クッシング症候群 犬食事

ペットがクッシング症候群になった時はコレ!

クッシング症候群に良いドッグフード

Dr.ケアワン
食いつきをよくするための添加物、BHAやBHTなどの酸化防止剤不使用。
体の中から免疫力を上げれるドッグフード
馬肉自然づくり
「馬肉」を贅沢に使用したプレミアムドッグフード! 食欲がなかったワンちゃんがこれなら食べたっ! 「馬肉自然づくり」
人間が食べれる材料で作ってます。
いぬこころ
クッシング症候群、膵炎、甲状腺機能低下症、高血圧症、糖尿病、メタボ肥満、胆泥症・胆嚢粘液嚢腫の犬の為のドッグフード
いぬこころ
クッシング症候群、膵炎、甲状腺機能低下症、高血圧症、糖尿病、メタボ肥満、胆泥症・胆嚢粘液嚢腫の犬の為のドッグフード

犬のクッシング症候群

クッシング症候群とは、腎臓のそばにある副腎から分泌されるコルチゾール(ホルモン)が出すぎて、体に悪影響を与えている状態
5歳以上犬(特にメス)がかかりやすいクッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)。
犬のホルモン病の中で最も多い病気です。


  1. 食事を異常に欲しがる。
  2. 息が荒くなる。
  3. お腹がポッコリと出る。
  4. 全身的に毛が薄くなる。
  5. 湿疹が増える。
  6. 足腰が弱くなる。
の6つの状態の時はクッシング症候群を疑うといいです。

どの病気よりも環境や食事に気を付けないといけない、やっかいなホルモンの病気なんですが、多くの原因は安い市販のドッグフードって言われてます。

クッシング症候群の治療ってどんな感じ?

犬のクッシング症候群に効く治療法

完治は難しいって言われているので、良好管理を目指す治療になります。

下垂体性なのか副腎腫瘍性なのか、で治療方法が変わってきますし、機能性、非機能性、または良性、悪性とさまざまに病態を分類して決められているため、クッシング症候群の治し方はコレ!とハッキリ決める事はできません。
代表的な治療方法がこの3つ。

  • 放射線療法:下垂体性の治療(事前にCT検査による確定診断が必要となります)
  • 外科療法:副腎腫瘍の治療
  • ホルモン療法:下垂体性または外科を選択できない副腎腫瘍の治療

合併症が起こり易い病気でクッシング症候群だけの治療ではなく、色んな病気のコンビネーションによって薬や治療法を合わせていく必要があるので、すべての犬が良くなるためには食事や生活環境の改善が正しい治療法になります。

人の体も犬の体も食べ物からできているので、正しい食事と正しい運動、十分な睡眠の3つを整えていくことで、ほとんどの犬の症状が良くなっていきます。(特に犬は変化が目覚ましいです)

クッシング症候群は食事で治す!

愛犬がもしクッシング症候群になったら、

ハウスダストを減らすためにマメに掃除機をかけて、

市販の添加物まみれのドッグフードをクッシング症候群専用のものに変えて

様子をみながら病院で納得ができる治療法を進めていくのが重要です。