え?それダメなの?

~男の美容のNG~

何がNGか知る

男の人が美容を考えたとき、まず考えなければいけないのが
‘‘何が良くて‘‘
‘‘何がダメ‘‘ な行動なのか

ここではダメな‘‘NG行動‘‘を教えていきたいと思います

~NGその1~
目が覚めるように冷たい冷水だけで洗う

冷たい冷水だけで洗っても皮脂はほとんど落ちません!
正解は皮脂が溶けだすとされる30度~35度のぬるま湯で洗う方法です。
それ以上の温度で洗ってしまうと乾燥の原因となり、肌にダメージを与えてしまうのでご注意を。乾燥気味の方は30度ぐらいで洗うことをお勧めします

余分な皮脂は毛穴のつまりを引き起こしニキビにもつながります。
また、冷たい冷水で洗うことは毛穴の引き締めになりますのでぬるま湯で洗った後に冷水で洗うのは大丈夫です

~NGその2~
洗顔料を泡立てずそのまま洗顔をおこなう

今ほとんどの洗顔料は泡立てて使うことを想定されています。泡立てずそのまま使うと洗顔料をそのまま肌に擦り込んでいることになり、刺激を与え肌を傷めることになります。
また、泡が汚れを包み込んで浮かせて落とすのが洗顔の基本的なメカニズムです。皮脂や汗、ホコリといった様々な種類の汚れを包み込むには、たっぷりの量の泡が必要になります
ポイントはいかにきめの細かい泡を作れるか。
洗顔ネットを使うのもおすすめです

~NGその3~
1日に何度も洗顔をする

洗顔は1日に2回までがベストです
肌の脂浮きやベタつきを気にして、一日に何度も洗顔をするのはNGです!
人間の肌には乾燥から守り、潤いを与えている必要な脂分があります。洗顔のしすぎは必要な脂分まで取り去ってしまい、肌を乾燥に導いてしまいます。
肌は乾燥すると潤いを保とうと、これまで以上に皮脂を分泌させるようになり、肌が油っぽくなってしまう場合もあります。
洗いすぎにはくれぐれも注意しましょう。

~NGその4~
ゴシゴシ顔を擦ってしっかり汚れを落とす

顔を卵に見立てて優しく洗いましょう
汚れが落ちそうだからと力を入れてゴシゴシ洗っていませんか?
ゴシゴシ洗いは、水分を蓄えたりバリアとしての大切な働きをする角質層をこすり落とし、こすりすぎにより皮膚を傷つけたり、炎症を起こたり、シミの原因にもなります
自分の肌を卵に見立てて優しく洗いましょう

もちろん洗顔後のタオル使いにも注意が必要です

~NGその5~
体を洗った泡でそのまま洗顔

顔を洗う時は顔専用の洗顔料を使いましょう!
一般的に販売されているボディーソープは洗浄力も強く、添加物や香料も多く含まれ顔用ではないため顔に使用するには刺激が強すぎます

もともと顔はいつも外気にさらされている部分なので、防御壁となる皮脂の分泌は必要なものなのです。適度に皮脂を分泌することで、外気からお肌を守ってくれています。
洗顔料よりも脱脂力が強いボディーソープは、このお肌の皮脂を根こそぎ取り除き、逆に乾燥や肌荒れを促進させてしまう可能性があるので注意しましょう。

~NGその6~
深く剃れるので逆剃りをする

ヒゲが濃い人はどうしても逆剃りをしがち。
キレイに深剃りができるのでついやってしまいがちですが、逆剃りは肌に負担がかかります。
逆剃りがスムーズなのはカミソリが、ヒゲが肌から立ち上がった状態で当たるため。ならば最初の順剃りで残った部分は、指先でヒゲを起こしてから再度順剃りすれば同じ効果が期待できます。それでも気になる場所だけを逆剃りすれば、肌への負荷がかなり軽減できます。

~NGその7~
時間短縮の為何もつけずに髭を剃る

何も付けずにカラ剃りすることは、刃のすべりも悪くヒゲを硬いまま剃ることになるので、肌にも刃にも負担がかかってしまうのです
すべりをよくするシェイビングフォームなどを使うことはもちろんホットタオルでヒゲをしっかり蒸らして髭を柔らかくしましょう。
しっかりと蒸らしてからシェービングすれば、大抵のヒゲ剃りトラブルは防ぐことができます。

~NGその8~
食後すぐに食事をする

糖分や炭酸を摂取したあとはとくに、口の中が酸性に傾きます。唾液にはこれを中和する作用があります。また、唾液には石灰質を修復するミネラルが含まれているため、唾液の量が多い人は虫歯になりにくい傾向があるほど。ですから、食後30分以内はむしろ歯磨きを控えた方がいいそうです

~NGその9~
舌のケアをしていない

口臭対策として歯磨きと同じくらい重要なのが舌のケアです。
口臭の原因に「舌の汚れ」が大きく関係します。
舌の表面には「舌苔(ぜったい)」と呼ばれる粘膜のアカや細菌の塊が付着しています。
これが大量に付着していると、お口から腐ったような臭いがしてきます。しかしこれを歯ブラシでゴシゴシ磨くのはNG!舌ブラシでもいいですし、麺棒やガーゼで優しく拭き取りましょう
歯ブラシでゴシゴシ擦ってしまうと味覚を感じる「味蕾(みらい)」まで削ってしまうので、舌の表面を傷つけないようにくれぐれも気をつけてください

~NGその10~
泡立ちやすいのでシャンプーは多め

一度に多くのシャンプーを髪につけると洗い残しの原因となりフケなど頭皮トラブルの原因となることがあります。
泡立ち安くするためにはまずシャンプーの前にシャワーヘッドを地肌に近づけ、地肌からしっかりぬらします。およそ38~40度が適温。地肌がしっかりぬれていないと、シャンプーでなかなか泡立ちません。それに、予洗いで髪と地肌の汚れの大半が落とせます。
また、スタイリング剤が多くついている場合はシャンプーを2回してもOKただしこの場合1回目のシャンプーは軽くします

~NGその11~
シャンプーは髪に直接つけて泡立てる

まずは手のひらの上で泡立てます。原液を頭に直接つけると頭全体にまで行き渡らず、洗い残しやすくなります。頭皮が痒くなるなどのトラブルの原因にもなります。
また、シャンプーで一番洗わないといけないのは頭皮。だから、泡立てたシャンプー剤は、髪の毛ではなく地肌に直接つけていきます。

~NGその12~
爪を立ててしっかり洗う

シャンプーの際は結の腹でマッサージするように洗ったりジグザグに動かして優しく洗います。
爪でゴシゴシ洗うと当然、頭皮に傷がつきます。 最悪の場合、爪からバイ菌が入って化膿するケースもあります。かゆみ、抜け毛など頭皮トラブルの原因ともなりますので気を付けて下さい。

~NGその13~
夜ではなく朝シャンプーする

シャンプーは朝よりも夜がおすすめ。頭皮には太い血管が通っていないので、寝ると温度が下がり、昼間の汗や皮脂が固まって落ちにくくなってしまいます。皮脂の多い人は臭いの原因にも。しかも、睡眠中は髪が伸びる時間帯なので、毛穴が詰まっていると、健康な髪が伸びるのをさまたげてしまいます。

~NGその14~
リンスやトリートメントは頭皮からしっかりつける

リンスやトリートメントは頭皮にはつけず中間から毛先中心につけます
男性の短い髪(3センチ未満)ではむしろリンスをしない方がいい場合も多いです

リンスやトリートメントに含まれる大量の油分は
頭皮の毛穴つまりを引き起こす恐れも。
間違った方法を繰り返しているとシャンプー以上に頭皮の大きなダメージの原因になりますので注意してください

このように美容を意識した時、NGな行動というものがいくつも存在します。
このNGを避けるだけでも美しくかっこいいあなたになれるのではないのでしょうか?