各役職業務内容

マネージャー業務

・経営者(加納)と共に予算ベースでの経営戦略立案と店長への落とし込み
・予算ベースでのシフト、有給管理
・各店舗とスタイリスト個々の売上の把握と提案
・技術統括、指導
・日々のアシスタント人員配置
・サロンで扱う商品の情報管理
・コスト管理 ・店長へのアドバイザー
・店長では対応不可なクレーム対応
・管理者会議の参加
・随時追加
















店長(フロアマネージャー)業務

店長の役割は大きく分けると3つ

1.人材育成・管理
2.日々の店舗運営
3.顧客満足度の向上


【店長に必要な能力と業務】

・経営理念の理解と共有

・経営理念を部下に伝えていく

・率先垂範

・リーダーとしての自覚をもつ

 (課題・問題から逃げずに対応する)

・判断

 (多種多様な問題を検討し、ぶれずに主体的に最善の判断をし決断する)

・課題発見

 (組織、店舗の課題を認識し、達成すべき目標を立てる)

・計画立案

 (目標達成の為の手段を選択し、計画を立てる)

・リスク発見・対応

 (冷静に何がリスクかを常に認識し、回避行動をとる)

・顧客満足

 (顧客など組織外の関係者の期待に応える)

・調整・交渉

 (組織内外の利害関係者に対して交渉、調整を行う)

・サロン運営

 (サロンメンバーとコミュニケーションを取りながら動き、部下の能力を活用する。幹部同士のコミュニケーションは必須)

・日々の売上入金

・レジ金管理

・月末〆業務

・クレーム対応
(自らでは処理出来ないもしくは危なそうな案件は即マネージャーor加納に連絡。処理できたものもLINEでマネージャーと加納に報告し共有)

・各店と店長以下のスタイリストの売上把握と共有
(〆日に各STに実績表を渡す)

・売上報告
(日々の売上をレジ締めが終了した時点でレジ締めをしたスタッフがすぐにMGR.店長にLINEで報告)

・スタッフの服装や動き言葉などは常に厳しく管理、指導

・程よくラフな接客で明るく清潔なサロンを常に心がける
(サロンの雰囲気は店長の鏡です)

・フリーの振り分け
(デビュー後10カ月は優先的に、その後は新規リピートベースで)

・レッスンの進捗状況把握

・技術ミス、杜撰な接客、スタッフの陰口に対しては厳しく指導

・管理者会議出席

・スタッフの技術、接客管理

・前日の売上が相違ないかPOSでチェック

・サロンボードのID、PASS管理

・店内美化係の管理

・HTP掲載スタイルのピックアップ作業

・スタッフのSNSの管理、行動促進

・STへのL.Rの指示

・随時追加


【悪い店長・嫌な店長の主な特徴を6つご紹介します】

1つ目は機嫌の悪さが顔に出ることです。
イライラしていて不機嫌な店長と仕事をしたいと思う人はいないでしょう。

2つ目は自分勝手にルールを作ることです。
店長自身がやりたくないために作ったルールなど大義のないルールについてはスタッフから簡単に見抜かれてしまいます。

3つ目は来客がない時間中ずっとパソコンをいじっていることです。
一見すると、問題なさそうに見える行動ですが、余裕がある時間帯にスタッフとのコミュニケーションを積極的にとらないことがスタッフの不満につながる可能性があります。また、パソコンで何をしているのだろうと不信感を持たれる原因にもなります。

4つ目はやたら外出することです。
さぼっているように見えるということでしょう。外出時にはスタッフに行先や目的を告げることが信頼につながります。

5つ目は休みを与えないなどスタッフに過酷な労働を強いることです。
スタッフを消耗品のように扱う姿勢では信頼は得られません。

6つ目は公平さに欠ける評価や行動をすることです。
特定のスタッフをえこひいきすると信頼を失うことになるでしょう。これらのポイントに気を付けることでよい店長に近づけるはずです。












アシスタントリーダー業務

・半期で交代予定(継続もあり)

・他ASを指揮し、常に全体の状況を把握

・手の空いているASに何かしらの仕事を振る(幹部が振る場合もあり)

・ASへのL,Rの指示(ASRが不在の場合は幹部が指示)

・ASMTGのまとめ、進行、店舗MTGでの発表(幹部に議事録提出)

・新人教育

・ASMTGの日程決定

・その日の営業で気になった事や、各スタッフに対して思う事や伝えるべきことを店長にlineする。

・幹部が把握しきれないであろうASの言動、行動の教育

・随時追加














仕入れ / 計数管理業務

※メインと補佐は半年で交代可

【メイン業務】

・発注

・納品書ベースでの計算

・計数管理

・在庫管理

・随時追加

【補佐業務】

・メインが休日の日の発注(日仏とコタのみ)

・納品、仕分け(2Fと5F)

・サンプル、セミナーなどの新しい情報を全体LINEにて共有

・日々のカラー剤、その他、商品(WEB以外)などの画像

(メイン不在フロアのみ)

・随時追加












小口管理業務

・備品、消耗品の補充(可能なモノは極力WEBにて購入)

・名刺、クロス等の備品在庫管理(適正在庫数は津村マネージャーと決めて下さい)

・月末〆作業

・小口金の管理

・随時追加












感染症対策業務

・アルコール、除菌シート等感染症対策に使用しているモノ全ての管理と補充

・世論を踏まえてのTKへの提案

・サロンワーク中のスタッフの感染症対策への管理と意見

・全日本美容業生活衛生同業組合連合会が提唱しているガイドラインの把握

・随時追加



新型コロナウイルスの影響で、今までの当たり前にしていた事やサービスが、喜ばれないものになっているかもしれません。

今回の事をきっかけにし、価値観が大きく変わっている可能性があります。

今まで誰も経験したことのない状況、何が正解かも分からない状態、日々模素、

そして感染症に対しての価値観も様々です。

だからこそ、他のサロンがやっていることをただマネするのではなく、自店のお客さまに合わせて考え出していくことが必要かなと思います。

ただ実施するだけではなく、1つ1つのサービス·行動に対して、

「なぜこうするのか?」「なぜした方が良いのか?」という意味を考えていくこと、

大変な状況ですが、本当にお客さまが求めているものは何か?という視点を改めて鍛えていける良いきっかけに変換していきましょう。


【現在スタッフ間で徹底している事】

・フロア全体の除菌

・営業中、営業外のマスク装着徹底 

・フロント、待合などにアルコール除菌設置(空になる事が無い様に管理)

※アルコールは70度以上のモノを使用












店内美化業務

・サロン内がごちゃごちゃしていて床に髪の毛が落ちた状態で角にホコリがあり、シャンプー台はなぜがカビ臭い。やたら壁や床にカラー剤が付いてたりと、空気もカビやホコリくさいサロンが世の中にはあります。

・美容室はお客様を綺麗にオシャレにして満足してもらう為にあるにもかかわらず、世の中にはやたら美化がなってない美容室が多々あります。

・店舗の美化を見ればそのお店のランクがわかるのは飲食だけではなく美容室もそうです。

・汚い=不信となり、綺麗=信用に繋がります。


【業務内容】

・終盤の掃除含む掃除の指示全般

・掃除表の作成

・掃除用具の管理

・サロン内の備品、設備などを汚しているスタッフを見かけたら即注意して下さい。

大阪で一番美化の行き届いてるサロンにするという想いで取り組んで下さい。

・マニュアルや仕組みなどは特に設けません。(むしろ日々重ねたスキルや課題からマニュアルや仕組みを構築して下さい)

・サロンワークに、必要なモノだけが置かれ、必要なモノがいつも同じ場所にあり、必要なモノやお客様の目に触れるモノが汚れのない状態である様に管理。

・営業中、営業前後の美化管理。

・必要な掃除道具などがあれば自らの判断で小口から購入。

・大掃除のスケージュリング調整、管理、実施

・随時追加