日常から感性を耕す8日間を北海道・東川町で

北海道の北の町、東川町。そこはまるで北欧のどこかの国のような、山の麓の町です。北海道最高峰の旭岳の恵みを町全体で活かし、アウトドア、食、暮らし、とすべてにおいて魅力の詰まったこの場所。北海道県外からも、その魅力を求めて移住してくる人も多く、個性豊かな人たちで溢れています。そんな東川町で、平日はリモートで働きながら、他者と共に過ごす日常から学ぶというスタイルのプログラムを開催します。

日常の暮らしからはじまる一歩

自分にとっても、家族にとっても、そして、願わくば、地球にとっても、サステイナブルな暮らしをしてみたいと思ったこと、一度でもありませんか?けど、余裕がなくて実践できない…ということも多々あるはず。
School for Life Compathがお届けする今回のプログラムのテーマは「日常から変えていく8日間」。東川町には無理なく楽しみながらサステイナブルな生活をしている人が多くいます。そんな東川町の人たちの哲学に触れるのはもちろん、8日間、生活する仲間たちと共に、日々の暮らしに目を向けてみませんか?これからの自分のライフスタイルを考える上でのヒントを見つかるかもしれません。

プログラム内容

Day1
「8日間を共に創る土壌を整える」
北海道・東川町に到着。ここから新しい生活がはじまります。8日間をお互いにとって居心地よく過ごすためにも、関係性の土壌づくりを丁寧に行っていきます。働き方も、普段の生活も様々なメンバーがどのように日常を彩っていくのでしょうか。
Day2〜6
「日常を共に彩る」
平日は基本的には各自がそれぞれのペースで過ごしていきます。働くもよし、隙間時間を見つけて、東川町を歩くもよし。普段と少し違うのは他の人と一緒に暮らすということ。毎日にテーマをつけて過ごしていきます。「触覚」「味覚」「視覚」「聴覚」「嗅覚」。五感を使って日常をいつもより味わっていきます。
Day7・8
「東川町の人の哲学に触れ、再定義」
いよいよ週末。週末は「食」をテーマにサステイナブルな生き方をしている東川町の人と実際に対話しながら、哲学に触れていきます。実際に手を動かす時間も。8日間の過ごす中で、自分自身がどんなことを感じ、大切にしていきたいのか結晶化していきます。
Day7・8
「東川町の人の哲学に触れ、再定義」
いよいよ週末。週末は「食」をテーマにサステイナブルな生き方をしている東川町の人と実際に対話しながら、哲学に触れていきます。実際に手を動かす時間も。8日間の過ごす中で、自分自身がどんなことを感じ、大切にしていきたいのか結晶化していきます。

募集要項

  • 日程:2020年11月8日(日)〜11月15日(日)
    旭川空港集合 9:30 ※飛行機のご参考 AIRDO/ANA 8:35着 or JAL 9:15着
    旭川空港解散 16:00 ※飛行機のご参考 JAL 16:50発
  • 場所:北海道東川町(旭川空港から約15分) 宿泊場所:せんとぴゅあⅠ宿泊施設
  • 募集人数:10名 (最小催行人数 8名)
  • 参加費:7泊8日 プログラム費55,000円 + 宿泊費21,000円 ※初回開催につき特別価格で実施・プログラム費には、7食分の朝ごはん・3食分の昼ごはん・5食分の夜ご飯(自炊中心)・プログラム体験及び材料代が含まれています。(平日のランチと一部夜ご飯代は含まれていません。)
    ・宿泊費は現地で直接宿泊施設にお支払い頂きます
    ※集合地(旭川空港)までの交通費は、各自でご負担ください
  • お問い合わせ: compath.info@gmail.com
  • 場所:北海道東川町(旭川空港から約15分) 宿泊場所:せんとぴゅあⅠ宿泊施設

宿泊場所

宿泊場所名 せんとぴゅあⅠ宿泊施設
場所
〒071-1426
北海道上川郡東川町北町1丁目1-1
詳細
部屋設備:机、椅子、ベッド、冷蔵庫、テレビ、トイレ・浴室、キッチン(一部の部屋)
共用設備:
コインランドリー、トイレ、シャワー室、交流サロン、キッチン、自転車
Wi-Fi:完備
場所
〒071-1426
北海道上川郡東川町北町1丁目1-1

School for Life Compathとは?

「わたしの小さな問いから世界が変わる」

2017年にデンマークに渡航し、「フォルケホイスコーレ」に出会ったことをきっかけにはじまったプロジェクトです。2020年7月より、東川町を舞台に「私のちいさな問いから世界が変わる」を合言葉に「今だからこそ欲しい”人生の学校”とは何か?」に向き合いながら、学校づくりを行っています。