアンス)の徹底に関してサポートしていきます。

リサイクル率向上
リサイクル率向上を追求し続けます
リサイクル率向上のために、廃棄物処理方法を追及し続けます。そのために、処理工場内での分別を徹底すること、お客様に対してもリサイクル率向上のための情報提供を実施いたします。
気持ちの良い仕事
「気持ちの良い」「爽やかな」思いを提供
お客様から「そこまでやってくれるの?」といわれるまでダイイチ企業は取り組んでおります。
お客様から「また仕事を頼もう」「また君に来てもらいたい」「また君に会いたい」と言われる気持ちの良い仕事をします。
そのために、とるべき態度を考えて行動します。
安全で生産性の高い業務
安全で生産性の高い業務で取り組みます
ダイイチ企業では、現場での日々のKY(危険予知)活動の徹底はもちろんのこと、月に1度安全会議を行い労働災害の撲滅及びクレームが起こらない現場づくりに努めています。
そのために、何をすべきか考えて行動いたします。
リサイクル率向上
リサイクル率向上を追求し続けます
リサイクル率向上のために、廃棄物処理方法を追及し続けます。そのために、処理工場内での分別を徹底すること、お客様に対してもリサイクル率向上のための情報提供を実施いたします。

解体業者の選び方

専門業者を選ぶ
専門業者を選ぶべし
もし家を建て替るとしたら、古い家の解体は住宅メーカーに依頼される方が多いと思います。解体など人生に何度もあることではありませんから、注目されなくても当然かもしれません。
でもそれがコストアップの原因で「建てる」ことが専門の会社は、「壊す」工事を解体業者に下請けに出します。
工事の原価に、間接経費が20%を上乗せされている事実もありました。 
だから、ダイイチは「解体専門業者」への分離発注をおすすめしています。
専門企業に依頼することで、間接経費を抑え、工事の内容も明らかになります。
詳しい見積もり
詳しい見積もりをとるべし

●見積書の内訳が見えますか?
口約束とドンブリ勘定はトラブルの素。明細のない見積もりや説明不十分のために、後から何度も費用追加になったり、予算オーバーしたりすることが少なくありません。一見わかりやすい坪単価計算も、工事の中身があいまいでは意味がありません。見積書で明示し、しっかり説明してもらえる工事業者を選びましょう。

●追加工事費用の説明はありましたか?
いくら事前に現地を調べて見積もっても、工事の途中に予想外の費用がかかることがあります。地中の障害物などの追加工事は仕方ないにしても、それが「知らないうちに増えていた」「いつの間にか料金が加算されていた」のでは困ります。事前に説明を受け、追加の必要が生じたら早めに見積明細を出してくれる工事業者を選びましょう。

現場スタッフも把握すべし
会社のしくみがしっかりしていても、
「現場に怖い人がやってきた!」「態度が乱暴で、掃除や挨拶をしない」
のでは困ります。
工事中の態度や現場管理はご近所づきあいに関わること。
だからこそ、安心できるスタッフかどうかを事前にチェックしておきたいものです。
工事スタッフの紹介を受けたり、名簿提出してくれる業者を選ぶことをおすすめします。
法令遵守企業を選ぶべし

建設リサイクル法では、述べ床面積が80m2 を超える場合、届出業者以外が工事をすることは許されていません。また、工事で出る廃棄物の処理は廃棄物処理法によって定められており、任せた業者が不法投棄をしたら、施工主(解体工事発注者)が罰せられることもあります。 トラブルを起こさないために、下記のような内容を確認し、誠実な企業を選びましょう。

●法的要求事項
行政に提出する届出書には、工事内容と廃棄物の処理に関する 説明を受けた日を記入することになっています。 確認印は内容を確認してから捺印しましょう。

●運ぶ業者の産業廃棄物収集運搬業許可書の確認
産業廃棄物の収集と運搬を許可されている業者かどうか

●マニフェストの確認
廃棄物の運搬や処理を業者に依頼する場合に必要な書類です。 適切に発行されているか確認しましょう。

詳しい見積もり
詳しい見積もりをとるべし

●見積書の内訳が見えますか?
口約束とドンブリ勘定はトラブルの素。明細のない見積もりや説明不十分のために、後から何度も費用追加になったり、予算オーバーしたりすることが少なくありません。一見わかりやすい坪単価計算も、工事の中身があいまいでは意味がありません。見積書で明示し、しっかり説明してもらえる工事業者を選びましょう。

●追加工事費用の説明はありましたか?
いくら事前に現地を調べて見積もっても、工事の途中に予想外の費用がかかることがあります。地中の障害物などの追加工事は仕方ないにしても、それが「知らないうちに増えていた」「いつの間にか料金が加算されていた」のでは困ります。事前に説明を受け、追加の必要が生じたら早めに見積明細を出してくれる工事業者を選びましょう。

広島県内全域対応のダイイチ企業

近年は、この古家を解体せずに宅地販売をするケースが多く見受けられます。
それは解体費がかからない事や、リフォームして住んでくれる人がいるかもしれないと考えるからです。
解体費用は、大きな金額を占めるので、自分で解体業者をみつける人もいます。
自分で解体業者を探して依頼することになんら問題はありませんが、ただ単に費用の比較だけでは、いざ工事が始まってからトラブルになってしまうこともあります。
そうなる前にまずは『有限会社 ダイイチ企業』にお問い合わせください。

解体工事の流れ

STEP
1
足場養生シート設置
当社は近隣への配慮また騒音低減のため防音シートを標準使用します。
STEP
2
内装材撤去作業
建物解体前に内装部材の撤去をします。
STEP
3
屋根材撤去作業
建物解体前に屋根材の撤去をします。
STEP
4
解体重機現場搬入作業
いよいよ、本格的な解体作業が始まります。
STEP
5
上屋重機解体作業
ホコリの飛散防止のため散水作業を行います。
STEP
6
建物基礎撤去作業
同時に地中埋設物も撤去します。
STEP
7
廃棄物積込み搬出作業
分別作業を行い、決められた処分場に持込み処理を行います。
STEP
8
解体使用重機の搬出作業
主な解体作業はこれで終了です。
STEP
9
整地完了
整地作業及び近隣の清掃作業を行い作業完了です。
STEP
2
内装材撤去作業
建物解体前に内装部材の撤去をします。

よくある質問

  • Q
    故郷に使っていない家があります。
    解体したいのですが、近隣あいさつはどうなりますか?
    A
    施工前および完工後に、施工監督や営業員により、近所への挨拶をさせて頂きます。
    ご近所の方からの質問にもお答えし、不安の無いように対応いたします。
  • Q
    見積りの後、追加料金が出る可能性はありますか?
    A
    事前のお打ち合せになかった工事や状況が発生した場合、追加になる可能性があります。
    ただし、必ず再度お見積り・ご相談させていただきますので、「知らないうちにコスト増になっていた」ということはありません。
    また、作業者、重機は現場にありますから、格安で実施できます。
  • Q
    解体で出た粗大ゴミなどの処分はお願いできますか?
    A
    家庭から出た廃棄物は、一般廃棄物とされ産業廃棄物とは区別されています。
    当社にて、信頼できる一般廃棄物収集業者をご紹介しますのでご安心下さい。
  • Q
    工期はどれくらいですか?
    A
    建物の立地条件や天候によって異なりますが、一般家庭で延床面積が30~40坪前後のものでしたら、1週間から10日間程度となります。
  • Q
    見積りの後、追加料金が出る可能性はありますか?
    A
    事前のお打ち合せになかった工事や状況が発生した場合、追加になる可能性があります。
    ただし、必ず再度お見積り・ご相談させていただきますので、「知らないうちにコスト増になっていた」ということはありません。
    また、作業者、重機は現場にありますから、格安で実施できます。

広島県の住宅解体ならダイイチ企業

広島の産廃は有限会社ダイイチ企業
有限会社ダイイチ企業は安全第一を最優先に近隣の方々にご迷惑をおかけすることがない様、作業員全員常に配慮をモットーに作業を行っています。
女性

会社概要

会社名 有限会社 ダイイチ企業
住所 〒739-1521
広島市安佐北区白木町三田字小椿1521-3
TEL 0120-013-145
082-829-1270
FAX 082-829-1283
代表者 小川 勲
許可番号 産業廃棄物収集運搬許可番号
第7310027085号
産業廃棄物処分業許可番号
第7320027085号
広島県知事許可(般-25)第32512号
対応エリア 広島市・呉市・竹原市・三原市・尾道市・福山市・府中市・三次市・庄原市・大竹市・東広島市・廿日市市・安芸高田市・江田島市・府中町・海田町・熊野町・坂町・安芸太田町・北広島町・大崎上島町・世羅町・神石高原町
リンク http://www.daiichi-kigyo.co.jp/
http://www.kaitai-hiroshima.com/
リンク http://www.daiichi-kigyo.co.jp/
http://www.kaitai-hiroshima.com/

皆様へメッセージ

代表取締役 小川 勲

この度、有限会社ダイイチ企業の代表取締役に就任いたしました、小川勲です。
私は、広島県府中市を中心に備後地域において一般及び産業廃棄物の収集・中間処理業を行っていますが、この度、縁あって株式譲渡により、(有)ダイイチ企業をオガワエコノスのグループ企業とさせていただきました。
これからは、思いを一つに「いい会社」を目指して、お互いの得意分野を発揮して、お客様から選んでいただける会社にしていきたいと思っています。その為にも、社員一人一人が品格を高め、誇りと喜びを持って働ける会社づくりを行っていきます。
自然界と同じように、時代に対応していない企業は生き残れないと考えております。
これからも時代に対応した新しい取組を続け、お客様から「任せて安心」と言っていただけるように、社員一同、力を合わせて頑張ってまいります。
今後とも変わらぬご愛顧をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信