海外赴任者
フォローアップ プログラム

共通言語として「英語」のレベルを上げるだけでは、グローバルコミュニケーションのレベルは向上しません。コミュニケーションはキャッチボール。相手が期待しているところへきちんと投げ返さないと、うまくキャッチはしてもらえません。赴任先できちんとボールを投げ返せているか、投げ返したいけどどう投げていいのか分からないならコムPLUSにお任せください。
「言葉の壁」以上の
「コミュニケーションの壁」
海外赴任経験者へ「一番ストレスだったのは?」と調査すると、多くの結果で「ローカルスタッフとのコミュニケーションの難しさ」が共通してトップに上がります。反対に、ローカルスタッフに「日本人の赴任者に対して感じる一番のストレスは?」と調査をすると、多くは「何を考えているのか理解するのが難しい」に集約されます。これは、仕事の指示や質問への回答があいまいである、仕事を評価されているのか判断できない、そもそも何を期待されているのかが分からない、などと言ったコメントが数多く出てくる結果です。

この両者間の間にあるギャップを埋めるには、残念ながら「言葉の壁」を乗り越えるだけではできません。もちろん「言語力を磨く」ことは解決策のひとつとして外せませんが、時間がかかります。まずは「コミュニケーションの壁」に目を向けて、今ある言語力でそれを乗り越える方法を見つける方が、ビジネスでははるかに効果的と言われています。

コムPLUSでは、この「コミュニケーションの壁」に注目し、海外赴任者とローカルスタッフのストレスを解消するサポートとして、オンラインの海外赴任者フォローアッププログラムを提供しています。
異文化コミュニケーションは
なぜ大切なのか
グローバルコミュニケーションのレベルを上げるためには、まずは「相手」の期待しているところへ的確にボールを投げ返すコツを知ることです。そして、時には相手にも自分が期待しているところへボールを投げてくれるように伝えることも、赴任者にとっては重要な役割のひとつです。それには、コミュニケーションスタイルに表れる「相手の文化的な常識と自分の文化的な常識」との間にあるギャップを客観的に捉えることができれば実現しやすくなります。異文化コミュニケーションの知識は、このようにギャップを認識して埋めていく方法を考えるのに大変役立ちます。

コムPLUSの海外赴任者向けフォローアッププログラムの特長

異文化コミュニケーションの理論に基づいた知識提供
コミュニケーションギャップの原因を日本の商習慣などの文化的な要因と紐づけながら、深いレベルでの理解ができるように、理論立てて解説します。「マナーギャップ」「メッセージギャップ」「ディスカッションギャップ」など、ビジネス現場でのニーズに合わせたトピックごとに、基礎から体系的に学んでいただける構成で提供しています。
赴任者のスケジュールに
柔軟に対応できるスキーム
赴任者の忙しい実情に合わせて異文化コミュニケーションに関する知識提供は動画で、現場での応用相談については1対1のオンラインセッションでというスキームで提供しています。動画教材は1本10分程度に編集してあり、お好きなスキ間時間で見られます。また、オンラインセッションは赴任者が直接コンサルタントとメールを通してスケジューリングするので、直前の変更にも対応できます。

インプットは日本語
アウトプットは英語
「英語でのコミュニケーションレベル」を上げるには、まずは母国語で異文化についてしっかりと考え、理解することが大切です。従ってインプット用の動画教材は日本語で用意しています。それに対し実際の現場でのアウトプットは英語で行う実情に合わせて、オンラインのプライベートセッションでは、英語ネイティブと実際に英語で対話していただきます。そうすることで実践的な対応力を効率良く身に着けることができます。
>>>>動画サンプル紹介
経験豊富なコンサルタントとの対話機会の提供
コムPLUSのコンサルタントは、日本で長年異文化コミュニケーションのトレーナーとして活躍してきた日英バイリンガルです。彼らの百戦錬磨の経験から直接赴任者ご自身が学べるような機会を提供しています。現地で相談できる人がいない赴任者には、心のオアシスとなるのは間違いないです。日本人の微妙な心理を英語でどう伝えたら良いかなどのアドバイスには定評があります。
>>>>コンサルタント紹介
経験豊富なコンサルタントとの対話機会の提供
コムPLUSのコンサルタントは、日本で長年異文化コミュニケーションのトレーナーとして活躍してきた日英バイリンガルです。彼らの百戦錬磨の経験から直接赴任者ご自身が学べるような機会を提供しています。現地で相談できる人がいない赴任者には、心のオアシスとなるのは間違いないです。日本人の微妙な心理を英語でどう伝えたら良いかなどのアドバイスには定評があります。
>>>>コンサルタント紹介
ComPLUSの動画教材
長年、数々の現場で見てきた異文化コミュニケーションに関する知見をビデオ教材にまとめました。主人公の西田さんのアメリカでの体験をベースに楽しく学んでいけるよう編集しています。

異文化と向き合う時の基本的な考え方について「マナーギャップ」「メッセージギャップ」「ディスカッションギャップ」といったビジネスでなじみのある場面を軸にして、分かりやすく解説してあります。

注:プライベートセッションとのセットでの受講を前提に作られた教材です。

プログラム ラインアップ

赴任後立上がり
サポートプログラム
着任後に直面する「思っていたのと違う」ギャップを現地の組織やメンバーに合わせてうまく埋められるようサポートします。定期的なコンサルタントとの対話を通して、知らずに抱えた不安や課題を言語化し、次のアクションを起こしやすくします。
【内容】
☑ 自己学習=動画教材・視聴(10分x8本)
☑ オンライン プライベート セッション
  (1時間x月1回:計3セッション)
【セット価格】
¥127,000(税抜)

ガッツリ英語コミュ力
サポートプログラム
着任後すぐに高いパフォーマンスを求められる立場の方にお勧めのプランです。ローカルのクライアントやスタッフの信頼を得るには第一印象で失敗するわけにはいきません。自己紹介のプレゼンから会議でのファシリテーションの仕方など、ニーズに応じた課題を具体的にコンサルタントと相談できます。
【内容】
☑ 自己学習=動画教材・視聴(10分x8本)
☑ オンライン・プライベートセッション
  (1時間x週1回x3か月:計12セッション)
【セット価格】
¥372,000(税抜)

Global Communication Gap Management(GCGM)プログラム
グローバルコミュニケーションのスキルアップトレーニングを個人で受講できるプログラムです。英語でクリアに端的に自分の意見を、適切なタイミングで述べることが出来るようになるまで、丁寧に指導します。英語でのコミュニケーション力を総合的にスキルアップさせていく、個別フィードバックを中心としたトレーニングです。

Global Communication Gap Management(GCGM)プログラム
グローバルコミュニケーションのスキルアップトレーニングを個人で受講できるプログラムです。英語でクリアに端的に自分の意見を、適切なタイミングで述べることが出来るようになるまで、丁寧に指導します。英語でのコミュニケーション力を総合的にスキルアップさせていく、個別フィードバックを中心としたトレーニングです。

コンサルタント紹介

1996年カナダ・ビクトリア大学アジア学科日本学日本語学専攻卒。1997年アメリカ企業Vermeer Manufacturing社の駐在員として、本社と販売店を繋ぐためにマレーシアのクアラルンプールへ赴任。国際ビジネスと異文化コミュニケーションの難しさを痛感。その後カナダMountain Greens社オンタリオ州の営業セクション立ち上げ責任者として勤務。2003年に三重県伊賀市役所にて国際交流科のコーディネーターとして地域の国際化促進に従事。2005年より、株式会社インテック・ジャパン(現:株式会社リンクグローバルソリューション)の異文化コミュニケーショントレーナーとして以来14年間、年平均165日、120社以上の国内外大手グローバル企業の役員およびスタッフ延べ3万5千人以上に対し、グローバルマインドセットおよびグローバルスキル開発を支援。2014年ロイヤルローズ大学で業務管理を専攻しMBAを修得。
パトリック・ジェイ/Patrick Jay
Senior Consultant
カナダ・ブリティッシュ・コロンビア大学ビジネスマーケティング専攻1994年卒。同年来日し、ブリタニカ・ジャパン大阪支社のファシリティーブランチマネジャーとして6年勤務。2000年には、アウトプットにフォーカスした学習法を実践する英語学校を大阪に設立、同時に大阪の3つの大学にて非常勤講師としても勤務。2006年に国際ビジネス・コミュニケーションを専門とするクリエイトコンサルティング社に入社。ニーズアセスメントの新たなプログラム開発、研修教材のデザイン・制作、研修運営に携わる。2012年にCertificate of Intercultural Communication(CIC)(異文化コミュニケーションの修了証)を取得、同年株式会社リンクグローバルソリューションに入社。グローバルマインドセット研修、コンフリクトマネジメント、アサーティブ研修などの分野を得意とする。
グレアム・レンズ/Graham Lenz
Senior Consultant
カナダ・ブリティッシュ・コロンビア大学ビジネスマーケティング専攻1994年卒。同年来日し、ブリタニカ・ジャパン大阪支社のファシリティーブランチマネジャーとして6年勤務。2000年には、アウトプットにフォーカスした学習法を実践する英語学校を大阪に設立、同時に大阪の3つの大学にて非常勤講師としても勤務。2006年に国際ビジネス・コミュニケーションを専門とするクリエイトコンサルティング社に入社。ニーズアセスメントの新たなプログラム開発、研修教材のデザイン・制作、研修運営に携わる。2012年にCertificate of Intercultural Communication(CIC)(異文化コミュニケーションの修了証)を取得、同年株式会社リンクグローバルソリューションに入社。グローバルマインドセット研修、コンフリクトマネジメント、アサーティブ研修などの分野を得意とする。
グレアム・レンズ/Graham Lenz
Senior Consultant