📞090-1162-0100

老後の安心と事業永続のために
私があなたの力になります!

「いつも晴れの日ばかりではない。働く人、地域、お客様のために永続的繁栄をしなければならない」がモットーです。
初回相談
無料!
老後に必要な準備

老後資金の目安や老後資金の形成方法がわかる!老後資金セミナー

ゴールFP事務所主催の老後資金セミナーに参加すると、老後資金の目安や老後資金を形成する方法などを学べます。老後の資金計画に役立てましょう。

老後はどのくらいの資金が必要?

老後はどのくらいの資金が必要?

老後の生活を支える資金は、主に年金です。しかし、年金だけでは老後生活のすべてを賄えません。一般的に年金以外で、3,000万円程度の資金形成が必要だと言われています。

ただし、定年退職の年齢やライフスタイル、寿命によっても変わってきますので、3,000万円というのはあくまでも目安です。実際の老後資金は、現在の収入や定年退職の年齢などを考慮しながら、シミュレーションすることが必要になってきます。

将来必要となる老後資金のシミュレーションをご希望の方は、ゴールFP事務所へご依頼ください。お金の専門家であるファイナンシャルプランナーが老後資金についてご相談を承ります。

老後資金を形成する方法とは?

老後資金を形成する方法とは?

では、年金生活に入るまでに、どうやって老後資金を貯めれば良いのでしょうか?

老後資金づくりの方法として、定期預金・積立預金などの預貯金や財形貯蓄、 確定拠出年金(DC)制度、NISA(少額投資非課税制度)などが挙げられます。資金形成は一つの方法に限定せず、複数の方法を用いて行われるのが一般的です。

定期預金にはスーパー定期や大口定期などがあり、変動金利や固定金利など、様々な商品が各金融機関から提供されています。財形貯蓄は、給与から天引きされて積み立てる貯蓄、確定拠出年金制度は、毎月一定の掛金を積み立てて運用する投資です。非課税投資枠が設定されたNISAは、有利な条件で資産を増やすことのできる投資運用の一つです。

老後の資金づくりにどの方法が向いているか、効率が良いかなどをしっかりと見極め、無理のない資金計画を立てましょう。

福岡市で老後資金の目安や老後資金の形成方法を学びたい方は、ゴールFP事務所主催の老後資金セミナーにご参加ください。福岡市で老後資金セミナーを開催しています。福岡市や北九州市にお住まいの方で、老後の資金計画でお悩みの方はいらっしゃいませんか?老後資金セミナーを受けると、正しいお金の付き合い方がわかります。未来の暮らしがより豊かになるためにも、お金について学び、お金を味方につけましょう。

老後資金づくりに役立つ!老後資金セミナー「ぶちねこ積立」講座

老後を迎えるにあたって、どのような準備をしておくことが必要なのでしょうか?ここでは、老後生活に必要な準備をご紹介します。

安心して老後生活を過ごすための準備

安心して老後生活を過ごすための準備

老後の準備で最も必要なのは、老後の資金づくりです。最近は定年退職をしても、アルバイトや嘱託などで働き続ける人が増えていますが、人生100年時代といわれるような平均寿命の延びを考えれば、決して十分ではありません。

そこで、老後生活を安心して過ごすために必要となるのが、資金です。老後生活では年金が主な収入源になりますが、年金だけではゆとりのある暮らしはできません。ある程度まとまった老後資金が必要になってきます。

しかし、働いているうちにコツコツと貯めようと思っても、日々の生活費や住宅ローン、交際費などで、なかなか貯まらないものです。老後生活を快適にするための準備として、預貯金の他に退職金や保険の内容を把握する必要があります。退職金がどのくらい入ってくるのか、貯蓄性のある保険に加入しているかなど、老後を迎える前に確認することが大切です。

また、親の財産についても把握しておくと良いでしょう。親の遺産を当てにしたくないと考える方もいらっしゃるかもしれません。しかし、いずれは財産分与で手元に入ってくるのであれば、早めに把握しておく方が相続税や財産の分け方などの対策も家族で話し合えます。

「ぶちねこ積立」講座の内容

「ぶちねこ積立」講座の内容

老後資金を貯める方法は、預貯金や保険加入、退職金、遺産相続などの他にも、様々な方法があります。ゴールFP事務所が北九州市で開催している老後資金セミナーに参加すると、老後資金を貯める多くの方法を学ぶことができます。

中でも老後資金セミナーの「ぶちねこ積立」講座では、個人型確定拠出年金(iDeCo)やつみたてNISAについて学ぶことができ、老後資金の形成に大いに役立ちます。「ぶちねこ積立」講座は、老後不安の背景や金利の重要性、税制などが学べるセミナーです。

老後の資金形成について具体的に講義します。また、お金を増やす方法として、長期投資や分散投資、積立投資などの理解も深まります。講座の最後に質疑応答を行いますので、疑問・質問がありましたらお気軽にお聞きください。

北九州市で老後生活や老後資金についてのセミナーをお探しでしたら、ゴールFP事務所へお問い合わせください。ゴールFP事務所は北九州市や福岡市で老後資金セミナーを開催しています。老後資金セミナーに参加することで、老後の準備や老後資金を貯めるコツが理解できます。お気軽にお申込みください。

年金だけで老後資金は大丈夫なのか?年金の基礎知識をご紹介

老後はどれくらいの年金を受け取ることができるのでしょうか?ここでは、老後はどのくらいの年金がもらえるのかをご説明し、老齢基礎年金と老齢厚生年金の違いについてもわかりやすく解説いたします。

老後はどのくらい年金がもらえるのか?

老後はどのくらい年金がもらえるのか?

年金の支給開始年齢は段階的に引き上げられていますが、2018年現在では、現役世代が年金を受け取れるのは65歳からだと考えておくと良いでしょう。

なお、国では年金の支給開始年齢を70歳以上に引き上げることも検討されていますので、近いうちに現行の65歳から変更になる可能性は十分にあり得ます。年金の支給開始年齢が引き上げられると、当然のことながら老後に受け取れる年金の額は少なくなりますし、その期間は生活資金の確保に困ってしまいます。

20歳から60歳になるまでの40年間で、国民年金を一度も滞納しなかった場合は、年間で約78万円を受給できます。厚生年金に加入していない自営業者などは国民年金しか受け取れないため、年間約78万円受給することができるとしても、月間に換算すれば約6万5千円で老後の生活を送ることを余儀なくされます。

老齢基礎年金と老齢厚生年金の違い

老齢基礎年金と老齢厚生年金の違い

老齢基礎年金は、20歳から60歳までの期間に支払った保険料に応じて、65歳から受け取れる年金のことです。老齢基礎年金を受け取るためには、20歳から60歳までの間で保険料納付済期間と保険料免除期間などを合算した期間が10年以上あることが必要です。

よって、経済的な事情などで未納期間が多い場合は、老齢基礎年金を受け取ることができないケースがあります。

老齢厚生年金は、老齢基礎年金に上乗せされる年金のことで、会社員や公務員など厚生年金を支払っている人が受け取ることができます。厚生年金に加入していない自営業者やパート・アルバイトの方などは老齢厚生年金を受け取ることができず、老齢基礎年金だけで老後の生活を送ることになります。

年金だけに頼らずに老後資金を準備するには?

国民年金だけしか受け取れない人は、年間78万円程度の資金で老後の生活を送ることになりますが、この金額では年金だけで生活するのは困難です。厚生年金を受け取れる人でも年金だけでは、ゆとりのある暮らしは難しいでしょう。少子高齢化などの影響により、年金は今後ももらえる金額が増々減額されていくことが予想されますし、支給開始年齢も引き上げられていく可能性が高いです。

そのため、老後のためにも、元気に働ける現役のうちから、自分で十分な老後資金を蓄えておくことが重要です。年金だけで老後の生活を支えるのは困難であるため、働けるうちに老後資金を蓄えておくことが重要になってきます。

老後資金をどのように蓄えれば良いのかお困りの方も多いでしょう。そのような場合は、無料の老後資金セミナーなどに参加して、老後資金を貯める具体的な方法を学ぶことも一つの手です。福岡県で老後資金セミナーへの参加をご検討されている方は、ゴールFP事務所にお問い合わせください。

福岡県の北九州市や福岡市などのエリアで、資産運用法や公的制度を利用した老後資金づくりなどが学べるセミナーを開催しています。金融機関・経営者の経験があるファイナンシャルプランナーがわかりやすくお伝えいたしますので、福岡県で老後資金セミナーをお探しでしたら、ぜひご参加ください。

福岡市で老後資金セミナーに興味のある方はゴールFP事務所

会社名 ゴールFP事務所
代表者 行実 正明
住所 〒822-0001
福岡県直方市感田3601−1 FMレイクサイド直方601
電話 090-1162-0100
メール geo8220001@gmail.com
URL https://goalfp.site/