なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

老け手ケアにおすすめのハンドクリーム

もともと乾燥肌の私。

日頃の家事や手指の消毒で手全体がガサガサで、特に手の甲は見るからに老け手でした。

近所のドラッグストアで買ったハンドクリームをたっぷり塗るのですが、結局お皿洗いなどですぐに落ちてしまうので無意味な状態。

乾燥した手はより年齢が上に見られますし、静電気もバチバチで本当に悩んでいました

若い頃はネイルが好きでしたが、自信のない老け手ではネイルする気すら起きません。

そんなときに出会ったのが「ハンドピュレナ」です。

女性雑誌を何気なく見ていて目にとまりました。

今までドラッグストアでしかハンドクリームを買ったことがないですし、正直1ヶ月約3000円って高くない?と思いました。

しかし、老け手ケアをしてネイルを復活したい!その一心で購入を決意しました。

サラッとしてるのに保湿力がすごい

慎重派の私は「ハンドピュレナ」の効果について半信半疑でしたので、まずはいつでもやめることのできるお試しコースを注文しました。

疑いつつも、やはり期待していたのでワクワクしながら待っていました。

注文して数日で届き、さっそく開封。

パッケージは落ち着いた雰囲気、キャップも透明感のあるシルバーでとても気に入りました。

手に塗ってみて最初に驚いたのが、まったくベタつかない!ということ。

手の甲にスッと馴染み、塗った瞬間から肌に浸透していく感じです。

今まで使用した数あるハンドクリームの中でも、私的に1位2位を争うサラッと感です。

あまりにも馴染みが良いので、大げさでなく塗ったのを忘れそうです。

こんなにサラッとしていて効果あるの?と、またもや疑いました。

しかし、その心配もすぐに消えました。

手の甲がきちんとしっとりし、ずっと悩んでいた乾燥によるピリピリ感が無くなったんです!

念願のネイル復活

使い始めて10日ほど経った頃、ふと自分の手の甲を見ると「あれ?小ジワ減ってる?」と思いました。

使う前の手指は細かい横ジワがたくさんあって、残念な見た目でした。

なんと小ジワが少し減ったうえ、透明感も出てきたんです!

こんなに早く効果が現れるなんて嬉しくてたまらず、手の甲をしばらく眺めちゃいました。

徐々に老け手が若返ってきた感じで、手に対する自信も出てきました。

そしてついに、念願のネイルを復活することが出来ました!!

おそらく、10年ぶりくらいにネイルサロンへ行きました

すると、ネイリストの方に「手がお綺麗ですね、どんなハンドケアされてるんですか?」と聞かれ、もう涙が出そうになるくらい嬉しくて心の中で「やったー!」と叫びました。

本当は秘密にしたいくらいですが、ハンドピュレナを使ってることを話しましたよ。

3つの「不使用」も決め手でした

健康オタクな私にとって、肌に直接付けるものは使われているものを重視して選んでいます。

ハンドピュレナはパラベンフリー、エタノールフリー、紫外線吸収剤フリーで安心感があります。

また、香料も無添加、自然な柑橘系の香りでリラックスできます。

1ヶ月約3000円、今では高いと感じません!

顔のケアと同じくらいハンドケアも大事なんだと気付いたので、私にとっては必要経費だと思っています。

これからは「お試しコース」を「年間コース」に切り替えて、よりお得に続けたいと思います。



老け手を解消するエイジングケア

NHKあさイチで取り上げられた、皮膚科医やプロのハンドモデルが直伝する、老け手を解消するためのハンドケアをご紹介します。泡立つ洗剤にはハンドクリームを塗り、ゴム手袋をする。

ハンドクリームは手のケアに欠かせないものですが、どんなクリームを選べばいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

例えば、「NALC 薬用ヘパリンハンドクリーム」は、日本で初めてヘパリン類似物質を配合した薬用ハンドクリームで、上記の条件を満たしており、私も気に入っています。

もともと私は、日焼け止め効果が優れているナルクを好んで使っていますが、ハンドクリームも発売されたので試してみたところ、とても気に入っています。ヘパリン類似物質はヒルロイドと同じ有効成分なので、ヒルロイドを使ったことがある人はその違いを実感できると思います。

我が家では、子どもの肌トラブルの際によくヒルロイドを処方してもらい、その効果を実感しているので、同じ成分のハンドクリームは安心して使えます。

ハンドクリームはお手入れの基本であり、毎日使うものとしておすすめします。また、手肌が気になったときに化粧直しをすることで、手肌の印象を良くすることができます。

老け手の原因と予防

手の老化を防ぐために、効果的なハンドクリームの選び方と使い方をご紹介します。また、手の老化を防ぐためには、日焼け止めを使うことも大切です。

光老化」という言葉があるように、紫外線(UVA)を浴びた肌は、真皮層のコラーゲンやエラスチンを破壊することで、老化が加速します。また、冬場は肌が乾燥してバリア機能がさらに低下し、ひび割れ、あかぎれ、手湿疹、進行性の掌蹠膿疱症などの症状が現れます。

特に光老化の主な原因である紫外線A波は、冬でも比較的多く、曇っていても地上に届きます。そのため、手の老化を防ぐためには、春夏だけでなく、秋冬にも紫外線対策を行う必要があります。

ハンドクリームの多くは、ワセリンや美容オイルなどの油溶性成分が配合されており、皮脂に似た働きをしますが、保湿性は高くありません。そのため、洗顔料やクレンジング剤に使われている界面活性剤よりも脱脂力が強く、刺激が強いのです。

また、ビタミンE誘導体、ナールスゲン、プラセンタエキス、フラーレン、アスタキサンチンなど、コラーゲンやエラスチンにアプローチする抗酸化・抗老化化粧品成分が配合された化粧水をおすすめします。

老化やシワ、"老け手 "にならないためには、紫外線から手を守り、ハンドクリームやエイジングケア化粧品で保湿し、血行を促進することが大切です。

医師が教える正しい老け手ケア

老け手とは?肌が乾燥していると、手が実年齢よりも老けて見えることがあります。乾燥肌に適した治療法を見つけるのは簡単ではありません。ここでは、医師が推奨する手の保湿方法をご紹介します。保湿クリームの適切な量を知っていますか?

片手に最適なクリームの量は、人差し指の第一関節に塗る量である「指先1本分」と言われています。保湿剤を塗るときは、手の甲をこすり合わせてクリームをすり込むようにします。

優しくすり込むことをお勧めします。これが、若くて健康的な手を保つための最良の方法です。

老けやすい手を美しく保つ方法

世の中にはたくさんの美容マニュアルがありますが、「美しい手はすべてを引き寄せる」という本を読んで、私には本当にこの本が必要だと思いました。どんなに努力しても、手を作り上げることはできません。

多くの女性は、血流が不足しているために手が冷たいのです。"血流 "が良くないと、体内の細胞に必要な栄養や酸素が行き渡らず、老廃物の回収も遅れます。その結果、くすみや黒ずみ、シワ、乾燥など、肌に好ましくない変化が起こります。

食前に大さじ1杯のアップルサイダービネガーを飲む。特に食前にリンゴ酢を飲むと、「糖化」を防ぐことができるので注目されています。食前にリンゴ酢を飲むことは簡単にできますし、手だけでなく健康や食生活にもメリットがあります。

私はネイルオイルを持っていないので、アーモンドオイルやごま油で代用しています。爪や指をオイルでマッサージすると、体が温まりストレス解消にもなります。

老け手を予防するためのハンドケア

この「光老化」を防ぐためには、紫外線対策が欠かせません。手は石けんで洗うことが多く、日焼け止めクリームもすぐに洗い流されてしまうため、体の中で最も紫外線にさらされる部分です。ここでは、手の老化シワをケアする方法をご紹介します。

手は頻繁に洗う部分なので、日焼け止めクリームはこまめに塗り直しましょう。それでは、ひじの原因とお手入れ方法をご紹介します。角質の取り方を説明します。

角質除去の後は必ず保湿をする。この角質ケアを定期的に行えば、徐々に肌がなめらかになっていきます。せっかく角質ケアをしても、肘に刺激を与えてしまうと、角質がどんどん厚くなってしまいます。今回は、手を若々しく保つためのケア方法を解説しました。

手をふっくらさせる老け手ケア

年齢を重ねた手をケアしましょう「ハリ・弾力」と聞くと、コラーゲンなどの弾力成分を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。手に必要なのは、ハリや弾力を与える成分なのです。

手の甲のくすみをケアすることで、手の内側から明るくなり、手の印象をガラリと変えることができます。ハンドクリームを選ぶ際には、くすみをケアできるものを選びましょう。

ハンドクリームは、手の肌のために開発された、しっかりとしたテクスチャーのものがおすすめです。市販のハンドクリームは、単に保湿を目的としたものが多いです。今回は、手をふっくらさせる3つの方法と、年齢を重ねた手におすすめのハンドクリームをご紹介しました。

できれば、手肌のために開発されたハンドクリームを使うことをおすすめします。今まで手のお手入れをしてこなかった方も、今からでも遅くありません。

手を若返らせる対策方法

顔のケアや日焼け止めはしていても、手のことは忘れていませんか?ハンドマッサージをすることで、手の老化を改善することができますよ。

保湿化粧水で手を保湿すると、手の甲が潤うだけでなく、ハンドクリームの下地にもなり、成分が浸透しやすくなります。また、ハンドマッサージをすることで、リラックス効果も期待できます。

乾燥を防ぐためには、次の2つの方法で紫外線や刺激から肌を守ることが大切です。肌に刺激を与える紫外線吸収剤が含まれていない、透明な日焼け止めを使用する。

日焼け止めと合わせて、UVカットの手袋も有効です。手の甲の血管に硬化剤を注射して、血管を硬くして閉じる。手の甲の悩みが深刻で、すぐにでも手の老化を改善したいという女性におすすめです。

それから、手のハリや弾力の成分であるコラーゲンやエラスチンの生成を助ける栄養素を含む食品もあります。

女性が老けて見えるポイントは「手」

スキンケア・ハンドケア用品を販売するロート製薬は、全国の20代から60代の女性800名を対象に、「手の老化」に関する意識・実態調査を実施しました。

その結果によると、どうしても目立ってしまう顔や髪だけでなく、自分の手を見たときにも「老けた」と感じている女性が多く、また、他人の手を見たときにも「老けた」と感じている人が多いことがわかりました。

すべての女性にとって、「老けた手」は他人事ではありません。この記事では、「老けた手」に関するアンケート結果を詳しくご紹介します。年を重ねるごとにシワやシミが気になるのは確かですが、手の乾燥は年齢を問わず多くの人が気にしているようです。

最後に、女性たちがどのように手の老化をケアしているのかを見てみましょう。実際に行っているケアを聞いてみると、「ハンドクリームを塗る」「マッサージをする」「水仕事をするときは手袋をする」などの回答がありました。

「手が老けて見える」と他人に思われがちです。しかし、今回の調査結果を見ると、多くの人が自分の手のケアに満足しておらず、不満を感じていることがわかります。

いくつになっても若々しい手を保つために、今から適切なケアを始めてみませんか?