ETCカード クレジットなし

ETCカード審査は、個人事業主や法人主の方は簡単には審査に通りません!そこで攻略方法を紹介してみました。
ETCカードを作るには、通常はお持ちのクレジットカード会社に連絡をして「ETCカードが欲しい」と伝えればすぐに発行してもらえます。

でも、クレジットカードを持ってない人や、得に個人事業主や法人主の方の場合には、サラリーマンよりも社会的な信用が低いために、最初の「クレジットカード審査」に落ちることが多いんです。

信じられないかもしれませんが、個人事業主や法人は、事業でどれほど黒字でも審査には落とされがちです。

そこで、当ページでは、個人事業主や法人経営の方に向けて、安心してETCカードを発行できる方法を紹介してみました。

ETCカードの審査って?

ETCカードの審査というのは一般的には存在しません。なぜなら、どこもクレジットカードとセットになっているのでクレジットカード審査によってETCカードが作れるかどうかが決まるからです。

でも、クレジットカードを作らずにETCカードだけを発行してくれるサービスを利用すれば、難しいクレジットカード審査を受けることなく、スムーズにETCカードを手にいれることができるんです。

必ず参考になると思います
 ETCカード クレジットなし 

ETCカード 審査 落ちたら

ETCカードの審査(つまりクレジットカードの審査)をすでに受けられて、残念ながら審査落ちをしてしまった方に知ってほしいことがあります。

それは、落ちたからと言って他のクレジットカード会社の審査を次々と受けることはNGだということです。

審査に落ちることを繰り返せば、その都度に履歴に傷がついてしまい、ローン会社などが利用する履歴情報に悪い評価ばかりが残ってしまいます。

結果として、事業ローンや車や家のローンの審査に落とされる原因を自分で作ってしまうことになるんです。

だからこそ、シンプルにETCカードだけを作ってくれるサービスを利用した方が絶対に賢い選択だと言えます。

ETCカード審査がゆるいところはある?

ETCカードの審査がゆるいところは残念ながらありませんが、実は、クレジットカードには審査がゆるいところがあるんです。

それがセディナカードというクレジットカードなんです。

ごく普通のクレジットカードですが、ここのクレジットカードを発行してもらい、そのついでに「ETCカードも!」と頼めば、クレジットカードとETCカードの両方が手に入るというわけなんです。

もちろん、セディナカードのクレジットカードを事業専用に使ってもいいですし、ETCカードだけを使うというのもありですよね。

ただし、過去の滞納歴がひどい人はさすにがセディナカードでも審査に落ちるリスクが大きいです。

なので、ファイナンシャルプランナーの私がオススメするのは、先に上記で紹介したETCカードだけけ発行してくれるサービスで作り、それからセディナカードでクレジットカード申し込みをしてみるという最強パターンの順番です。