資源を再生し

未来を創造する





コンクリートがら処分は
亀岡合砕協同組合へお任せ下さい!

「廃材から新たな資源を生み出す」
子供たちがずっと笑顔で安心できる 
そんな未来を創造する企業を目指し続けています。

業務内容

収集
京都を中心に様々な建設現場よりコンクリート・アスファルトがらを収集。

破砕
各地より集めらた「ガラ」を重機にて細かく破砕。
その際に異物があれば除去を行います。
破砕処理
プラント内にある破砕機にて破砕。
ここで再利用できる砕石が誕生します。
破砕処理
プラント内にある破砕機にて破砕。
ここで再利用できる砕石が誕生します。
亀岡合砕協同組合では、建物の新築や改築・解体工事に伴って生じた『コンクリートがら』の収集運搬、処分を行っております。
この『コンクリートがら』を弊社工場にて破砕、選別、不純物除去の過程を経て再製品化し、建設資材として販売を行っております。

製品紹介

再生砕石

RC-30、RC-40
路盤材として使用されています。
再生粒度調整砕石
RM-30
路盤材として使用。
再生粒度調整砕石
RM-30
路盤材として使用。

マニュフェスト

産業廃棄物管理票

産業廃棄物管理票(マニフェスト)とは、廃棄物の処理が適正に実施されたかどうか確認するために作成する書類です。排出事業者には、マニフェストを作成して「委託した産業廃棄物が適正に処理されたか否か」を確認する義務が課せられています。 排出事業者の交付するマニフェストには、誰がどのような産業廃棄物をどのように取り扱うかということが記載されています。処理業者は、このマニフェストに対して委託された業務を何時完了したかという情報を記載して返送することになっています。マニフェストの様式は、廃棄物処理法施行規則第8条にて定められています。
 ※電子マニフェストにも対応しています。

委託契約

産業廃棄物処理業者に処理を委託する際には、委託する産業廃棄物に関する情報、処理の内容とそれぞれ(排出事業者と処理業者)の役割と責任を明確にするため、書面により契約書を作成して委託契約を締結することが定められています。産業廃棄物の処理を委託する際には、委託する回数、産業廃棄物の量に関わらず、必ず委託契約書を作成しなければなりません。

会社概要

会社名 亀岡合砕協同組合
代表者 代表理事 光山 正浩
所在地

〒615-8013
京都市西京区桂清水町39番地1

見出し 075-392-0322
見出し 075-381-0099
工場

〒621-0827
亀岡市篠町王子桜木22番地4

見出し 0771-25-7426
見出し 075-392-0322
見出し 平成7年 8月
見出し

60万円

見出し 6月
見出し

京都中央信用金庫 桂駅前支店
京都銀行 桂支店

見出し

清水建設株式会社

鹿島建設株式会社

大成建設株式会社

株式会社安藤・間

三井住友建設株式会社

株式会社松村組

株式会社鴻池組

大東建託株式会社

株式会社安田

日本リグランド株式会社

株式会社キョウラク

明清建設工業株式会社

前田道路株式会社

光工業株式会社       他

見出し

産業廃棄物中間処理業

アスファルト、コンクリート破砕

再生砕石販売

見出し

0.7ユンボ       4台

ミニユンボ      1台

ホイルローダー    2台

見出し 075-392-0322

単価表

処分単価
アスファルト 1,500円/t
コンクリート(無筋) 1,900円/t
コンクリート(有筋) 2,600円/t
コンクリート(二次製品) 5,000円/t
コンクリート(有筋) 2,600円/t
販売単価
RM-30 800円/t
RC-40 300円/t
RC-40 300円/t

グループ会社

有限会社光山商店

京都内を中心に建築資材・産業廃棄物の運搬を行っています。

お知らせ

  • Q
    ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
    A
    ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
  • Q
    ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
    A
    ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
  • Q
    ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
    A
    ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。