”オーストラリアに住む看護師ブロニー・ウェアは終末期患者をたくさん見てきた中で「人が死ぬ直前に感じる後悔」はこの5つが多いと言った。”

【死ぬ瞬間の五つの後悔 】
1「他人の期待に沿うための人生ではなく、自分がやりたいことをやっておけばよかった」
2「仕事ばかりしなければよかった」
3「自分の本心を伝えておけばよかった」
4「友だちと連絡を絶やさないでおけばよかった」
5「自分を幸せにしてやればよかった」


今の自分が
・どうしてこのような考え方になってしまったのか
・どうしてこのような行動を取ってしまうようになったのか
・どうしてこのような発言をしてしまうようになったのか

その答えの全ては、自分の心の中にあります。

これからは、これ以上我慢しなくても大丈夫です。
これ以上自分を追い込まなくても大丈夫です。

自分しか知らないその重要な答え・・・
私と一緒に探していきましょう。

初めまして。

私は社会人を中心としたコーチングを行なっている高橋悠と申します。
学生の頃から文武両道を貫き、大学ではサッカー関西代表・4年間授業料全額免除など様々な場面で好成績を残し、一際目立つ存在でした。
周囲の期待が募る中、就職先に選んだ大手商社。
学生時代同様「周りの期待に応えないと!」と頑張り続けていた2ヶ月目・・・気づけば会社を休んでいる自分がいました。
当時の私は”頑張りすぎにより、うつ病の一歩手前”まで来てしまっていたんです。
ですが「絶対に人生を変えてみせる!」と、総額600万以上をかけて心理学やコーチング・起業などを勉強し、2019年1月満を辞して独立しました。
「1人1人が自分らしく自然体でチャレンジでき“最高の自分”と出会う感動を提供する」
というミッションの元、大阪市内で活動をしており、創立1年足らずで20名以上のクライアントを担当しています。
父親のように強く背中を押しつつ、母親のように全てを受け入れる・・・
チャレンジの機会を与えながら、クライアントが安心して帰ってこられる場所作りもしています。
今世の中でよく聞くカウンセリング・コーチング・コンサルティング・自己啓発とはどう違うのか。
・カウンセリング(聞くだけ)
 →個人の持つ悩みや不安の傾聴

・コーチング(クライアントから答えを引き出す)
 →目標を達成のために必要となる能力や行動をコミュニケーションによって、クライアント自身から引き出す

・コンサルティング(コンサルタントの知識と経験で指導)
 →知識や経験に基づいて、問題に対する解決策を提示しその発展や成長を助ける

・自己啓発(大衆向けの一般論)
 →人間の潜在的な能力を引き出すための一般的な方法