「自分が本を出すなんて無理に決まっている…」
「企画書も書けないし、出版社との繋がりもない…」
「本を出していれば、もっと集客がラクなのになぁ…」
とお考えのあなた。

7年間で270冊以上、商業出版化率は驚異の100%!!
企画書の作成、出版社への営業も全て代行。

cosolaは商業出版の実現だけでなく、
本を出したいと思った「目的」を実現する方法を著者と一緒に考え、夢をカタチにするお手伝いをしています。

出版は「目的」ではなく「手段」です。

自分の本を出版するのが夢…」というお声をよく聞きます。
でも、そういう方も「出版をしたいと思った理由」が必ずあるはず。
その理由こそが出版をする「目的」で、あなたの達成したい「ゴール」です。


そして、本を出すことは、そのゴールに到達するための「手段」に過ぎないのです。


お金を支払えば誰でも本を出せる「自費出版」と違い、「商業出版」は誰もが簡単にできるものではありません。
そのため、本当は何か達成したい目的があって出版したかったはずが、いつの間にか出版自体が目的になってしまう方が多いのです。
目的と手段が入れ替わってしまうと「出版したのに目的が達成できなかった」ということになりかねません。

cosolaの出版プロデュースでは、これまで沢山の著者の商業出版をサポートしてきた経験をもとに、商業出版の実現だけでなく、本を出したいと思った「目的」を実現する方法を著者と一緒に考え、夢をカタチにするお手伝いをしています。

商業出版で夢をカタチにするお手伝い

cosolaは7年間で270冊以上の商業出版を実現、出版社に持込んだ企画を100%書籍化するという驚異の実績

多くの著者が、商業出版で自分や会社のビジネスチャンスを広げ、夢を実現しています。

真剣に商業出版をお考えの方は一人で悩んでいないで、まずは、お気軽に私達にご相談ください。
商業出版のエキスパートが、あなたの疑問や悩みにお答えします。


cosolaの商業出版プロデュース

「自分や会社のビジネスチャンスを広げ、夢を実現するために出版したい!」
そんな、あなたの希望を叶えるのが、cosolaの商業出版プロデュースです。商業出版プロデュースは、出版がゴールではなく、出版の目的を実現することがゴールだと考えています。
出版の目的を実現するために、しっかりとヒアリングさせていただき、出版の目的や著者の方が持っているリソース(資源)を確認・共有したうえで、ゴールに繋げるにはどのような内容にするべきなのかを著者と一緒に考え、ゴールを達成する為に書店に書籍が並ぶまでにどんな準備委をしておけばいいのかのアドバイスをしています。

えば、出版の目的が「セミナーへの集客」なら…
そのゴールを達成する為に、著者のリソースの中でどの持ちネタを本すればターゲットがセミナーに興味を持つようになるのかを著者と一緒に考え、書籍の内容の方向性を決めていく。

そして、著者の持っているリソース(知識や人脈、コストなど)を最大限に活かす形で、著書が書店に並ぶまでに、書籍購入者をセミナー参加に繋げるには具体的にどのような準備をしておけばいいのかのアドバイスをさせていただくわけです。

ほとんどの人にとって、出版は初めての経験

だから、出版したいと思っても…
具体的に何をすればいいのか分からない…

もし、出版が決まっても、
目的を達成するためにはどんな準備をしておけばいいのかも分からない…
というのが本音だと思います。


cosolaの商業出版プロデュースは、
その2つの問題を解消し、商業出版の実現と出版の目的を達成するものなのです。

cosolaが選ばれる理由

cosolaは7年間で270冊以上の商業出版を実現しています。しかも、出版社に持込んだ企画の100%を商業出版化という、業界一の実績です。
実際に出版社で働き、10万分以上のベストセラーを出した実績のある編集者経験者が著者の方に直接ヒアリングをして企画書を作成しています。

出版が決まるかどうかは、企画書の出来で決まります。cosolaでは業界の人間、しかも、ベストセラーを作った実績がある人間だから「刺さる企画書」を作ることができるのです。


これまでの実績と信用があるからこそ、出版社や良い編集者と太い関係を持っているのでしっかり企画書を吟味してくれるのです。
出版の目的が「本業の集客」なら、そのゴールを達成するために、出版されるまでに、具体的にどのような準備をしておくべきなのかの提案し、そのゴールに繋がる書籍の内容を著者の方プランニングします。
cosolaは、著者と出版社を繋ぎ、商業出版を決めるのがメイン業務です。ですから、出版決定後の印税に関しては、一切の関与をすることはありません。

出版が決まるかどうかは、企画書の出来で決まります。cosolaでは業界の人間、しかも、ベストセラーを作った実績がある人間だから「刺さる企画書」を作ることができるのです。


商業出版プロデュースの流れ

FLOW 1
ゴールの設定

ヒアリングをさせていただき、商業出版に関するご質問や疑問点にお答えし、出版のゴールの明確化・共有と、著者の持っているリソース(資源)の確認をします。

FLOW 2
本の方向性
ゴールに繋げるには、どんな内容にすればいいのかを著者と一緒に考え、書籍の企画の原案を作ります。
FLOW 3
出版社へのリサーチ

企画書の原案をいくつかの出版社に見せて意見を聞き、出版社のニーズや、出版の可能性をリサーチします。

FLOW 4
正式な企画書の作成
著者に合わせ出版のための担当チームを作り、プロの編集者がヒアリングの上、出版の正式な企画書を作成いたします。
FLOW 3
出版社へのリサーチ

企画書の原案をいくつかの出版社に見せて意見を聞き、出版社のニーズや、出版の可能性をリサーチします。

FLOW 5
出版社への営業

企画書を持って、各出版社に営業をかけ、著者の書籍を出版してくださる会社を探します。

FLOW 6
出版社の会議
企画に興味を持った出版社内で、編集会議、出版会議が行われ、実際に出版するかどうかの是非が決定されます。
FLOW 7
出版の決定&出版社への引き継ぎ

出版が決定しましたら、著者の方にご連絡をさせていただきます。著者と出版社を引き合わせいたします。この後は、著者と出版社の担当者の間で書籍が作られていきます。

FLOW 7
出版の決定&出版社への引き継ぎ

出版が決定しましたら、著者の方にご連絡をさせていただきます。著者と出版社を引き合わせいたします。この後は、著者と出版社の担当者の間で書籍が作られていきます。

商業出版と自費出版の違い

商業出版と自費出版。どちらも「出版」なので、同じようなモノだと思っている方が多いのですが、両者は全く異なるものです。
商業出版と自費出版の最も大きな違いは、「出版にかかる費用を出版社が出すのか、著者が出すのか」という点にあるのですが、
この違いが両者に様々な違いを生み出しているのです。

このように、商業出版と自費出版では、同じ出版でも大きな違いがあります。
本を出せればどちらでもいい…ではなく、自分のゴールを達成する為に、
どちらのカタチで出版するのかを考えるべきなのです。


実績&お客様の声

見出し

03-xxxx-xxxx
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

注意事項

osolaはこれまで、7年間で270冊以上。
出版社に持ち込んだ企画の100%を商業出版してきました。
それは、出版社が魅力を感じる「良い企画書」を持ち込んできたからです。


cosolaでは、商業出版の依頼を受けた段階で、
著者にしっかりお話を伺い、企画書の元となるものを作らせていただいています。
この段階で、「このネタでは出版するのが難しい…」と判断した場合は、
商業出版プロデュースの受注をお断りすることがあります。


つまり、依頼をすべて受けられるわけではありませんが、
これは依頼を受ける以上は商業出版を100%実現するためのこだわりですので、ご理解をお願いいたします。

まずはお気軽にご相談ください
↓↓↓