こんな症状でお困りではないですか??

その症状もしかしたら糖尿病かもしれません。。


以下の項目に当てはまる方は糖尿病の可能性があります

  • 最近なんだか疲れやすい
  • 喉が渇きやすくなった
  • ここ最近おしっこに行く回数が増えた気がする
  • 手足がしびれている感じがする
  • 体重がここ最近減ってきた
  • 最近なんだか疲れやすい
  • 最近なんだか疲れやすい

日本人の6人に1人が糖尿病の可能性があります


厚生労働省の調査によると国内の糖尿病患者数は予備軍と合わせて約2000万人と推定されています(2014年国民健康・栄養調査)。ところが同じ調査で、その患者さんのうち治療を受けているの約65%と報告されています。つまり、糖尿病であることに気付かないでいる人や、気付いていても治療をしないでいる人が、いかに多いかがわかります。
 糖尿病は自覚症状が少ないためにこのような状況となっているのですが、治療しないでいると、やがて全身にさまざまな障害を起こすのがこの病気の特徴であり、恐ろしい点です。

糖尿病を放っておくと体に何が起きてしまうのか、、

血糖値が高いままの生活を続けると、血管がもろく、ボロボロになってしまいます。
そして、血糖値の高い状態が続くことで全身にネットワークを結んでいる血管と神経が侵され、適正な栄養の供給が途絶えて全身の臓器にさまざまな障害が起こってくるのです。
これを糖尿病の慢性合併症と呼びます。
糖尿病の慢性合併症には、大きく分けると細い血管にみられる合併症(細小血管障害)と、太い血管にみられる合併症(大血管障害)の2つがあります。

★細小血管障害
大きく分けて3つあります。俗にいう3大合併症というものです。
ひとつずつ見ていきましょう。

①糖尿病網膜症

網膜とはカメラで撮影するときのフィルムと同じです。
この網膜に障害が起こると、目で物を見る機能に異常があらわれます。糖尿病網膜症は、網膜内の血管に障害が起こり、視力の低下や最終的に失明を招く病気です。
年間3000人もの方が失明してしまう失明原因第2位の病気です。

 

②糖尿病腎症

腎臓というのは主に血圧の管理を行ったり、体内の毒素や老廃物を尿として排泄します。糖尿病腎症が進行すると、塩分やタンパク質の摂取量が厳しく制限された食事療法が必要になり、さらに症状が進むと、機械で毒素、老廃物を取り除く人工透析が必要になってきます。
糖尿病は透析原因の第1位です。 

③糖尿病神経障害

細い血管が障害されて血流が悪くなると、神経細胞への血液の供給が途絶えてしまい、自律神経障害が起こります。
熱い、冷たい、痛いなどの感覚が麻痺してしまいちょっとした足の傷や、ヤケドに気づかず、壊疽(えそ)になって足を切断することもあります。
その他にも、発汗異常、立ちくらみ、便通異常、膀胱障害、勃起障害などの症状があらわれます。

 

★大血管障害

高血糖の状態が続くと、太い血管では動脈硬化が加速します。
動脈硬化の進行はいずれ大血管障害をおこします。

大血管障害には大きく分けて脳梗塞、狭心症・心筋梗塞などや閉塞性動脈硬化症があります。

①脳梗塞

脳の血管に動脈硬化が起こると、脳梗塞や脳出血などのリスクが高くなります。脳梗塞が起こる頻度は、糖尿病でない人に比べて2~4倍高いといわれています。

②狭心症・心筋梗塞など

心臓の血管に動脈硬化が起こると、狭心症や心筋梗塞などのリスクが高くなります。ちなみに心筋梗塞を起こす頻度は、健康な人の3倍以上。
はっきりした自覚症状がないのもやっかいな特徴です。

③閉塞性動脈硬化症

足の太い血管に動脈硬化が起こり、血液の循環が悪くなって歩行が困難になります。悪化すると、痛みで歩けなくなり、やがて潰瘍、壊疽(えそ)を起こして、場合によっては足を切断することもあります。

糖尿病患者さんでは、この閉塞性動脈硬化症は10~15%と高い割合で合併します。

慢性合併症:その他

血管の障害から起こる合併症以外にも、高血糖の状態が続くことでさまざまな合併症が起こります。

糖尿病性足病変

糖尿病になると、細菌などに対する抵抗力が低下するため、白癬菌症(水虫)に感染しやすいといわれています。

また、糖尿病神経障害が進むと痛みを感じにくくなるため、低温ヤケドや、ちょっとした傷にも気づかず、化膿してからはじめて気づくことも多いのです。その結果、潰瘍や壊疽(えそ)になって足を切断することがあります。

「足:糖尿病性足病変の検査」へ歯周病

血糖コントロールがうまくいかないと、歯周病が悪化するといわれています。さらに、歯周病は心筋梗塞や呼吸器疾患、低体重児出産などを引き起こす誘因となる可能性も指摘されています。

歯周病は、とくに高齢の人や、タバコを吸う人、肥満の人、抵抗力が低下している人に起こりやすくなります。

認知症

高齢の糖尿病患者さんでは、アルツハイマー型認知症と脳血管性認知症の起きるリスクは、糖尿病でない高齢の人の2~4倍といわれています。

認知症になると、糖尿病の自己管理が難しくなることからも、合併症を悪化させないためのケアのうえでも大きな問題となっています。

糖尿病を進行させないためにはどうしたらいい?
はい。解決策はあります。

①食事

①糖尿病を予防する食事

糖尿病は肥満と密接な関わりがあるので、糖尿病予防のためには、食事を腹八分目に留めておくことが大切です。ゆっくりとよく噛んで食べる、ながら食いをしない、野菜などの低カロリーなものから食べるといった工夫をして食べ過ぎを防ぎましょう。

食事をすると一時的に血糖値が上昇するので、すい臓から「インスリン」が分泌されます。このため、食事と食事の間隔が短かったり、時間が不規則だったり、間食などをダラダラと食べ続けていたりすると、インスリンの分泌が乱れて、すい臓に負担をかけてしまいます。1日3食を規則正しく食べ、食事と食事の間は5~6時間空けるようにしましょう。

炭水化物・脂質・タンパク質・ビタミン・ミネラル・食物線維は、どれも私たちに必要不可欠な栄養素です。なかでも食物線維は、小腸での糖の吸収を遅らせて血糖値の急激な上昇を抑える働きがあります。野菜や海藻、豆類、きのこなどに豊富に含まれているので、これらの食材を積極的に摂るようにしましょう。

反対に、炭水化物(糖質)は体内で分解されてブドウ糖になるので、血糖値を急上昇させます。もちろん炭水化物も重要な栄養素ですが、丼ものとうどんのセットのように1度の食事で重ねて摂るのはよくありません。

また、穀類は白い食品よりも色味がある食品のほうが、食後に血糖が上がりにくい傾向があります。ご飯なら精白米よりも玄米や五穀米、麺類ならうどんよりも蕎麦、パンなら菓子パンや食パンよりもライ麦パンがおすすめです。

②運動

②糖尿病を予防する運動

筋肉が動くためにはエネルギーが必要なので、運動をすると血液中のブドウ糖を消費して、血糖値を下げられます。また、運動を継続して行っていると筋肉が充実してインスリンに対する感受性がよくなるので、血糖値を上がりにくくすることもできます。

こうした効果は運動するのに使った筋肉のみに現れるので、糖尿病予防のために運動をするなら、全身の筋肉をまんべんなく使えるウォーキングなどの「有酸素運動」がおすすめです。1日15~30分間、週に3~4日以上を目安に有酸素運動をする習慣をつけましょう。血糖値の上昇を抑えるためには、食後1時間くらい経ってから運動をすると効果的です。

③生活習慣改善

③糖尿病を予防する生活習慣

適度な飲酒は糖尿病の発病に抑制的に働く可能性があるともいわれますが、アルコール自体が一時的に血糖値を上昇させるうえに、アルコール飲料には糖質が豊富なものが多いことを忘れてはいけません。飲み過ぎると大量のインスリンを消費し、すい臓に負担をかけます。また、お酒を飲むと食が進みやすいので、肥満を招く要因にもなります。お酒を飲むなら、ほどほどにしておきましょう。

タバコやストレス、睡眠不足は、血糖値を上昇させるホルモンや、インスリンの働きを低下するホルモンの分泌を促します。また、ストレスや睡眠不足は肥満の要因にもなります。「禁煙・ストレス解消・十分な睡眠時間の確保」を心がけましょう。

今からでも遅くはありません
当院で一緒糖尿病を予防、治療してきませんか??
当院では糖尿病治療に特に力を入れています。
20年後も30年後も今と変わらず元気な暮らしができるように、スタッフと一緒に糖尿病に取り組んでいきませんか??

当院では
糖尿病セミナーを定期的に開催しています。

こんなかたにおススメです。あなたがあてはまる悩みありませんか??

☑血糖値が高いといわれたけど、何が体に悪いのかわからない
☑家族や知り合いで糖尿病と言われた人がいるけど、糖尿病ってよくわからない
☑すでに糖尿病と診断されているけど、自覚症状もなくどうしたらいいかわからない
☑糖尿病は合併症が怖いというのは聞いたことがるけど、何が怖いんだろう
☑そもそも糖尿病についてよくわからない
☑糖尿病の治療方法(食事、運動、薬)について具体的に知りたい
☑20年先も、糖尿病からの合併症をおこすことなく、元気な人生を送りたい

糖尿病セミナーは毎回20人限定で行います

院内で行うため人数は20人限定で行わせていただきます。
お申し込み希望の方は今すぐにお電話、FAXください。
電話番号:047-404-1183
FAX:047-404-1184


当院では生活習慣病(高血圧、脂質異常症、痛風)などに関しても無料セミナーを開催しています

見出し

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

ボタン

糖尿病に関連したセミナーについて

当院では生活習慣病(高血圧、脂質異常症、痛風など)についても随時セミナーを開催しています。

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

ボタン

見出し

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

キャッチコピー

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

購入ボタン

スマichiの特長
早く作れる
わずか数十分でページ公開
簡単なホームページやランディングページであれば「ホームページを作成したい」と思ってほんの数十分でホームページを全世界に公開できます。
スマホ対応
PCからホームページを作ってしまえば、PC、スマホ、タブレット、全てのデバイスで自動的に最適化されキレイに表示されます。デバイス毎にホームページやランディングページを作る煩わしさは一切ありません。
豊富なデザイン
デザインが不得意でも心配ありません。ペライチにはプロがデザインした様々な用途に適したテンプレートが用意されてます。
簡単に作れる
今までにないくらい、簡単にホームページを作れます。直感的に操作できるよう設計された編集画面。
特別な知識がなくても、あなただけのオリジナルのホームページやランディングページをかんたんに作れます。
簡単に作れる
今までにないくらい、簡単にホームページを作れます。直感的に操作できるよう設計された編集画面。
特別な知識がなくても、あなただけのオリジナルのホームページやランディングページをかんたんに作れます。

早く作れる

わずか数十分でページ公開
簡単なホームページやランディングページであれば「ホームページを作成したい」と思ってほんの数十分でホームページを全世界に公開できます。

スマホ対応

PCからホームページを作ってしまえば、PC、スマホ、タブレット、全てのデバイスで自動的に最適化されキレイに表示されます。デバイス毎にホームページやランディングページを作る煩わしさは一切ありません。

豊富なデザイン

豊富に用意されたテンプレート。誰にでも使いやすい編集画面。
オリジナルホームページやランディングページが無料で作成できます。

簡単に作れる

今までにないくらい、簡単にホームページを作れます。

直感的に操作できるよう設計された編集画面。
特別な知識がなくても、あなただけのオリジナルのホームページやランディングページをかんたんに作れます。

ユーザーの感想
オフィシャルサイトを一新するにあたって、まさか自分でこれほど簡単にオフィシャルサイトをつくれるとは思いませんでした。 直感的に必要なところをうめていくだけで完成するので、著書やTwitterを入れたりと自分なりにアレンジしつつ、楽しくあっという間に仕上がりました。
株式会社ペライチ
田中 花子
新規事業の検証用サイトとして利用させて頂きました。
海外での新規事業は特にサービスが世に出なければ予測できない事が多く、PDCAをどれだけ高速で回せるかが事業成功への重要なポイントとなります。
私とメンバーともに、使い始めてからすぐに慣れる事が出来ました。
株式会社ペライチ
田中 太郎
新規事業の検証用サイトとして利用させて頂きました。
海外での新規事業は特にサービスが世に出なければ予測できない事が多く、PDCAをどれだけ高速で回せるかが事業成功への重要なポイントとなります。
私とメンバーともに、使い始めてからすぐに慣れる事が出来ました。
株式会社ペライチ
田中 太郎
メディア掲載

SNS