~学校は選択肢の一つ~
不登校は不幸じゃないin高知市
不登校は不幸じゃないin高知市

学校に行かなくてもええやか

ええやかとは土佐弁で別に「いいね」という意味。学校に行ってない。そんな君もええやか。でも…本当にこのまま行かなくてもいいのかな?って不安に思う人もいるかもしれません。同じ想いや悩みをもった人は全国にたくさんいます。その事を知るだけでも君の視野と選択肢がどんどん広がります。可能性は無限大です。辛いなら学校に行かなくても大丈夫。

プロジェクトについて

発起人 小幡和輝
「学校に行きたくない。」
僕は不登校でした。正直、学校の楽しい思い出はありません。
学校に友達はいなかったけど、僕には不登校のいとこがいました。不登校の友達がいました。
いま振り返って思うのは、不登校になった先に居場所があるかどうか。
それが、とても大切だということ。不登校は大丈夫だけど、引きこもりは良くないと思っています。たくさんの当事者と会うなかで感じるのは、学校に行かなくなっても友達がいる子、行かなくなったあとは1人で家に閉じこもっちゃう子。やっぱり友達が居る子の方が明るいんだよね。
人とほとんど会わなくなるといろいろ問題が出てくる。
笑い方がわかんなくなっちゃったって話も聞いたりするし、それは僕にも思い当たるところがある。これはさすがに良くないので、不登校になったあとの先をどうやって作るかが重要だ。
感情的に「辛かったら行かなくていいよ」というのは簡単だけど、僕は論理的にも「辛かったら行かなくていいよ」って言いたいです。
学校に行くのはあくまで選択肢。行かないという選択もあっていい。
そんな想いで自分のやれるところをいろいろやってきましたが、今年は大きく仕掛けたいと思っています。
9月1日。夏休みあけ。子どもの自殺が多くなる。
そんなバカなことがあってたまるか。
不登校を肯定するムーブメントを作ります。

小幡和輝公式ブログ

不登校は不幸じゃないin高知市 主催者

田埜惠美(たのめぐみ)

不登校の子どもの育児を経験している4児の母。保護者や子ども達の心のケアやセミナーなどを中心に活躍する傍ら、NPO法人GIFTの副理事も務め、高知県内に不登校の子どもたちにむけた居場所をつくっている。

福山慎一(ふくちゃん)

ゲームの一日中できるおじさん。大学時代のほとんどをモンスターハンターに費やしたおじさん。遊ぶの大好き。堅苦しいこと、めんどくさいは基本的に苦手分野です。外遊びも好きです。実は元小学校の先生です。

当日の流れ

趣旨:来たい人がきて自分の好きなことやる

【日時】 8月19日 10時~17時
【主な内容】
・10時~12時 座談会
 ※自己紹介みたいな堅苦しいことはしません。好きな時に来て好きなことをしよう。
 ※午前中であれば田埜がいますので、保護者の方や子ども達の相談にのれます。
・12時~13時 昼食
 もちろん強制ではないですが、きっとお腹は空くので自分達で作りましょう。
・13時15分~ 発起人 小幡和輝のライブ配信
・13時~17時 自由時間
 ※自由時間には自分の好きなこと(ゲーム、本、勉強、パソコンなど)をして過ごして下さい。無理に友達と一緒にすることはないです。でも同じ趣味の友達がいたらラッキー。スプラトゥーン好きな人いたら来て下さい。もし夏休みの宿題が出てたら持ってきたら手伝います。

【場所】ええや家ポケットクルム(下記地図を参考にして下さい。)
高知市朝倉己850-32
当日迷った場合は福山まで連絡下さい。連絡先は登録後個別でお送りします。
   
【参加費】無料(昼食込み)

【Wi-Fi】完備

当日朝起きてしんどかったらキャンセルもOKです。でもちょっと興味あったら遊びにきて下さい。(偽名でもOK)