先生!!

“心の教育”でお困りではありませんか?

頭ではなく“心”を使う「心を育む授業」で、
教育現場をサポート!!

授業を通じて、こんな効果が得られます

  • 自己肯定感が自然に育まれる
  • 命のつながりに気付く
  • 自分が「大好きなこと」を自覚できる
  • 親からの愛に気付き、感謝の心が芽生える
  • 命のつながりに気付く

発育段階にあわせた
 アクティブ・ラーニングをご用意しています‼ 



《未就学児 親子編》
いじめ・自殺0(ゼロ)を目指して~自分の存在感を確かめるアルバム作り
ねらい:(親子で参加型)
人とのつながりを理解することで、他者の気持ちや痛みが感じられる心を育みます。自己肯定から他者を認められる心をはぐくみ、いじめや、将来的な自殺の抑止効果が期待できます。男女、人種、ジェンダーすべてのダイバーシティを理解する土壌を育みます。

概要:
一番身近な存在である家族の写真を使い、自分と周囲との関係を可視化しながら「命はどこからくるのか?」「皆繋がっている」という感覚を掴むことの出来る、親子で行うプログラムです。親子で参加することで、子どもだけでなく、親御さんの心にも、自己肯定・他者肯定の気持ちをともに育みます。
《小学校 高学年児編》
いじめ・自殺0(ゼロ)を目指して~自分の存在感を確かめるアルバムつくり
ねらい:(児童のみ参加型)
自己肯定できない人は、他者も肯定できません。自己肯定から他者を認められる心をはぐくみ、いじめや自殺の抑止効果が期待できます。また、男女、人種、ジェンダーすべてのダイバーシティを理解する土壌を育みます。

概要:
「自分のことを大好きでいよう!」沢山の人に愛され、支えてもらって生きているいう事実に気づき、自己肯定感や感謝の心を育むプログラムです。自分自身の写真・アルバムが教材ですので、ワークを通して出来上がるシートは全員違います。そこから、自分が唯一無二の存在であることに気付いたり、違いのある他者を容認する感覚を育みます。
《高校生編》
自立心をはぐくみ生徒の幼稚化を改善~自己存在感発見アルバム作成
ねらい:
自分の特性、強みや本当にやりたい事などを再確認し、自分を肯定した上で、進路選択時に必要な自己改革、必要な知識や技能の習得を促し、将来の適正、可能性を高めます。

概要:
「何がしたいかわからない」「自分の強みがわからない」「自分の心がワクワクすることを見つけたい」進路を決めるタイミングに、あらためて自分を内観し「自分とは何者か」を自ら発見できるプログラムです。自分自身の写真・アルバムを教材とした、比較やジャッジ、一切の否定がない、全肯定型のプログラム。「感じることが全て」「頭ではなく心だけを使う」ことを最大の特徴とし、忘れていた過去の記憶や思い出から、自分自身での気づきを導きます。
《特別支援学校編》
自分に自信が持てる 自己肯定感が確認できるアルバム作り
ねらい:(単独・親子どちらも可能)
親子や周囲の人とのつながりを確認することで、自己を肯定する気持ちを育みます。感謝とともに、自分という存在に自信を持ち、自立心も芽生えさせます。

概要:
一番身近な存在である家族の写真を使い、自分と周囲との関係を可視化しながら「命はどこからくるのか?」「皆繋がっている」という感覚を再確認します。
《高校生編》
自立心をはぐくみ生徒の幼稚化を改善~自己存在感発見アルバム作成
ねらい:
自分の特性、強みや本当にやりたい事などを再確認し、自分を肯定した上で、進路選択時に必要な自己改革、必要な知識や技能の習得を促し、将来の適正、可能性を高めます。

概要:
「何がしたいかわからない」「自分の強みがわからない」「自分の心がワクワクすることを見つけたい」進路を決めるタイミングに、あらためて自分を内観し「自分とは何者か」を自ら発見できるプログラムです。自分自身の写真・アルバムを教材とした、比較やジャッジ、一切の否定がない、全肯定型のプログラム。「感じることが全て」「頭ではなく心だけを使う」ことを最大の特徴とし、忘れていた過去の記憶や思い出から、自分自身での気づきを導きます。
《小学校低学年児 親子編》
いじめ・自殺0(ゼロ)を目指して~自分の存在感を確かめるアルバム作り
ねらい:(親子で参加型)
自己肯定できない人は、他者も肯定できません。自己肯定から他者を認められる心をはぐくみ、いじめや自殺の抑止効果が期待できます。また、男女、人種、ジェンダーすべてのダイバーシティを理解する土壌を育みます。

概要:
「自分のことを大好きでいよう!」沢山の人に愛され、支えてもらって生きているいう事実に気づき、自己肯定感や感謝の心を育むプログラムです。自分自身の写真・アルバムが教材ですので、ワークを通して出来上がるシートは全員違います。そこから、自分が唯一無二の存在であることに気付いたり、違いのある他者を容認する感覚を育みます。
《中学生編》
いじめ・自殺0(ゼロ)を目指して~自分の存在感を確かめるアルバムつくり
ねらい:
「誰も自分を理解してくれない」「自分には生きている価値がない」と自殺者数が増加する中学生時代に、自分自身の写真・アルバムを使って「家族に愛されている」「私はひとりじゃない!」という事実に気づかせ、非行や引きこもり、自殺の抑止を図ります。

概要:
自分自身の写真・アルバムが教材だから、ワークを通して出来上がるシートは全員違います。そこから、自分が唯一無二の存在であることに気付いたり、違いのある他者を容認する感覚を育みます。

《小・中・高 卒業生編》
卒業を迎える生徒さんのための自己発見アルバム作成
ねらい:
卒業を控える人生の区切りに、自分と家族、周囲とのつながりを再確認。周囲への感謝できる心を再確認していただきます。また、自分の特性、強みや本当にやりたい事などを再確認し、何がしたいのか何が足りないのかを客観的に把握することで、今後の進路選択などに役立てます。自分が作成したアルバムは大切な思い出となります。

概要:
「何がしたいかわからない」「自分の強みがわからない」「自分の心がワクワクすることを見つけたい」進路を決めるタイミングに、あらためて自分を内観し「自分とは何者か」を自ら発見できるプログラムです。自分自身の写真・アルバムを教材とした、比較やジャッジ、一切の否定がない、全肯定型のプログラム。「感じることが全て」「頭ではなく心だけを使う」ことを最大の特徴とし、忘れていた過去の記憶や思い出から、自分自身での気づきを導きます。
《小・中・高 卒業生編》
卒業を迎える生徒さんのための自己発見アルバム作成
ねらい:
卒業を控える人生の区切りに、自分と家族、周囲とのつながりを再確認。周囲への感謝できる心を再確認していただきます。また、自分の特性、強みや本当にやりたい事などを再確認し、何がしたいのか何が足りないのかを客観的に把握することで、今後の進路選択などに役立てます。自分が作成したアルバムは大切な思い出となります。

概要:
「何がしたいかわからない」「自分の強みがわからない」「自分の心がワクワクすることを見つけたい」進路を決めるタイミングに、あらためて自分を内観し「自分とは何者か」を自ら発見できるプログラムです。自分自身の写真・アルバムを教材とした、比較やジャッジ、一切の否定がない、全肯定型のプログラム。「感じることが全て」「頭ではなく心だけを使う」ことを最大の特徴とし、忘れていた過去の記憶や思い出から、自分自身での気づきを導きます。

先着5校様限定!
「心を育む授業」を無償提供いたします!

詳しくはお問い合わせください

写真を使用するから、短時間で確実に子どもたちの心に響きます。

通常の学びの様に、知識を教え子ども達の頭で考えてもらうスタイルではなく、子ども達の心で感じる授業です。

自分が写っている写真を使って「感情」にフォーカスして、グループワーク中心に子ども達の感じる心を信頼します。

写真やアルバムの新しい活用法として全く新しいアプローチ方法ですが、短時間で確実に子ども達の行動にまで変化が訪れます。

子ども達の心に、きっかけや気付き、自己肯定感や自信を届けられます。

一般社団法人 日本アルバムセラピー協会
代表理事 林 さゆり

株式会社夢ふぉと
一般社団法人日本アルバムセラピー協会

電話番号 : 06-6241-1422
FAX : 06-4704-0218
所在地:大阪市中央区東心斎橋1-2-17-7F
https://www.album-therapy.or.jp