このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
2021年下期
探究ワークショップ「®️こども商品開発」レギュラーコース(文房具)のご案内

7回のワークショップで「文房具」をテーマに商品開発し、プラス株式会社にプレゼンテーションします!
・オンライン「プレゼンテーション会」は、2022年3月春休み
・対象:小学3年生〜中学生
◉提案先:プラス株式会社
キッズMの探究ワークショップ

®️こども商品開発とは


探究活動のプロセスを通して、
こども達の課題を発見し、解決する力
育むワークショップです。

商品開発のプロから「仕事」を学び、
こども自身が商品開発を行い、
ホンモノの企業や様々な業界のプロたちに、直接プレゼンテーションをします。
こども達が目指す

ゴール

「新商品を開発し、プラス株式会社にプレゼンテーションをすること」です。

↑オンラインプレゼンテーションの様子
自ら探究することにハマるこども達】
アイデア出しで、自分の発想や仲間の企画を聴くことを楽しむこども達の姿も印象的ですが、
毎回講師がおどろくのは、自主的にプレゼンテーションをブラッシュアップしていくこども達の姿勢です。
クラスの仲間と刺激し合いながら、やる気に火がついていき、本番ではプロ達もおどろくほどの見事なプレゼンテーションを見せてくれます。
7回のワークショップで、ゴールをを目指します。

7回のワークショップで、ゴールをを目指します。

自ら探究する力を育む

®️こども商品開発プログラム

「®️こども商品開発」探究プログラム 4つのプロセス
主体的に課題を発見し、解決していく「自ら探究する力」が、益々求められる時代を反映し、
2022年からは「総合的な探究の時間」がまずは高校でスタートします。
当プログラムでは、小中学生時代に身につけたい「探究活動」に必要な基盤となる力を育みます。

1.知る
・商品開発の仕事
・研究(伝統・会社・お客様…)
2.考える
・アイデア出し(プロトタイプ制作)
・企画書を作成し、自分の考えを構築
3.創る・表現する
・プレゼンテーションづくり
・練習
4.伝える
・企業にプレゼンテーション
・振り返り
4.伝える
・企業にプレゼンテーション
・振り返り

募集要項

内容

商品開発のプロから「仕事」を学び、こども達自身が新商品を開発。プラス株式会社に直接プレゼンテーションする
※カリキュラム参照

授業形態 オンライン(Web会議システムZoomを使用)
※PC、タブレット、スマホなどはご自身でご用意ください
参加対象者 小学3年生〜中学生
※7回のワークショップ(120分/DAY)全てにご参加いただける方
コース・日程 ワークショップ:全7回
1.Dコース:土曜日 10:00-12:00
1/8・1/22・2/5・2/19・3/5・3/19・3月春休みプレゼン

2.Eコース:日曜日 14:00-16:00
1/9・1/23・2/6・2/20・3/6・3/20・3月春休みプレゼン

※各クラススケジュール参照
※プレゼンテーション:2クラス合同で実施
募集人数

合計12名(6名/クラス)
※応募者多数の場合は先着順
所用時間・回数

120分/回×7回
費用 4000円/1回
※4000円×7回WS=28,000円
お試しDAY1参加チケット
受講してみてから決めたいというご要望に応え、「お試しDAY1参加チケット」をご用意しました。DAY1に参加してみて、DAY2以降の継続をご検討いただけます。
【兄弟割引】
ご希望の方は、info@kidsm.org までご連絡ください。
準備物 画用紙、ペン(黒・色)、鉛筆など
※プレゼン資料をPCなどで制作したい場合は、制作できる機器をご自身でご用意ください
授業形態 オンライン(Web会議システムZoomを使用)
※PC、タブレット、スマホなどはご自身でご用意ください

カリキュラム
※一部変更される場合もございます

120分/回 全7回
DAY1

※事前課題:教材研究、競合情報収集
・オリエンテーション
・研究(お客様・競合・自社)
・アイデア出し

DAY2

・アイデア絞り込み
・企画書作成
・調査準備
(プロトタイプ制作)

DAY3

・調査・検証(企画説明)
・意見交換・企画案ブラッシュアップ
・プレゼンテーション概論・制作
(プロトタイプ制作)

DAY4

・プレゼンテーション制作状況確認
・プレゼンテーション練習・意見交換・ブラッシュアップ
(プロトタイプ制作)

DAY5

・リハーサル
・意見交換
・プレゼンテーション制作仕上げ
(プロトタイプ制作)

DAY6

・プレゼンテーション話し方練習
・プレゼンテーション本番について

DAY7

・プレゼンテーション本番
(提案・質疑応答・講評)

後日

・修了証授与
・プレゼンテーションフィードバック

DAY3

・調査・検証(企画説明)
・意見交換・企画案ブラッシュアップ
・プレゼンテーション概論・制作
(プロトタイプ制作)

各クラス スケジュール

※一部変更になる場合もございます

1.Fコース:土曜日
 10:00-12:00

1/8・1/22・2/5・2/19・3/5・3/19・3月春休みプレゼン
・DAY1 1/8(土)
・DAY2 1/22(土)
・DAY3 2/5(土)
・DAY4 2/19(土)
・DAY5 3/5(土)
・DAY6 3/19(土)
・DAY7 3月春休みプレゼン
 Gコースと合同でプレゼンテーション会開催

1.Gコース:日曜日
 14:00-16:00

1/9・1/23・2/6・2/20・3/6・3/20・3/31プレゼン
・DAY1 1/9(日)
・DAY2 1/23(日)
・DAY3 2/6(日)
・DAY4 2/20(日)
・DAY5 3/6(日)
・DAY6 3/20(日)
・DAY7 3月春休みプレゼン
 Fコースと合同でプレゼンテーション会開催

講師

熊本尚子

メーカーにて食品の商品開発・広告などの業務に従事し、様々なブランドマネージメント、新規プロジェクトなどを手がけてきた商品開発家。管理栄養士、保育士

野垣貴子

国内航空会社勤務を経て人材教育会社・外資系企業にて人財開発のトレーニングに従事。一般社団法人日本親子コーチング協会認定コーチ・ピットインカード/マスターインストラクター

野垣貴子

国内航空会社勤務を経て人材教育会社・外資系企業にて人財開発のトレーニングに従事。一般社団法人日本親子コーチング協会認定コーチ・ピットインカード/マスターインストラクター

受講者の声

日頃から商品を考えて、紙にまとめたい。次に何かあった時にそこで発表できるように(小5男子)

次もまたやってみたい(小4女子)

ビジネスコンテストに出たい!(小3男子)

すごく緊張したけど、自分の中では今までで1番上手くいった。とても楽しかった(小3女子)

緊張したけど、上手くできて良かったです。楽しかったです(小5男子)

相手に伝えるためには、どのようにすれば良いか、企画の発表の仕方などを学べた(小4女子)

知的財産権があることを新しく知った(小4女子)

パワーポイントの中に動画を入れてプレゼンしている子がいたので、その方法を教えて欲しいと思いました(小5女子)

どんなにいい商品でもプレゼンがしっかりでき、いかにうまく話せるかによることに気が付いた(中1男子)

ビジネスコンテストに出たい!(小3男子)

受講者保護者の声

軽い気持ちで娘に勧めたのですが、ここまで真剣にあれこれ考えて取り組むとは思っていませんでした。他の皆様のプレゼンにも刺激を受け、諦めずに取り組む姿を見て感動しました。本番は、自分の思いをゲストの方たちに聞いてもらい、チャットでお褒めのことばもいただき、発表直後とても清々しいよい顔をしていました

小学生の娘にプレゼンなんて出来るのかと心配していましたが、身近な題材だったのと、どのような手順で取り組んだら良いかを明確に示して頂いたおかげで、最後には立派に発表でき、成長を感じることができました

本プロジェクトに参加できて、娘には刺激的な体験をさせられて非常に良かったと思っています。初期は「親父に付き合わされて渋々」な感じがありましたが、途中から積極的に自分から関わり、日曜が楽しみな様子でした。ありがとうございました

説明や進行、アドバイスなどがとてもわかりやすかったです。良い点を褒められたり、認めてもう経験が出来、子供が自信を持てたと思います。親が教えていないのに、PowerPointを駆使している小5の娘にびっくりしました

連日の的確なご指導により、我が子の成長をみれたのは勿論、我が子の伸ばしてあげるべき能力もすこし見つけられました

ゲストさんなどからのたくさんの質問やチャットでの子供への賞賛は、とても喜んでいました。努力して作り上げたプレゼンを大人に認められたという達成感を得られたと思います

小学生の娘にプレゼンなんて出来るのかと心配していましたが、身近な題材だったのと、どのような手順で取り組んだら良いかを明確に示して頂いたおかげで、最後には立派に発表でき、成長を感じることができました

主催 一般社団法人キッズM
東京都中央区銀座5-6-12 みゆきビル7F 
メールアドレス:info@kidsm.org

お問い合わせは、コチラにご連絡をお願い致します
メールアドレス:info@kidsm.org