モモ×
 Haruka Nakajima 

コンテンポラリーダンスデュオ モモ と中島陽香の創作活動に関するページです

ABOUT US

モモ×Haruka Nakajima
について
コンテンポラリーダンスデュオ モモと演出家・パフォーマーの中島陽香がコラボしたユニット。

モモ特有のほっこりとする空気感のダンスで表現し、中島の得意とする多彩な声やテキストと 掛け合わせていく。リアルな世界とナンセンスな妄想の世界を交互に行き来しながらのパフォーマンスを得意とする。


DANCERS/PERFORMER
ダンサー/パフォーマー紹介

モモ

加藤未来、横山幸代は共にお茶の水女子大学舞踊教育学コースでコンテンポラリーダンスを学び、卒業後ダンスデュオグループ<モモ>を結成。
セッションハウスの企画公演や、日暮里d倉庫で行われる「ダンスが見たい!新人シリーズ」、
片岡康子主宰DANCEHOUSEなどで作品を発表。
これまでの作品として、
『ときどき出会える小さな住人』(2010年初演)
『299 792 458m/sの戯言』(2013年初演)
『春はごきげん』(2014年初演)
『鱒』(2015年初演)を発表。
2016年文化庁委託事業「踊る身体とファッションテキスタイル」に選出され、
『ウラウエの住み処』をスパイラルホールにて発表。

受賞歴など : 

2015年「ダンスが見たい!新人シリーズ13」<モモ>で選出され、作品『春はごきげん』を発表 作・出演:モモ(加藤未来、横山幸代)

2005年「アーティスティック・ムーブメント・イン・トヤマ」にて特別賞受賞 作品『room』作:横山幸代 出演:加藤未来、横山幸代

Haruka Nakajima

英国チチェスター大学パフォーミングアーツ学科にて現代演劇を中心に3年間学ぶ。
卒業後、演劇ユニット実験集団MIKANを主宰。
身体表現、朗読、ダンスなど幅広いジャンルの作品を演出。
また俳優、パフォーマーとして出演。ワークショップファシリテーターとして、
10代から70代までの幅広い年代の方を対象にコミュニケーションスキルアップを目的とした
ワークショップを行い好評を得ている。
その後、日本で働きながら同英国大学修士コースにてパフォーマンス修士号(MA)を取得。
現在は、都立総合芸術高等学校にて市民講師を勤める。

NEWS
最新出演情報
2019.4.28 
Haruka Nakajima
アウトプット・イングリッシュ交流会 @高円寺
最新情報はブログから!




2019.4.28 
Haruka Nakajima
アウトプット・イングリッシュ交流会 @高円寺
最新情報はブログから!