1、心を動かす

人は論理だけでは動かないものです。その行動は必ずしも合理的ではなく、その多くを感情で決定します。イベントはこの感情部分に訴えるのがとても得意です。空間づくりや音響、映像といった総合的な演出により、来場者に劇的にメッセージが伝わり、心を動かし、明日からの行動を生みます。

2、受け取る状態をつくる

日頃、忙しい業務をこなしている構成員。それが組織にとって重要なメッセージであったとしても、それを受け取る環境・時間は様々です。イベントはこの受け取る側の状態を理想的な状態にすることができます。受け取る側の体制が整ってはじめて、メッセージは正しく伝わるのです。

3,契機となる

イベントは、非日常の節目となります。入社式や周年式典などは分かりやすい例ですね。これまでを見つめ直すきっかけとなり、次のステージへの決意を新たにする契機ともなります。


会社案内

株式会社コムネット

御茶ノ水駅徒歩10分

業界活性化イベント

居酒屋甲子園とは

「居酒屋甲子園」とは、“居酒屋から日本を元気にしたい”という想いを持つ全国の同志により開催された、外食業界に働く人が最高に輝ける場を提供する大会です。

全国からエントリーされた居酒屋のうち、独自の選考基準で選ばれた優秀店舗が、年一回、数千人が集う大会場に集結します。ステージで自店の想いや取組みを発表し、 居酒屋甲子園における日本一の店舗を決定、外食業界で働いている人が夢や誇りを持てる大会にすることを目指しています。

2006年の第1回大会は236店舗、2007年の第2回大会は739店舗、2008年第3回は770店舗、2009年第4回は、1,103店舗、2010年第5回は1129店舗、2011年第6回は1369店舗、2012年第7回は1332店舗、2013年第8回は1392店舗、2014年第9回は1328店舗の参加店舗様で予選を勝ち上がった優秀店舗5店舗(第7回までは6店舗)が5,000人観客の前で熱いメッセージを伝えた感動の大会になりました。

今年2015年第10回は過去最高店舗数の参加店舗数1482店舗でスタートしました。  居酒屋甲子園は非営利活動法人(NPO)として設立しました。居酒屋甲子園をきっかけとして全国各地で生まれた、外食業界を皆で活性化しようとする取組みを支援しています。

コムネット