しあわせな社会人を共に育む
ラーニングコミュニティ
Cuddle カドル

イベントのお知らせ

しあわせな社会人を共に育むラーニングコミュニティCuddle(しあわせな社会人を育むラーニングコミュニティ Cuddle)協賛のイベント告知です😊

教育研究家、鈴木大裕さんDaiyu Suzukiを講師にお迎えして皆さんと共に考えたいと思います。

オンライン(ZOOM)による講演と討論

コロナ禍が問う 学校とは?教育とは? 
~子どもたちの学びと幸せのために~

日時:2020年11月21日(土)14時~16時 ZOOMによるオンライン開催
主催:子どものしあわせと学びを考える会
協賛:しあわせな社会人を共に育むラーンニングコミュニティーCuddle
参加費:500円

今、子どもたちのために、ほんとうに大切で必要な学びって?
学校や社会がこれまでのままでよいのか、コロナ禍の中で、子どもたちが幸せであるために必要なことは何か。
ともに考えてみませんか。

講演者:鈴木大裕(すずき だいゆう)さん(教育研究者、高知県土佐町議)

16歳で米国に留学。1997年コールゲート大学教育学部卒、1999年スタンフォード大学大学院修了(教育学修士)。日本に帰国し2002年から千葉市の公立中に英語教諭として6年半勤務。2008年に再渡米し、フルブライト奨学生としてコロンビア大学教育大学院博士課程へ。現在は高知県土佐町で教育を通した町おこしに取り組むかたわら、執筆や講演活動を行う。著書に『崩壊するアメリカの公教育:日本への警告』(岩波書店)

特設会場で、プロジェクターによる視聴もできます。(会場:大阪市立港区民センター 大阪市港区弁天2-1-5 「弁天町」より5分)
 ただし、会場への参加は、会場受付による先着80名までとなります。(資料代 当日会場にて500円)


Cuddle(カドル)は学校がしんどいと思っているお子さんと家族の方はもちろん、今は子どもは学校に行っているけれど…子どもの将来が不安だなと思われている家族の方にも寄り添い、子どもたちも自分たちも幸せに生きて行く力を身に付ける為の学び合いをするコミュニティ(任意団体)です。(神戸市灘区社会福祉協議会の助成事業)

オンライン座談会、講座
リアルな場所での交流

毎月第1土曜日の夜と第4金曜日の午前中にオンライン座談会、講座を開催しています。

第2第4月曜日には地域のレンタルスペースにてサロンを開催しています。
情報交換、共有や、心配事困り事を話し合いながら、ティータイム、ランチタイムを楽しみませんか。

サロンは有限会社神輝興産の地域貢献活動の一環である"かがやキッチン"で行っています。


(日程や場所などの変更の可能性があります。事前にご予約お願いします。)


途中入退室、お子様連れ  大歓迎です。

Cuddleカドル
名前の由来

Cuddleは英語で抱きしめるの意。寄り添う、身体を心地いい位置に落ち着ける…それぞれが寄り添い愛情込めて抱きしめたり、自分の心地いい場所で過ごすことが出来るという意味を込めています。自分たちで様々な事を話し合い、学びを深めていく…その中で自分のあり方や社会について考える機会が増えていくようなコミュニティ作りをしようと、5人のママたちが集まって立ち上げました😌✨


スタッフの声


発達障害グレーゾーン、
HSC気質を持つ小学生
2人のママです。

本人達が抱える特性に対し
出来る事、必要なサポート
を、学校等と相談しながら
手探りで進めてきました。

その中でこのコミュニティに出会い、
私1人では得ることの出来なかった
情報を教えてもらえたり、
不安の共有をできた事が、
大きな安心につながりました。

悩みを抱える多くの方々に
ここを活用頂き、一緒に
考えて行けたらと思います。

さいもと

発達障害グレーゾーン、
HSC気質を持つ小学生
2人のママです。

本人達が抱える特性に対し
出来る事、必要なサポート
を、学校等と相談しながら
手探りで進めてきました。

その中でこのコミュニティに出会い、
私1人では得ることの出来なかった
情報を教えてもらえたり、
不安の共有をできた事が、
大きな安心につながりました。

悩みを抱える多くの方々に
ここを活用頂き、一緒に
考えて行けたらと思います。

さいもと
中2長女、小5長男、小1次女の3児の母です。

長男が小3冬ごろから不登校になり、
放課後登校、別室登校など、
気持ちを尊重しながら、息子にあった学びへの参加スタイルを模索中です。


子どもたちが幸せな社会人になるために
学校に疑問を抱えている息子とどう向き合うか…。
家族内での学校への価値観の違いとどう向き合うか…。
カドルに関わる方々と一緒に考える時間は
私にとってとてもありがたい時間になっています。


学校に行きにくいお子さんやご家族とは繋がりにくいのが現状。わが家だけかも…と独りで悩まず、想いを吐き出して、お子さんと過ごす時間をハッピーにしていきましょ〜。


はるな


中3長男、小6次男の母です。

かつての私の子育ては猛烈な孤独との戦いでした。
自分の輪郭がぼやけてくる焦燥感と自責の念に囚われて苦しい日々を送っていました。

Cuddleでの学びや語らいは、1人じゃない、理解し合える仲間がいると感じさせてくれるものでした。

今現在、苦しみを抱えていらっしゃる保護者さん。Cuddleでホッとしませんか?

子育てのこと、学校のこと、家族のこと、悩みも嬉しいことも分け合いましょう。

あしたか


中3長男、小6次男の母です。

かつての私の子育ては猛烈な孤独との戦いでした。
自分の輪郭がぼやけてくる焦燥感と自責の念に囚われて苦しい日々を送っていました。

Cuddleでの学びや語らいは、1人じゃない、理解し合える仲間がいると感じさせてくれるものでした。

今現在、苦しみを抱えていらっしゃる保護者さん。Cuddleでホッとしませんか?

子育てのこと、学校のこと、家族のこと、悩みも嬉しいことも分け合いましょう。

あしたか


私、中学生の頃、不登校でした。

学校に行かない=悪ではないし、不登校=未来がないわけでもない。
その期間があったからこそ今の私に繋がってるし、何よりも不登校の経験があるからこそわかる気持ちもある。

そう考えられるようになったのは、大人になってから。
子供が生まれ、親としての気持ちもなんとなく分かるようにもなりました。
cuddleの活動を通して、保護者の方だけでなくお子様の「今」に寄り添うお手伝いができたらと思っています。


かわばた

東大生〜小2、一男三女のママです。(全員発達凸凹診断済、HSCの子どもたち。)

4人4様…紆余曲折あり、全員が既存の学校に合わない子どもたち。通算20年以上日本の公教育と向き合って来た経験から不登校という概念に疑問を持つようになりました。これは子どもたちや家族側だけの課題ではなく、学校制度にもある種の課題がある事に気付きました。


問題に気付かなくて済む一般的な層…いわゆる"普通"や"常識"とされる社会において生きづらさを抱えているマイノリティ側の子どもたち、人々の存在を"凡庸"な私が子育てを通じて知る事になりました。そんな中、オルタナティブ教育の1つである"イエナプラン"に出会い、日々研鑽を重ねています。

イエナプラン教育とは、ドイツ発祥のオランダで広がった、子どもをその子らしく、最大限の可能性を引き出して育てることを目指した教育法です。幼い頃から自立と共生を学び、お互いを尊重して生きる共生社会を学校の中で学ぶというものです。

子どもたちはそれぞれ異なる個性を持っています。そんな自分らしさ、そしてかけがえのない存在をありのまま受け入れ、違いを受け入れ、尊重しあうことは、将来子どもたちが社会に出た時に、多種多様な人を大切にし、協同することにつながります。

私はイエナプランのビジョンを通して、わたしたち大人に何ができるか、学校という学びの場から離れ学ぶ権利をどう確保していくのか、これからの教育環境に何ができるかをみなさんと一緒に考えたいと思っています。


ダイバーシティ=多様性が叫ばれて久しい昨今、学校問題への理解が社会に浸透しないもどかしさを感じていますが、そう遠くない未来、今苦しんでいる子どもたちも親も笑って過ごせる社会作りが出来るお手伝いがしたいとゆるく楽しみながら活動しています♪

その子その子が自分の強み、弱みを知り、生きてて良かった!と思える支援をCuddleに集う皆さんと共に積み重ねていきたいと思っています。

まつむら

東大生〜小2、一男三女のママです。(全員発達凸凹診断済、HSCの子どもたち。)

4人4様…紆余曲折あり、全員が既存の学校に合わない子どもたち。通算20年以上日本の公教育と向き合って来た経験から不登校という概念に疑問を持つようになりました。これは子どもたちや家族側だけの課題ではなく、学校制度にもある種の課題がある事に気付きました。


問題に気付かなくて済む一般的な層…いわゆる"普通"や"常識"とされる社会において生きづらさを抱えているマイノリティ側の子どもたち、人々の存在を"凡庸"な私が子育てを通じて知る事になりました。そんな中、オルタナティブ教育の1つである"イエナプラン"に出会い、日々研鑽を重ねています。

イエナプラン教育とは、ドイツ発祥のオランダで広がった、子どもをその子らしく、最大限の可能性を引き出して育てることを目指した教育法です。幼い頃から自立と共生を学び、お互いを尊重して生きる共生社会を学校の中で学ぶというものです。

子どもたちはそれぞれ異なる個性を持っています。そんな自分らしさ、そしてかけがえのない存在をありのまま受け入れ、違いを受け入れ、尊重しあうことは、将来子どもたちが社会に出た時に、多種多様な人を大切にし、協同することにつながります。

私はイエナプランのビジョンを通して、わたしたち大人に何ができるか、学校という学びの場から離れ学ぶ権利をどう確保していくのか、これからの教育環境に何ができるかをみなさんと一緒に考えたいと思っています。


ダイバーシティ=多様性が叫ばれて久しい昨今、学校問題への理解が社会に浸透しないもどかしさを感じていますが、そう遠くない未来、今苦しんでいる子どもたちも親も笑って過ごせる社会作りが出来るお手伝いがしたいとゆるく楽しみながら活動しています♪

その子その子が自分の強み、弱みを知り、生きてて良かった!と思える支援をCuddleに集う皆さんと共に積み重ねていきたいと思っています。

まつむら
当会に関するお問い合わせはこちら



Cuddle learning community
 cuddle.learning2020@gmail.com


設立年月 2020年4月

神戸市灘区内で活動しています

神戸市灘区内で活動しています