補助金を活用してお風呂をリフォームしました

お風呂のリフォームをしたいと考えていたのですが、実際に無料見積もりを利用すると費用が高くなるので手が出ませんでした。

しかし、補助金を活用すれば実質的な負担額が大きく減ると言うことを知ったので、タウンライフリフォームに依頼してお風呂のリフォームをしました。

内容は、将来の老後に向けて使いやすいようにするために手すりを設置したり、床の材質を滑りにくいものに変更することでした。

床のリフォームが大きな金額となっていましたが、補助金を活用すると、後から一部の費用が返還されました。

おかげで安い費用でリフォームを行えたので非常に満足です。

お風呂のリフォームで補助金を得るための条件

浴室のリフォーム費用を補助金でお得にすることができるのをご存知でしょうか?住宅性能を向上させるリフォームを対象とした「長期優良住宅化リフォーム推進事業」でも補助金を申請することができます。

バリアフリー減税とは、一定の要件を満たすリフォーム工事を行った場合に、所得税の控除が受けられる制度です。介護保険のための住宅改修費用や、長期優良住宅化のためのリフォームには事前申請が必要です。

補助金を使ってお風呂のリフォームをしたのに、申請時期を間違えて補助金を受け取れなかったということは避けたいですよね。

必要な書類は補助金制度によって異なりますので、ここでは一般的に必要な書類をご紹介します。各補助金制度で必要な書類はこれだけではありませんので、事前に確認しておきましょう。

また、補助金や減税の申請方法は制度ごとに異なりますので、条件や申請方法をよく理解していないと、希望する補助金が受けられない可能性があります。

面倒な申請手続きを代行してくれる会社もありますので、申請手続きに慣れていない方は任せてみてはいかがでしょうか。

関西のリフォーム専門の工務店であるナサホームは、関西の補助金制度に精通しており、補助金を利用したいお客様のニーズに合ったリフォーム工事を提案することができます。

お風呂のリフォーム費用の相場と火災保険を利用するケース

火災保険を申請する場合、申請サポート会社を利用することをお勧めします。特に火災保険ナビは相談実績が豊富で、100万円以上の給付金を受け取られたお客様もいらっしゃいます。

在来工法の浴室は、ユニットバスに比べて解体の手間や基礎工事が必要なため、リフォームに時間がかかる傾向があります。下記の環境配慮型機器に交換するために浴室をリフォームする場合は、国の「長期優良住宅化リフォーム推進事業」の補助金制度を利用できる可能性があります。

浴室を下記のような環境に配慮した設備にリフォームする場合、「長期優良住宅化リフォーム推進事業」の補助金制度を利用することもできます。申請者は登録業者である必要がありますが、中には事業者登録を偽る悪質な業者もいます。

火災保険の申請サポート会社を利用するのが望ましいです。リフォームにかかる費用は100万円を超えることもありますが、補助金や火災保険を利用することで費用を抑えることができます。

火災保険の申請は、申請サポート会社を利用するのがおすすめです。数ある申請サポート会社の中でも、おすすめなのが「火災保険ナビ」です。

お風呂リフォームに使える補助金の種類と申請方法

今回は、お風呂のリフォームに利用できる補助金の種類と申請方法についてお伝えします。

国の補助金制度「長期優良住宅化リフォーム推進事業」では、住宅の性能を向上・維持させ、長く住み続けられるようにするためのリフォームに補助金を出しています。

バリアフリー改修は必須ではありませんが、補助対象工事に含まれます。補助単価の一覧はこちらからご覧いただけます。

国の補助金制度の申請手続きは要件が複雑で、提出する資料の作成にも時間がかかるため、以下のような業者を探すことをお勧めします。

ただし、これは各補助対象工事が明確に区分けされている場合に限ります。自治体が独自の補助制度を持っていて、その中に国からの補助を受けていないものがあれば、それを併用することも可能です。

ここでは、お風呂のリフォームに使える3種類の補助金を紹介しました。

介護保険、地方自治体の補助金・助成金、国の長期優良住宅化リフォーム推進事業 について、それぞれの対象となるリフォームの内容や補助金額、申請方法などをご紹介します。

自分が必要とするリフォームの内容と、補助金の額を比較してみるとよいでしょう。使えそうな補助金があれば、次のステップに進みましょう。

浴室リフォームの補助金における今後の見通し

浴室リフォームに利用できる補助金は、介護保険、長期優良住宅化推進事業、各自治体からの補助金の3種類です。

これらの補助金は、一戸建てでもマンションでも、今住んでいる家を省エネ性や耐震性の高い「長期優良住宅」にリフォームしたい人が申請することができます。

例えば、東京都八王子市では、「八王子市住環境整備補助金」として、浴室リフォームなどの「バリアフリー改修工事」が対象となっています。長期優良住宅のリフォームと同様に、各自治体が実施している補助金の中には、応募総数によって早期に終了するものもあります。

浴室リフォーム関連の3つの補助金のうち、「長期優良住宅化リフォーム推進事業」は、すでに閣議決定されている概算要求を見ても、前年度とほぼ同額となっているようです。

政府は中古住宅の有効活用を進めようとしていますが、ボロボロの中古住宅への入居を促しても、耐震性能や省エネ性能に問題があれば安心して住むことができず、コストがかかるばかりです。

そこで、「長期優良住宅化リフォーム推進事業」を立ち上げました。介護保険や各自治体の補助金などの影響もあり、少し先行きが不透明です。

良いリフォーム業者であれば、介護保険と国や地方自治体の補助金をうまく組み合わせて提案できるはずです。