アフィリエイターたちの憂鬱

アフィリエイトはブログやメルマガで効率的に不労所得を得ることが出来ます。
そのアフィリエイターたちが今、悩んでいるとの事ですが、一体どういった事でしょう?

アフィリエイターの現状

アフィリエイトとは、web上のブログやメールマガジンで商品を紹介したり、広告をクリックさせることによって紹介手数料や広告料を受け取る仕事である。

アフィリエイトが流行り初めのころは手軽に出来る小遣い稼ぎと言うことで流行した。しかも利点は、自分が働かない時間にも、アクセスは集まり、商品が売れるのだから、「不労所得」として騒がれたものだ。

ではどのくらいアフィリエイトで稼げるのだろうか?

アフィリエイトマーケティング協会の調査によると、アフィリエイトでの1ヶ月の収入は、全回答者 2,394 名のうち「収入なし」が 23.6%と突出し、「1000 円未満」が 17.4%であった。「収入なし」「1000 円未満」の 2 回答で約 40%を占めた。

一方で月 100 万円を超える割合が、全回答者の 10%超存在し、昨年度の約 2 倍の比率となった。

意外とアフィリエイターは稼げるように思えるかもしれないが、アンケートに答える人は稼げている人が多く、稼げていない人はアンケートを無視する傾向があるので、実際のデータは掴みにくい。




アフィリエイターは何が憂鬱なのか?

まじめにコツコツとブログを作成していけば、積み上げ式に不労所得が得られそうなアフィリエイト。では、一体何が憂鬱なのであろうか?

ある月収数百万のアフィリエイターの聞いてみた。すると下記のような回答を得た。

  1. SEOのアルゴリズムが変わるたびに、ブログの順位が下がる
  2. どんどんライバルが増えて、心が休まらない
  3. 自分に顧客リストが手に入らない
  4. 実はブログを書き続けないといけない
  5. 広告を出している場合は、資金繰りが心配
  6. 年とっても出来る仕事ではないので不安
  7. 一人での作業なのでとても孤独

要点をまとめると、不労所得だと思っていたが、実は労働収入のようなもので、いつ途切れるか不安だということだった。

アフィリエイターは継続収入を求めている

アフィリエイトは商品が一つ売れたら紹介料がもらえる。ただ、そのお客がその商品を毎月定期購入した場合、または別の高額商品を購入した場合は、紹介料が出ないケースがほとんどだ。

だからブログを書き続け、商品を売り続けるしかない。これは思った以上に労働収入だというのだ。

常に新しい情報を仕入れなければいけない。常に進化していかないといけない。

にもかかわらず、お客から感謝されることはない。気軽だが、孤独だ、と言うのだ。

今はいいが、いつ、この収入が途絶えるかはわからない。だから、継続的権利収入が欲しい、と言う。

アフィリエイターが取り組める権利収入の種類

アフィリエイターが取り組める権利収入タイプのビジネスは下記の通り。
  • アパート経営(不動産投資)
  • 株式投資などの金融投資
  • ネットワークビジネス
  • アパート経営(不動産投資)
もちろん、どちらにも一長一短、メリットデメリットがあります。安全確実でお金を稼ぎたいのなら、やはり給与所得タイプのアルバイトが良いでしょう。ただ、リスクは時間がなくなるということです。短い人生、時間の方がお金より大事だとも言えます。

不動産投資や株式投資に関しては、ある程度の資本が必要ですし、相当熟練した知識と経験が必要になってきます。稼げるまである程度の損失も覚悟しなければいけません。

ネットワークビジネスは、手軽に小資本で空いた時間に取り組めるというメリットがありますが、友達から嫌われたり、人脈が少なかったり、休みの時間が無くなったりと言うデメリットがあります。

しかし、アフィリエイターにはあえてネットワークビジネスをお勧めします。それは他の権利収入型の副業に比べてリスクが少ないからです。

リスクがあるのは、今までのネットワークビジネスのやり方が間違っていたからです。