不登校という先の見えない
トンネルに光を見出す
「不登校の子どもの未来創り
7日間メールセミナー」(基礎編)

7日間の
無料メール
セミナー

登録者限定
プレゼント付き!

このセミナーに参加してくださった方限定

不登校の子どもが
自ら行動する子に変わるための
子どもを幸せに導く
3つのコンテンツプレゼント!

☑️ 不登校の子どものやる木を育てる方法
☑️ 不登校の子どもが自分からゲーム依存を脱却する方法
☑️ 不登校解決よりも大切なこと

不登校のお子さんにお悩みありませんか?

  • 子どもが学校に行けない
  • 毎朝学校に欠席連絡するのが辛い
  • 子どもがゲームやスマホに依存してる
  • 子どもの不登校は親の愛情不足と言われた
  • 不登校の原因がわからない
  • このまま引きこもってしまったらどうしよう
  • このまま引きこもってしまったらどうしよう

「うちの子は不登校だから」
と未来を諦めることなんてない

 この7日間無料メールセミナーでは、
 なぜ、これまで学校に行かせようとしても
 うまくいかなかったのか、
 その理由を明らかにし、
・どう子どもの不登校を捉えるのか
   ・どのように不登校の子どもに向き合うか
   ・どうすれば子どもの未来を創り出せるか
 を学んでいくことができます。
 お子さんが不登校になると、子どもはもちろん親御さ
 んも、まるで先の見えないトンネルに入ってしまった
 かのように不安になりますね。
 今見えていないだけで、出口は必ずあります。
子どもの未来を照らす光を一緒に探しにいきましょう!

不登校の子どもの未来創り
7日間メールセミナー
(基礎編)

0日目:
ご登録ありがとうございます!
【先の見えない不登校というトンネルに光を見い出す『不登校の子どもの未来創り7日間無料メールセミナー』(基礎編)】
1日目:
学校に行かせるための正しい方法を知りたくありませんか?
2日目:
なぜ、あなたの子どもは不登校なのか?
3日目:
不登校の子どもはお先真っ暗?
4日目:
学校に行けば、なんとかなると思ってませんか?
5日目:
なぜ、真面目ないい子ほど不登校が長引くのか?
6日目:
環境を変えればいいってもんじゃないですよ!
7日目:
学校に行かせるよりも大事なこと
2日目:
なぜ、あなたの子どもは不登校なのか?

こんな方が対象です

  • 不登校についてどこにも相談できない方
  • 不登校のお子さんに対して、何をやってもうまくいかなかった方
  • 親御さん自身も変わりたいと思っている方
  • 不登校について学びたい方
  • 不登校について学びたい方

プロフィール

      むかいみほ/みほ先生
      不登校寄り添いカウンセラー
◆企業理念
 愛・成長・多様性
「不登校という先の見えないトンネルに光を見出す」
「不登校だからといって未来を諦めることなんてない」
子どもの可能性を信じて、親御さんが自分らしく人生を生きて輝くことで、家族みんなで幸せになる未来を創る

◆略歴
・小学5年の時にいじめに遭い、腹痛などの身体症状で
 学校を休みがちになった経験から、
 人との関わり方や心について、興味を持つようになる
・「自分と同じように、苦しんでいる人たちの力になり
 たい」
 高校生の時にカウンセラーになることを決意し、
 短大・大学で臨床心理学を学ぶ
・大手教育社団法人にて、不登校支援カウンセラーとし
 て不登校の子どもとそのご家族を支援
・「未来は自分の意志で変えられる」
 アドラー心理学を基盤にしたカウンセリングを実践。
 離婚、パワハラを乗り越え、親子関係も改善し、
 自身の人生観も大きく変わる
・過去5年間で216名、累計4,275回のカウンセリング
 を実施
・5年間引きこもりだった子どもを社会復帰へ、
 不登校だった高校生を国立大現役合格まで導く
・スクールカウンセラーとして、都内の小中学校に在籍
・出産を機に退職。1児の新米ママになり、自身も日々
 育児に奮闘しながら、子どもの不登校や引きこもり、
 子育てに悩む親御さんに寄り添ったカウンセリングを
 行う。

不登校支援への思い

「不登校は誰がなってもおかしくない」

それなのに、
なぜか子どもやそのご家庭に対して、
未だに偏見があるように思います。

私がこれまでの支援で感じたのは、
どこにでもいるお子さんやご家庭が悩まれているということ。

今世の中には、要因となることで溢れています。

SNSの普及
いじめ
核家族の孤立化
DV
学級崩壊
貧困問題
超過勤務などの労働問題

大人ですら、生きづらいと感じることもあるぐらいですね。

不登校を子ども本人のせいにしないで、
私たち社会の問題として向き合いたい、
そう考えています。

そして、お子さんの不登校に悩まれている親御さんへ。

お子さんのことで頭がいっぱいになっていませんか?
そんな親御さんご自身の人生が輝くようなサポートをしたいのです。

親御さんがやりたいこと、
叶えたい夢に向かって行動することで、
お子さんも変わっていきます。

私が目指したいのは、

家族を一つの共同体と捉えて、
お互いや周りの方々を一人の人間として個性を認め、
対等であることを尊重し、
貢献し合える社会。


その実現のために、
子ども達の可能性を信じて未来創りを。