AIと産学連携
業務変革!

最先端の大学研究室との産学連携で、
AIを活用した業務変革をしてみませんか?

AI産学連携とは?


  • 大学などの教育機関・研究機関による
    最新のAI技術の研究成果を活用して、
    民間企業の業務変革を促す産学連携になります。

  • 大学などの教育機関・研究機関による
    最新のAI技術の研究成果を活用して、
    民間企業の業務変革を促す産学連携になります。

こんなお悩みありませんか?

販売実績や消費動向などの
データの活用方法がわからない。
蓄積したデータを分析するものの、
具体的な方向性が見えてこない。
業務改善をしたいが、
どこから手を付けて
わからない。

AIが話題になっているが、
具体的な活用方法がわからない。

蓄積したデータを分析するものの、
具体的な方向性が見えてこない。

一方、大学では…

研究室の学生

最先端の研究テーマや技術分野があるので、
それらを活用する事例を増やしたい。

研究室の教授

最新の技術や研究成果を、
より多くの企業に活用してもらいたい。

研究室の教授

最新の技術や研究成果を、
より多くの企業に活用してもらいたい。

両者のニーズをマッチさせ、
貴社の業務変革を後押しをします!

産学連携のメリット

最先端の研究設備

様々な分野で最先端の研究をしている大学には、充実した研究設備が整えられています。
R&Dに資金を割けない企業にとっては、大学との提携が大きな推進力になります。
社会貢献として

大学に研究価値のあるデータを提供したり、共同研究の機会を持つことは社会貢献として評価されます。
知名度向上やに売上アップにつながることも。
助成金が出る場合も

政府では産学連携の後押しをするため、現在は様々な助成金や補助金が用意されています。
プロジェクトの規模や社会性に応じて資金援助を得られる可能性があります。
学生の認知度向上

研究室と提携することで、優秀な学生に自社について知ってもらうことができます。

AIによる業務改善事例その1

AIにより人力で行っていた業務が自動化!?

アパレル商品に対して自動でラベリングができるシステムを開発。某大手アパレルECモールは手動でタグづけを行っており、莫大な工数消費と網羅性に課題がある。画像解析から服のタイプや色、柄、サイズなどを判定しDBに格納し、ユーザーが欲しい商品を提案するサービスを開発。

AIによる業務改善事例その2

人手ではできない業務をAIで!?

店舗売上高、来店客数の予測から投入すべきリソースを予測。
某社では、売上予測を行い、細かに配置するリソースを管理したいというニーズを持っていた。
漸進的なアプローチのため、人の手でリソースプランを作るのが難しくAIでリソース配置パターンを予測。

その他、多数の支援事例があります。
フォームよりお問合せ頂ければ、ダウンロードができます。
プライムグループの

サポート


  • ビジネスプランコンテストでの審査員経験も多くある弊社代表の奥田が、プロジェクトをコーディネートいたします。
  • ビジネス面、技術面ともに知見豊かなメンバーが揃っています。

  • 貴社のデータをどのように生かせば、
    具体的な業務変革を起こせるのか?

    どんな分野の研究機関と相性が良いのか?
    有意義な成果が期待できるか?等
    様々な角度からサポートいたします。
  • ビジネスプランコンテストでの審査員経験も多くある弊社代表の奥田が、プロジェクトをコーディネートいたします。

プライムグループについて

プライムグループは、東京のプライムスタイルとベトナム・ホーチミンのプライムラボからなるITカンパニーです。
AIやブロックチェーンを用いたオーダーメイドのシステム開発を得意としています。
東京・ベトナムともに産学連携に力を入れ、学生を巻き込みながらプロジェクトを進めてきた経験があります。
弊社代表の奥田は大学で非常勤講師も務めています。

ベトナムのプライムラボでは、複数の大学が入居するソフトウェアパークにAIラボを設立し、
学生インターンとともに研究やAIを使ったシステム開発のプロジェクトを進めています。


プライムグループは、多数の支援事例があります。
フォームからお問合せ頂ければ、事例集のダウンロードが可能です。

まずはお気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせはこちらのフォームからお願いします。
全てはまず貴社の課題を具体的にお聞きしてから。
不必要な提案は致しません。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信