身長コンプレックスを持つ男 どうやって克服すればいいの?

身長コンプレックスを持った男性というのは結構な人数がいると思います。
どうしても日本社会において身長というのは何かと語られるもの。

女性からの話ではせめて170cmはないといけない、理想としては175cmなんて話もあります。

でも、実際の日本人男性の平均身長は171cm程度。
平均ということを考えると約半分の男性は170cmを切っていることになり世の中の理想とされる身長を満たせない人が実は続出しているということになります。

コンプレックスを持つ人が多いというのも無理がないという話になります。

女性の理想はあくまで理想

女性の理想とする身長が175cmだったりしますが、あまりこのことを間に受けてはいけないように思います。
というのも、あくまで175cmというのは女性が考える「理想」の身長でしかないというもの。

175cm以上の男性はせいぜい25%程度しかいません。
4人に1人もいないというわけです。

世の中の8割の人は該当しないのに、女性にこのことが原因で選ばれないというのはありえないでしょう。

175cmあるからといって、必ずしもその人がかっこいいかどうか、見た目がいいかどうかはまた別問題になります。
標準以上の人が半分いると考えると、該当するのは12%程度です。

さらに学歴・収入も・・・なんてことを言い出すと本当にすべてそろった人なんて数%もいないことになります。

女性としたって男性からみてそんなに日本の上位数%を満たすほどの人物なのかという話になってしまいます。

理想はあくまで理想ということ、現実は違うということでそこまでの心配をする必要はないのかもしれません。

シークレットシューズを履くべきか?

身長が低い人の中にはシークレットシューズを使ったどうなのかと考えている人もいるでしょう。

このシークレットシューズ。個人的にはおすすめしません。
そんなことを言うとシークレットシューズの業者の人に怒られてしまうかもしれません。

でも、このシークレットシューズ。意外と女性にはバレています。
どうしても脚だけが長くなるので、バランスの不自然さが出やすいですし、ひざの位置や歩き方で不自然さが出やすくなります。

そして座敷に上がるなんてシーンが出てきたら最悪ですよね。
そこでバレて幻滅されるくらいなら最初から低いと相手にわからせておいた方がいいと思いませんか?

一生そのままでバレないことはないものなので、わざわざ幻滅させる要因をつくることはないのです。

普通の靴でも、底が厚めのものを使っていけば、3cm程度であれば底上げはできるようになります。
そのくらいであれば自然な範囲になりますので、その程度で抑えるようにしておきましょう。

本当に低いのであれば、高さで勝負するのではなくて別のところで勝負するようにしていきましょう。

背が低くてもモテる人はいます

背が高い人が絶対的にモテて、背が低い人はモテないのか?と言われると決してそんなことはないというのは、今まで生きてきていればわかるかと思います。

本当にモテている人は背が高い人ばかりだったのか?それとも違う人も含まれていなかったのか?というところです。

男で150cm台の人であってもモテモテという人はいますよね。
そういう人は大抵トークが上手かったり、何ららの別の要因があったりします。

もっといってしまえば別にハーレム状態にモテモテにならなくても、極端な話1人良いと思える人に出会えればいいわけですよね。

それであれば中には身長を気にしない人や、好きになってしまえば見た目はどうでもいいという人はたくさんいます。

世の中、美男美女しか付き合えないかというと決してそんなことはないというのはわかっているはずです。

実態は決して身長だけで決まるわけではありません。
身長に不必要なコンプレックスを持つ必要はありません。

大人になってから身長を伸ばすことはできないのか?

大人になってから身長を伸ばすことができれば、少しでも身長が伸びてくれればコンプレックスが克服できる。

そんな人もいるかと思います。

身長を伸ばす方法はいろいろありますが、サプリメントによる方法は大人は避けておいた方がいいでしょう。

最近は規制も厳しくなり、見かけなくなってきましたが、怪しい雑誌等で大人でも身長が大きく伸びる等をアピールしているものがあります。

あれは絶対にウソです。
今まで大人がサプリメントを使って大きく伸びたなんて例は聞いたことがありません。大人になると骨が固まってしまっていて、そこから成長させることはできないのです。

本当に伸びていくのであれば、何歳になっても身長が伸び続けることになりますが、どう考えてもそんなことは起こらないことはわかるかと思います。魔法の成分のようなものは存在しません。

まだ大人になっていないのであればサプリメントは効果があります。
特別な成分ではなく、栄養分を整えることによって身長の伸びは変わってくるということがわかっています。

栄養バランスを身長を伸ばすのに最適な状態に整えることで伸びやすくなってくるというものです。
目安としては大きく成長させるには高校生くらいが限界ということになります。

身長を伸ばすサプリメント 高校生

大学生でもまだ伸びる人はいますが、緩やかな伸びになってきます。
社会人で伸びる人というのは特異体質ということでしょう。
真似しようと思ってできるものではありません。

ストレッチで伸ばすことはできます

実は大人になってもストレッチで身長を伸ばすことはできるのです。
性格には伸ばすというより、曲がっている分をもとにもどすというところです。

人間誰もが完璧な状態ではなく、ところどころ背骨や脚などが曲がっているのです。

よくありがちなのがO脚等ですね。
こうした曲がっている状態を、整体で治したり、ストレッチで治していけば、うまくいけば3cm程度は変わるという可能性は出てきます。

これは本当に1cmでもと考えているのであればやってみる価値はあるものだと思います。

身長を伸ばす系の情報商材はやめましょう

身長を伸ばすというものを見てみますと、伸ばす方法の情報を販売している、情報商材というのも見かけることがあります。

こうした情報で大人の身長が大きく伸びているような内容が書かれているものもあります。ですが、こうしたものを購入するのはやめておきましょう。

9割以上のものが口コミとしてはやらせ系、また中身としてほとんどないものでしょう。

ストレッチ関連の場合は伸びる可能性はありますが、その価格の価値のあるものは入っていない可能性の方が高いです。

そんな気づかないような秘密の情報が今の時代あるわけがありません。伸びる情報なんてものはとっくに出尽くしています。

素直にO脚矯正の体操、背骨を伸ばすようなストレッチを自分で探してやった方が効果が出るでしょう。

くれぐれも冷静になって考えるようにしてください。

割り切って別の部分を磨いていこう

身長コンプレックスの克服という部分に関しては身長をストレッチ等で頑張るというのは一つの方法にはなりますが、あまりそこにこだわりすぎてもいけません。

どうにもならないものはどうにもならないものとして悩まないというのも良い解決法です。

悩んでもマイナスしかないのであれば他の点でカバーするというものです。身長の代わりにルックスでカバーすることもできますし、身長は低くてもスタイルは良いという人もいます。

ダイエットや筋肉であれば努力でどうにかなるものになります。

他にも仕事ができる、スポーツができる、趣味で凄いものがある、お金が稼げる等の男としてよく見られる要因というのは多くあるものです。

見た目が良いというのは大事なことですが、人はそんなに見た目を永久に維持するのは難しく、だんだんと見た目も崩れてきたりします。

そんなときに身長以外で若さを見せる、活動している姿を見せていくと身長だけではない要素として素敵に見えたりするものです。

とにかくやれるだけのことをやる、身長で勝負できないのであれば他の部分でやれることをやるということ。

与えられた中で勝負するしかないということが本質です。
変に卑屈になることはなく、身長程度でマイナス思考になる必要は全くありません。

何があっても前向きに、頑張っていきましょう!