クラウドファクタリングのメリットとは?

従来のファクタリングサービスは、来店や面談で契約するのが一般的でした。

しかし、現在では全ての手続きがオンラインで完結するクラウドファクタリングと呼ばれるサービスが登場しています。

私も事業資金の調達で銀行からの融資やビジネスローンではなく、クラウドファクタリングを利用する頻度が増えました。

クラウドファクタリングにどのようなメリットがあるのか下記にまとめました。

  • Webで申し込んだり書類を提出したりして売掛金の現金化ができる
  • 2社間取引なので売掛債権の譲渡が取引先に知らされずに済む
  • サービスによっては即日で現金化して資金調達ができる
  • 余計なコストがかからないので手数料が低めに設定されている

日本では先に商品やサービスを販売し、1ヵ月~数ヵ月の期間を経て現金が入金される信用取引が一般的ですね。

代金を受け取る権利のことを売掛債権と呼びますが、通常は現金が振り込まれるまでに1ヵ月~2ヵ月は待たないといけません。

もしクラウドファクタリングに依頼すれば、即日~数日で売掛債権を現金化できます。

つまり、「急な出費があって困っている」「資金繰りが追い付かない」と悩む中小企業や個人事業主にクラウドファクタリングはピッタリです。

クラウドファクタリングは全てインターネット上で完結しますので、忙しい経営者でも気軽に利用できるのではないでしょうか。

おすすめのクラウドファクタリングサービス

クラウドファクタリングは、OLTA株式会社が商標登録をしています。

OLTA株式会社が提供するファクタリングサービスがOLTAクラウドファクタリングというわけです。

しかし、今後はこのシステムが一般化していくと予想できますので、Web完結するファクタリング全てがクラウドファクタリングに当てはまります。

私が事業資金の調達で利用しているファクタリング会社の日本中小企業金融サポート機構は、「早い」「安心」の弁護士監修の電子契約サービスであるクラウドサインを導入しています。

ファクタリングで発生する無駄なコストと時間を省いていますので、最短即日で現金を振り込んでくれるのが大きな強みです。

また、次の2種類のお戻し方法から自由に選ぶこともできます。

  • 売掛先からお客様に入金された後に日本中小企業金融サポート機構へ送金する
  • 売掛先から直接、日本中小企業金融サポート機構へ送金する

Web完結のファクタリングはとても便利な資金調達法ですので、ぜひ利用してみてください。