コロナ抗体検査キット

簡単にCOVID-19の検査ができるキットを販売します
簡単に
抗体検査は血液を一滴ほど希釈して、スポイトで検査キットに垂らすだけです。
事前にアルコール除菌を行うなど清潔さを保つ必要はありますが、気負うことなく手軽に検査が行なえます
素早く
たった10分で素早く安心を確認できます。
検査の判定は10分ほどで完了します。15分以上経ってしまうと、その結果はもう使えないものになってしまいますので、10分で判定を終えるようにしてください。
安心を
これまで感染を自分で調べる手段もなく、心配な日々を過ごしていたことだと思います。
これからは自分で感染チェックを自宅で行うことができます。
安心を
これまで感染を自分で調べる手段もなく、心配な日々を過ごしていたことだと思います。
これからは自分で感染チェックを自宅で行うことができます。

安心を届けたい

コロナ禍の中、人々は互いに疑心暗鬼になり、互いを疑い、無自覚に傷つけ合う、そんな悲しい出来事が起こっています。

  • 最初に感染が見つかった石川県県職員は家族で引っ越したそうです。
  • 感染が見つかった自宅に石が投げ込まれ、窓ガラスを割られた家も。
  • 帰省しようとする東京の息子に帰ってくるなと言い放つ田舎の両親。

そもそも原因は日本の対応にもあります。

なかなかPCR検査を受けさせてくれません。明らかにコロナだろうという症状なのに、クラスタとの接触がないからと検査を断られ、自宅待機をするしかないという人も大勢います。

そして、PCR検査はというと様々な欠点を備えています。

  • 経費がかかる
  • 時間がかかる
  • 信頼性が低い
  • 検査先で感染する恐れ

という問題点を抱えています。

経費は2万〜4万円。検査結果もすぐに判るわけではないので、それまでの間に感染を広げてしまう恐れもあります。信頼性も70%ほどしかなく、陰性だったとはいえ完全に安心できるものではありません。COVID-19以外のウィルスにも反応する研究結果もあります。事実、PCR検査の結果かえって感染者を増やしてしまったという研究結果もあるほどです。

なぜ抗体検査キットを勧めているかというと、抗体検査キットは安価に手に入り、家庭で検査することができ、すぐに検査結果が判明するからです。そして過去、感染していたかということも判明します。

それにより、今までの生活が安全だったのかどうか、これからの生活にフィードバックできるのです。

密を避けられなかった3日後や、定期的に抗体検査キットで検査をしてみてください。今までの疑心暗鬼になりながらの生活ではなく、胸を張って自分の生活は大丈夫だったと言えるお手伝いをさせていただければと思います。

製品

IgM/IgG 両抗体検査キット

一つで2つのIgM/IgG 両抗体の検査ができるキットになります。

本来はIgM抗体検査で充分なのですが、IgGも検査したいという声にお答えする形になりました。

ただしCOVID-19 新型コロナウィルスに関してはIgG抗体が消えてしまうという事実が確認されています。あくまでも一つの目安としてお考えください。
小見出し

使い方

申し込みは下記のボタンから

よく聞かれる質問

PCR検査とは?

PCR検査とはポリメラーゼ連鎖反応(Polymerase Chain Reaction)の略で、ウイルスの遺伝子を増幅させて検出する方法です。鼻や咽頭をぬぐって細胞を採取して検査を行います。発症から9日以内であれば唾液からの検査も可能です。

ウイルスが下気道にいることが多いため、痰がからむなどの症状が見られている方には痰を検体にして検査を行います。PCR検査は新型コロナウイルス感染症の確定診断に用いられており、この検査で陽性判定が出た場合には新型コロナウイルスに感染しているということになります。新型コロナウイルスに感染しているかどうかを知るためのPCR検査は3月より保険適用となっています

抗原検査とは?

抗原検査とはウイルスに感染した細胞が特異的に産生する抗原を検知して診断に導く検査のことを言います。PCR検査とともに、新型コロナウイルス感染症の確定診断に用いることができます。そのため新型コロナウイルス感染症と思われる症状が発症した方でも、発症2日目~9日目の間にこの検査で陰性となった場合には、その時点では新型コロナウイルス感染症ではないと言い切ることができます

新型コロナウイルスの抗原検査をするキットは30分ほどと非常に最短で検査ができること、特別な検査機器を使わずに検査ができるというメリットがあります。ですが、診断をつけるためには一定のウイルス量が必要となるため、PCR検査では陽性となったものの無症状の方や、新型コロナウイルス感染症に無症状で感染している方がいるかどうかのスクリーン検査の用途では使うことができません。

抗体検査とは?

抗体検査とは新型コロナウイルスに感染していたかどうかを調べる検査です。新型コロナウイルスに感染すると形成されるたんぱく質が体内にあるかどうかを調べることができます。抗体検査は新型コロナウイルスに感染後13日以降では、96.9%の陽性率ですが、感染後9~12日目の陽性率は約50%とまだ、期待されるほどの精度が出ていないことも現状です。

また、日本での検査は自費診療となっており、自身に抗体がついているかどうかの判定というよりも疫学調査のために用いられることが多くなっています。また、新型コロナウイルス感染が陰性であるという証明として抗体検査を行っている、あるいは行うことを推奨するという考え方を唱える方もいらっしゃるようですが、厚生労働省ではそのような目的での検査を推奨していません。

新型コロナウイルスの感染が疑われるときの検査の流れは?

新型コロナウイルスの感染が疑わしい時は、どこの病院に行ってもよいというわけではありません。検査を受けられる病院は限られているため、各自治体の保健所に電話で相談をして指示を受けた医療機関を受診してください。

PCR検査は鼻咽頭ぬぐい法といって、医師もしくは看護師が鼻や喉に綿棒を入れて細胞をぬぐい取って検査をしていきます。PCRの検査結果は出るまでに数時間ほどかかります。PCR検査で結果が出れば新型コロナウイルスの感染は確実です。ですが、1回PCRで陰性だったけれど明らかに新型コロナウイルスと思われる症状が出ているという方や、検査の結果を急いで知りたいという方には抗原検査も併せて行われます。抗原検査の検体もPCRと同じく医師や看護師が鼻咽頭ぬぐい法によって採取した細胞です。この細胞に専用の薬剤をかけて医師が診断をします。抗原検査はPCR法と異なり30分程度で検査結果が出ますし、PCR法のような特別な機械がいらず検査薬のみで検査できるということがポイントです。抗原検査はすぐに結果は出るものの正確性に欠けるため、抗原検査を主体的に行うということは少なく、PCR法と合わせて行い、診断を確定させるために使われます。

新型コロナウイルス感染症における検査は医療機関でしか受けることができません。


価格


下記の表よりお求めやすく改定しました!
LINE公式からお知らせしています

ご家族でまとめて検査する方、定期的に検査する方にお求めやすいプランにしました。基本的に送料を含んでいますのでお気軽にご利用ください。

お客様の声

仕事で外に出るため、自分が感染していないかを知りたくて購入しました。PCR検査は時間もお金もかかるし、陽性とわかると隔離されてしまうため、検査をためらっていました。この検査キットだと自宅で簡単に判定が出るので助かりました。

陰性でした。
福祉施設従事者です。

コロナは高齢者が重篤化するということで、職場でもみんな特に気を使っています。でも調べる手段が限られていて・・・。

今回検査した結果陰性だったので、検査結果をみんなに見せて証拠にしてます。助かりました。ありがとうございました。
夫婦で使っています。

高齢者は重篤化するということで恐怖を抱いていました。このキットで陰性であることを確認でき、今までの生活スタイルが正しかったのだと安心感を持つことができました。

周りの人たちにも、定期的に検査すると安心よと勧めています。