伝統工芸コレギウム

—伝統工芸本来の「意味」を知り、
今あるべき姿を考える—

主催:いとへんuniverse


参加お申し込み

いとへんuniverseは、「伝統工芸とは何かをもう一度きちんと問い直すことこそ、工芸を未来に残すことにつながるのではないか」と考えます。

コレギウムとは、学問的知識の伝達を目標とする教育機関のことを指す言葉で、ラテン語の「組合」や「団体」を語源としています。

「伝統工芸コレギウム」は、伝統工芸の、特に若者層の作り手と使い手、関わる人々を「工芸の担い手」とみなし、皆で学び合う場を提供するイベントです。


日程:2019年3月9日(土)

京都女子大学 前﨑信也先生による講義
16:00~18:00  ¥1,000-

交流会 18:00~20:30
(軽食、ワンドリンク付き)
¥1,500-

場所: Bonjour! 現代文明 京都市中京区東椹木町121

講義と交流会、片方だけの参加も可能です。

ご希望の方は、ページ中のボタンよりお申込みください。

「伝統工芸コレギウム」

「伝統工芸は日本文化の象徴であり、未来に残さなくてはならない」。これは現代に生きるわたしたちに共通の思いであり、わたしたちはこの言葉のもと伝統工芸品をつくり、手に取り、使っています。

しかし「伝統工芸」「日本の文化の象徴」といったそれぞれの言葉について考えてみると、さまざまな疑問が湧いてきます。

いつ頃から「伝統工芸」と呼ぶようになったのでしょうか? 「日本文化」とはそもそも何でしょうか? 誰が「伝統」だと決めたのでしょうか?

こうして改めて考えてみると、使い手もつくり手も実は非常に曖昧なまま「伝統工芸」という言葉を使い、イメージだけで語っている事に気づくでしょう。

工芸に関わるわたしたちは、「伝統工芸」の言葉に翻弄されてはいないでしょうか。「伝統工芸だからこうしなければならない」というような思いがいつしか慣習となり、活動に制限をかけることになってはいないでしょうか。

いとへんuniverseは、「伝統工芸とは何かをもう一度きちんと問い直すことこそ、工芸を未来に残すことにつながるのではないか」と考えます。

コレギウムとは、学問的知識の伝達を目標とする教育機関のことを指す言葉で、ラテン語の「組合」や「団体」を語源としています。 「伝統工芸コレギウム」は、伝統工芸の、特に若者層の作り手と使い手、関わる人々を「工芸の担い手」とみなし、皆で学び合う場を提供するイベントです。

美術史・工芸史がご専門である京都女子大学の前﨑信也先生をお招きし、「そもそも伝統工芸とは何か」ということ改めて学び、皆で考えましょう。そして「現代における新しい価値感」をつくるきっかけにしたいと思います。

お申込みは下記フォームまで、よろしくお願いいたします。 

〒604-0906 京都府京都市中京区新烏丸通竹屋町上る東椹木町121

地下鉄東西線 京都市役所前駅 徒歩7分
地下鉄烏丸線 丸太町駅 徒歩13分
京阪 神宮丸太町駅 徒歩9分

ボンジュール現代文明の
詳しいアクセス情報

編集画面では動画は再生されません。

人の手で。目と目で。

いとへんuniverseは、職人、作家、文筆家が集まり活動している任意団体です。伝統工芸の西陣絣を次世代につなぐこと、手織りや手染めの魅力を伝えることを目指して、ものづくりをしています。

いとへんuniverse