第二海援隊
株式会社第二海援隊は、東京都千代田区の御茶ノ水に本社を構える会社です。
代表取締役社長は、経済評論家として活躍している浅井隆氏です。
第二海援隊とは、いったいどんな事業を行っているのか、企業理念はどんなものなのか調べてみました。

第二海援隊の企業理念とは

日本はいま重大な転換期にさしかかっています。
しかしながら、私たちはこの極東の島国の上で独りよがりのパラダイムにどっぷり浸かって、まだ太平の世を謳歌しています。

世界はもう動き始めています。

いま日本に必要なのは、技術でも資本でもありません。
志をもって大変革を遂げることのできる人物と、それを支える情報です。

まさに、情報こそ"力"なのです。

本物の情報を発信するための「総合情報商社」及び「出版社」こそ、いまの日本に最も必要と気付き、第二海援隊は、自らそれを興そうと決心しました。

社名の由来

21世紀の海援隊

今でこそ日本は債権大国となりましたが、今日本に一番必要なのは技術とか資本ではなく「志」を持って大変革を遂げることができる人物と、その人物を支える情報だと思いました。そこで代表の浅井隆氏は「二十一世紀の海援隊」の必要性を提唱して会社名を第二海援隊としました。

※海援隊とは
海援隊(かいえんたい)は、江戸時代後期の幕末に、土佐藩脱藩の浪士である坂本龍馬が中心となり結成した組織である。1865年から1868年まで3年余りに亘り、私設海軍・貿易など、薩摩藩などからの資金援助も受け、近代的な株式会社に類似した組織、商社活動としても評価されている。運輸、開拓、本藩の応援、射利、投機、教育(修行科目 政法・火技・航海・汽機・語学等)等、隊の自活運営、政治・商事活動を行った。

代表取締役社長 浅井隆 氏はどんな人物?

経済ジャーナリスト 浅井隆

  • 1954年生まれ
  • 東京都出身
  • 早稲田大学政治経済学部を中退後、毎日新聞社に入社
  • 記者の傍ら、執筆活動も行う
  • 1990年東京市場暴落の謎に迫る取材で、一大センセーションを巻き起こす
  • バブル崩壊後の超円高や平成不況の長期化、金融機関の破綻など数々の経済予測を的中させてベストセラーを多発し、1994年に独立
  • 1996年、21世紀型情報商社「第二海援隊」を設立
  • 2005年7月、「再生日本21」を立ち上げる

浅井隆 氏の主な著書

  • 『NTTが核攻撃される日 Network mystery』フットワーク出版
  • 『アメリカの罠 日本経済殲滅計画』フットワーク出版
  • 『仕組まれた湾岸戦争 ブッシュが仕掛けた「第2の真珠湾」』東洋経済新報社 1991
  • 『証券業界腐敗の構造 「アメリカ政府-大蔵省-証券業界」-見えざる癒着の構図とは』ベストセラーズ 1991
  • 『アメリカより「愛」をこめて 日米経済諜報ウォーズ』フットワーク出版 1992
  • 『日本発、世界大恐慌! あなたは財産を守れるか? 日経平均4000円、前代未聞の大不況』徳間書店 1992
  • 『大不況サバイバル読本 ’95年から始まる"危機"を生き残るために』徳間書店 1993
  • 『'95年の衝撃 恐慌か超インフレか』総合法令 1994
  • 『天変地異の法則 危機こそ最大のビジネスチャンス』学習研究社 1994
  • 『経済の衝撃』総合法令出版 1995
  • 『大世紀末シンドローム 日本に未来はあるか!?』徳間書店 1995
  • 『97年の逆襲 国家破産か、超食糧危機か』第二海援隊 1996
  • 『チャイナ・プロブレム 中国は21世紀の厄介な隣人?!』徳間書店 
その他、多数出版

第二海援隊の事業紹介

出版

第二海援隊では、多くの経済・政治・ビジネス書を出版しています。
日本経済や世界経済、近未来リアルシミュレーションなど、これからを生き抜くための情報がつまっています。

DKTリアルエステート

DKTリアルエステートは、不動産コンサルティング・情報提供サービスです。


年金を補完する不動産経営によるインカム収入。 
長期においても値崩れせずに、安定的なインカム収入を狙える情報を提供をしています。
 
特別レクチャーの開催や、不動産投資に関する電話での簡易相談もあります。

また浅井隆氏が信頼する不動産コンサルタントも紹介してもらえます。
(初回相談は無料)

経済トレンドレポート

浅井隆が監修する、「経済トレンドレポート」を会員制にて10日に1回情報を提供しています。

激動の21世紀を生き残るために役立つ「本物の情報」を提供する会員制のサービスです。

このレポートは浅井隆氏が取材した情報、また人脈を通じて入手した情報をいち早くレポートにしたものです。

セミナーの開催

浅井隆氏による、セミナーの開催や、海外視察ツアーなども行っている。
直接、本物の生きた情報を聞くことができます。

出版

第二海援隊では、多くの経済・政治・ビジネス書を出版しています。
日本経済や世界経済、近未来リアルシミュレーションなど、これからを生き抜くための情報がつまっています。

メディア掲載情報

第二海援隊が掲載されているサイトは?

第二海援隊が取り上げられている掲載情報を集めてみました。

  • 企業が知ってほしい情報を自由に発信する取材メディア「ジョブアピ」
  • 日本最大級の経営者インタビューサイト「情熱社長」。今の日本を担う情熱的な経営者から、今後の日本を担う若者に向けてのメッセージを掲載しているサイト。

上記のサイトが見つかりました。
両サイトとも、第二海援隊がどのような企業なのか、浅井隆氏はどんな人物なのか、知ることができる内容です。

第二海援隊の会社概要

社名 株式会社 第二海援隊
所在地 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-5-1住友不動産御茶ノ水ファーストビル8階
電話番号 03-3291-6106
設立 1996年1月26日
資本金 4億2900万円
代表者 代表取締役社長 浅井 隆
子会社 株式会社 日本インベストメント・リサーチ
関連会社 株式会社 再生日本21
事業内容 出版(ビジネス書中心) 、 会員制情報サービス(浅井情報ネットワーク) 、 塾・ セミナー、 海外視察ツアー、コンサルティング
所在地 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-5-1住友不動産御茶ノ水ファーストビル8階

第二海援隊のアクセス情報

株式会社第二海援隊

tel 03-3291-6106

第二海援隊の採用情報

アルバイト

第二海援隊の採用情報を調べてみたところ、現在は第二海援隊の子会社である日本インベストメント・リサーチでアルバイトを募集しているようです。

経済ジャーナリスト浅井隆が運営する投資助言・代理業 
「(株)日本インベストメント・リサーチ」でのお仕事です。 

※1.(株)日本インベストメント・リサーチは㈱第二海援隊の100%子会社です。 
※2.弊社グループはアジア最大級の独立系投資助言・代理業の会社です。 

【業種】金融(投資助言・代理業) 

【募集内容】アルバイト(平日週5日)若干名 

【仕事内容】事務一般。簡単な電話応対を含む 
※飛び込み営業、電話営業はございません。 

【応募要件】AFP・FP2級取得者以上の方を優遇 

【給与・待遇】上記資格保有者は時給1,300円以上(非保有者は1,100円以上) 

【勤務地・勤務時間】本社:千代田区、9:30~18:30

【応募方法】履歴書を下記までご送付下さい。 

【送付先】〒101-0062東京都千代田区神田駿河台2-5-1
住友不動産御茶ノ水ファーストビル8F 
㈱第二海援隊内 ㈱日本インベストメント・リサーチ 
採用担当:稲垣 TEL03-3291-7291

※AFP・FP2級取得者以上の方の場合(アルバイト中の取得でも構いません)、将来正社員雇用の可能性もあります。詳しくはご連絡ください。