子ども達にいつも笑っていて欲しい!

子どもたちの可能性を
ひろげるために

  • 子ども達は生まれながらの天才です。その才能は大人の創造を遥か上を行く素晴らしさです

  • 子ども達の手から生み出されるものは大人が作り出すそれよりも何十倍も素晴らしい

  • 子ども達のキャッチする情報は大人たちのアンテナの何百倍も精度が高い

  • 子ども達の創り出す可能性は大人たちの何千倍も広がっている


そう、子ども達にはもって生まれた素晴らしい力がある!


そんな力によって、子ども達の持つたくさんの可能性を広げていける場がcorecolor(コレカラ)です。

フォローしていただけると嬉しいです

子ども達とネット社会

この言葉を聞いてどのように感じられましたか?

昨今、AI技術が進化を遂げ、当たり前にあった仕事がなくなっています。
また、子ども達の教育の現場でも「プログラミング」の授業が行われるなど、ますます子ども達とネットの関係は広く濃くなっています。



SNSのトラブルや、炎上動画、ネットイジメなど。
様々な形で子どものネットトラブルも増えてきています。

「まさか、うちの子が」
「どうして?」
「なぜ?気づかなかった」

トラブルの渦中の親御さんは口を揃えて言います。

そして、教育現場では「SNSの活用やネットに対する学習」、家庭では「時間を決める」など、子どもを「守るため」に敷いていくルールで、かえって子ども達は大人の知らないところで世界を広げます。

そして気づけば、その大人の見えない世界の中で、子ども達の「ちょっとした出来心」が思わぬトラブルを生む。


これは、本当に身近な話です。



corecolor(コレカラ)はこの問題をどうにか改善できないかと思い立ち上がりました。

corecolor コレカラ が考えるネット問題改善策

こんな場を作りたい!

子ども達の創造力と
お仕事をする大人達協力して
未来を楽しむ場の提供

Step
1
禁止ばかりするのをやめる
子ども達の可能性は無限大。
でも、「これはダメ」「あれはダメ」って言われていると、どんどん、どんどん可能性が縮こまっちゃう。

例えばスマホ。
「ずっとスマホばかり触って!!」
「時間を決めなさい!」
「スマホばかりするなら取り上げるよ!!」
こんな風についつい大人は口走ったりしませんか?

でも、本当にスマホってダメなの?
スマホを使うと良くないの?

答えは「NO」ですよね。

スマホって使い方によってはものすご〜く素晴らしい相棒になるのです。
それは大人もとっても実感していること。

だからこそ、corecolor コレカラ は、「禁止ばかりすること」をやめて子ども達の可能性を信じることを提案します。
Step
子ども達にネットの可能性を感じてもらう
実際にお仕事をしている大人達が「こんな事できる人!!」とcorecolor コレカラ を通して子ども達にお願いする場所を作ります。



大人が子どもたちに求める「Help!」

corecolor コレカラ のサイトを通して大人達の「Help!」に気づいた子ども達には、
「よし!大人達のために力を貸そう」と立ち上がってもらいます。


例えば「画像を素敵にしてほしい」「こんな形の画像がほしい」とか「こんなイラスト描ける人!」など色々。



  • スマホ一つでこんなことができるんだ。
    こんなに社会の役に立てるんだ。

  • ネットでこんなにも世界が広がるんだ。
    自分を正当に評価してくれる場所があったんだ。



と感じてもらうキッカケになるハズです。





子ども達にはcorecolor コレカラ を通して


  • スマホの利用価値に気付いてもらい

  • 自分の可能性をどんどん広げることができる場がネット上にあることを感じてもらい

  • 「正しいネットの使い方」があるということを知る

ことで、自発的に正しいネットの使い方を意識してもらえるようになって欲しいのです。

 

Step
子ども達にネットの可能性を感じてもらう
実際にお仕事をしている大人達が「こんな事できる人!!」とcorecolor コレカラ を通して子ども達にお願いする場所を作ります。



大人が子どもたちに求める「Help!」

corecolor コレカラ のサイトを通して大人達の「Help!」に気づいた子ども達には、
「よし!大人達のために力を貸そう」と立ち上がってもらいます。


例えば「画像を素敵にしてほしい」「こんな形の画像がほしい」とか「こんなイラスト描ける人!」など色々。



  • スマホ一つでこんなことができるんだ。
    こんなに社会の役に立てるんだ。

  • ネットでこんなにも世界が広がるんだ。
    自分を正当に評価してくれる場所があったんだ。



と感じてもらうキッカケになるハズです。





子ども達にはcorecolor コレカラ を通して


  • スマホの利用価値に気付いてもらい

  • 自分の可能性をどんどん広げることができる場がネット上にあることを感じてもらい

  • 「正しいネットの使い方」があるということを知る

ことで、自発的に正しいネットの使い方を意識してもらえるようになって欲しいのです。

 

子ども・大人・保護者の成長の場に

Step.1
子どもの責任感、自主性を育む
子どもの成長
子ども達が痛い目に合わないように、傷つかないように。
どんどん大人が先回りして子どもを守っていく世間の風潮。
そんな社会で育っている子どもたちは、
「何かあってもどうせ親が、大人たちが守ってくれる」
という想いが強くなっているような感じがします。


「自分の責任は自分でとる」
という意識の欠落がおこり、そのことで自分の発することに責任を持てず、SNSでの不用意な発言をしてしまい問題になる。ということも多々おこる事象であります。


だからこそ、まずは子どもたちが、自分の責任感、自主性をはぐくめる場が必要だと立ち上がったのが、corecolor コレカラ。




責任感を持つために、子ども達には自分たちのできるスキルを活用して、お仕事を受けていただきます。

そうすることで、期日を守らなければいけない、クライアント様とのやり取り時の言葉選び、仕事として請け負うためのクオリティ等、様々な責任感を体験するとともに、自分のスキルが誰かの役にたつ、正当に評価されているという、成功体験も味わって欲しいと考えています。



  • 自分のスキルを使えば、どんな仕事を請け負えるのか。
  • この仕事を請け負うためにはどんなスキルが必要なのか。
  • もっとクオリティを上げるために何をしなければいけないのか。



そんな「自ら考える力」も育める場となることを想定しています
Step.2
大人の子どもの可能性を信じる力を育む
大人の成長
子どもだけでなく、大人たちにも、今の子ども達の素晴らしさ、可能性を感じていただく場としたいとも思っています。



「今どきの子は」とひとくくりで、どちらかというとマイナスなイメージで「今どきの子」をみることも多々ある世の中ですが、「今どきの子」だからこそできること、産まれる発想力も多々あります。

そして、お仕事をされている人たちにとっても、「今どきの子」の発想力は、とても大きな戦力となるはずです。



だからこそ、多少の不手際はあるかもしれませんが、そこは大きな心で受け止めていただき、子ども達の可能性を心から信じる力を育んでいただきたいのです。

子ども達が、「認められる」。そんな社会を作ることが、これからの世の中をよりよくしていくためには必要不可欠だと、corecolor コレカラは考えます。
Step.3
過干渉にならないように保護者の見守り力を育む
保護者の成長
子どもを育てていくうえで必要なことは、過干渉になりすぎずに子どもを見守ることだと考えています。



子ども達は、与えられる生活に慣れてしまっています。
だからこそ、本当に自分が何をしたいのかもわからなくなってしまい、自分で何かを選び取っていくということが難しくなっているのではないでしょうか?



子どもが傷つかないように、もっと幸せになれるように。
そんな私たち親の想いが、実は子どもたちの可能性をどんどん狭めている。
ということに、気づくべきなのです。



子ども達に、少しでも多くの選択肢を提供できる場をつくることで、
「与えられる」のではなく、「選び取る」ことを学ばせていきませんか?

そして、その「選び取る」という行動を、私たち保護者は、そっと見守るようにしていきませんか?



多様化する情報社会で責任感ある大人を育てていく、その一端を担うために、corecolor コレカラは活動していきたいのです。
Step.2
大人の子どもの可能性を信じる力を育む
大人の成長
子どもだけでなく、大人たちにも、今の子ども達の素晴らしさ、可能性を感じていただく場としたいとも思っています。



「今どきの子は」とひとくくりで、どちらかというとマイナスなイメージで「今どきの子」をみることも多々ある世の中ですが、「今どきの子」だからこそできること、産まれる発想力も多々あります。

そして、お仕事をされている人たちにとっても、「今どきの子」の発想力は、とても大きな戦力となるはずです。



だからこそ、多少の不手際はあるかもしれませんが、そこは大きな心で受け止めていただき、子ども達の可能性を心から信じる力を育んでいただきたいのです。

子ども達が、「認められる」。そんな社会を作ることが、これからの世の中をよりよくしていくためには必要不可欠だと、corecolor コレカラは考えます。

検討中の corecolor コレカラ の仕組み

corecolor コレカラ はネット上のサイトです

corecolor コレカラ は、安心安全な大人と子どもの繋がる場
corecolor コレカラ のサイト上が、子どもの可能性を信じてお仕事を依頼したい大人と、自分の力を試したい子どもの出会う場となります。

登録制のサイトにしたいと検討中。
子どもの個人情報は、corecolor コレカラ がしっかりと守る仕組みにしたいと思っています。

大人も子どもも登録制だから安心

大人も子どもも、しっかりと身元確認できる状態で登録してもらえる仕組みを検討。
登録していただいた情報は、corecolor コレカラ で管理。

その上で、匿名でお仕事を受注・発注していただき、corecolor コレカラのサイト上で、お仕事のやりとりもして頂きます。

そうすることで、corecolor コレカラ スタッフでやりとりの確認をすることができ、より安心安全な環境を作ることができます。

又、子どもの対応などに問題がある場合は、corecolor コレカラ スタッフの方から、指導させていただいたり、苦情の受け継ぎをさせていただくことで、お子様の成長を見守っていきたいと思っています。

子どもへの報酬はポイント制

正当な評価をポイントで還元
大人がお仕事を依頼していただく際には、報酬として現金でcorecolor コレカラ に入金していただきます。

そのお金を、子どもには、ポイントとして還元させていただきます。
ポイントを集めて、スキルアップにつながる何かと交換できるような仕組みを検討中です。

お仕事依頼して下さる大人の方へのお願い

お仕事ご依頼して下さる際は、子どもの成長の一端という意識で、大きな心でご依頼ください。

もちろん、子どもはシッカリと「仕事」として誠実に対応することを条件とさせていただきますが、不慣れな点、ちょっとした配慮に欠ける点など、目に余る行為もあるかもしれません。
そんな行為も、大きな心で見守ってくださる気持ちでお願いします。

又、お仕事完了の際には、できるだけ具体的に良かった点をお伝えしていただけると、子どもの自己肯定感ややる気のアップにつながりますので、そんな想いでご協力くださる方を募集しております。

子どものメリット

仕事をやり切ることでの「達成感」を得るだけでなく、「自分もできる」「世の中の役に立つ」という、正当に「認められる」ことを実感することでの自己肯定感がアップします。

得意なことや、やりたいことが判り、将来の道筋がみえることもあるかと思います。

ネットを通じて自分の可能性に気づけ、そのことにより世界が広がることで、ネットの楽しい使い方を学ぶこともできると感じています。
※こんなイメージが形になれば良いなという案です
    
               

こんな想いで立ち上げたプロジェクトです

子どもにいつも笑っていて欲しい

ニュースや噂話で耳にするネットトラブル。本当に他人事でした。
その他人事が他人事じゃなくなったのは、わが子が中学2年生のことでした。

それをキッカケに、たくさんいろんな話をしました。
一番びっくりしたことが、「本当に軽い気持ちだった」と我が子が答えたこと。
「そんなに、おおごとになるなんて思っていなかった」という想像力のなさすぎたところ。

家庭でも、学校でも、テレビでも、ネットの使い方の注意点など度々教えてきたつもりでした。
が、子どもには、いまいち心から「自分ごと」と、とらえてもらえていなかったのです。



その反面、中学生のネットの拡散力のすごさにも本当にビックリしたんです。



一歩、使い方を間違えると、本当に大変なことになる。
でも、その拡散力を用いたら、もっとすごいこともできるんじゃないのか?可能性をもっともっと広げることもできるんじゃないのか?そんなことも感じたりもしました。




現在中学生の子どもの2児の母である私。
実際に子ども達のスマホの様々なスキルを目の当たりにしてきました。
動画編集や画像作成の得意な子、様々なスキルに長けている子ども達がいます。
大人には到底真似できないスピード感のある情報収集力や発想力。


どれ一つをとっても、素晴らしいスキルです。


確かにまだまだ、社会に通用するレベルじゃないかもしれません。が、もしそんな子ども達が社会に役に立てる機会を与えられると、グングン成長していく機会になるんじゃないのかと想っています。



又、学校という小さな社会の中での生きづらさを感じている子どもたちにとって、そういうネットの場は、新たな自分の居場所となり、そこで自己肯定感を高めたり、新たな目標をみいだせる場になると信じています。





多くの子を持つ親にとって、一番心から望んでいることは、その子が「生き生きと楽しそうに笑っていてくれる」ことだけだと思っています。が、いろんなシガラミやネットも絡んだ複雑な人間関係の中、疲れ、その笑顔さえも減っている子どもがいることも現実だったりします。

一人でも多くの子どもが、自分の居場所を見つけ、自分の存在意味を感じ、笑顔になれる場所は一つでも多い方がいい。だからこそ、そんな場の一つを担いたいと思っています。

協力者募集しています

corecolor コレカラ の想いに共感して、何かしらの協力をしてくださる方がおられれば、ご連絡先の登録をお願いいたします。

corecolor コレカラ の活動の拡散・お仕事のご依頼をしてくださる大人の方・お仕事を請け負いたいお子様の推薦・活動の技術協力等、どんなサポートでも大感激です。

まだまだ想いだけの corecolor コレカラ プロジェクトですが、この想いが形になるためにご協力くださる方、ご連絡お待ちしております。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信