代表 金井直樹 mail : cocreation.hokkaido@gmail.com

地震被害の大きい北海道の地域への
学生ボランティア150人派遣プロジェクト

~活動費と必要物資ご支援のお願い~

9/15~17の3日間の活動は終了しました。

112人の学生ボランティアを派遣することができました。

たくさんのご支援・ご協力ありがとうございました!

北海道の学生の活動を応援する取組や、学生と自治体・企業・NPOなどとの協働プロジェクトを活動内容に2017年12月に発足した任意団体「北海道学生共創機構(きたとも)」で、今回の北海道胆振東部地震への学生ボランティアによる支援活動を行うことにしました。

当団体は学生ボランティアの金銭的負担の補助や、参加したい学生の精神的負担の軽減を目的として、ボランティアに行きたいという気持ちのある学生を一人でも多く現地で活動できるように支援をしていきます。

ボランティアに行きたくても行けないという社会人の方々のお気持ちを、「きたとも」が学生ボランティアと共に現地へお連れします。皆さんと一緒に、被災された方々を応援したいと考えていますので、ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

※ ボランティアの参加フォームはページの下方にあります。

北海道学生共創機構(きたとも)とは
・北海道の学生の活動を応援する取組(イベント開催の支援など)
・学生と自治体・企業・NPOなどとの協働プロジェクト
を活動内容に2017年12月に発足した任意団体です。

現在まで、様々な学生が100人規模で集まる「札幌学生100人交流会」(左写真) などを開催してきましたが、今回の北海道胆振東部地震に伴い、学生ボラン ティアの支援活動を行うことにしました。

活動趣旨

厚真・安平・むかわ地域へボランティアに向かう学生を集め、活動を支援します。ボランティア活動内容は現地の各災害ボランティアセンターの指示に従います。


当団体は学生ボランティアの
• 金銭的負担の補助(装備の用意・移動手段の用意)
• 精神的負担の軽減(情報の提供・学生同士で集まって向かう)
を目的とします。

ボランティアに行きたいという気持ちはあるけれど、実際難しそうという学生の 現地入りのハードルを大きく下げます。

現地に行きたくても行けないという社会人の方々のお気持ちを現地へ連れていきます。

学生の夏季休暇をフル活用し、その後はニーズに合わせた継続支援を行います。

できる範囲の活動を、慌てず無理せず行います。

~ご支援のお願い~

現在活動費として、9月15日までに50万円を集めています。

https://earthquake.usgs.gov/earthquakes/eventpage/us2000h8ty#shakemap より
第一弾  9月 15・16・17日

直近では9月15日~17日の3日間、各日において日帰りで学生ボランティアを派遣予定です。
移動手段は28人乗りバスを3日間借りており、昼の部・夜の部と派遣を各日2回できるとして、最大50人×3日=150人が現地に向かいます。
がれき撤去などの装備が必要な作業は各日最大25人までの予定です。
作業に必要な装備は使いまわします。

【9月12日時点作業予想内容】
現地を動き回り、被害状況の確認、ボランティアニーズの確認
軽作業(物品仕分けなど)
避難所での子供やお年寄りとの遊び・お話など(主に高校生中心)
※がれき撤去などの作業はまだ未定です。


第二弾の日程・派遣先は第一弾の終了後にお知らせします。

支出予定内訳
交通費 バスのレンタル代+燃料費
 3日間合計 10万円
備品購入代
安全長靴(5000円)、ヘルメット(1500円)
 25人分 (使いまわします)
 合計 20万円
消耗品購入代 マスクやゴム手袋、軍手 など 150人分
 合計 5万円

その他余裕があれば
費用とするもの

ボランティアスタッフの食事代
その他必要経費など

その他余裕があれば
費用とするもの

ボランティアスタッフの食事代
その他必要経費など

余剰金は、次回以降の活動費へ充てさせて頂きます。

学生ボランティアは全額自費となっても参加できるという条件で呼びかけていますので、目標金額に足りない場合でも実施します。

活動の報告は随時このページ上で行っていきます。

第一弾  9月 15・16・17日

直近では9月15日~17日の3日間、各日において日帰りで学生ボランティアを派遣予定です。
移動手段は28人乗りバスを3日間借りており、昼の部・夜の部と派遣を各日2回できるとして、最大50人×3日=150人が現地に向かいます。
がれき撤去などの装備が必要な作業は各日最大25人までの予定です。
作業に必要な装備は使いまわします。

【9月12日時点作業予想内容】
現地を動き回り、被害状況の確認、ボランティアニーズの確認
軽作業(物品仕分けなど)
避難所での子供やお年寄りとの遊び・お話など(主に高校生中心)
※がれき撤去などの作業はまだ未定です。


第二弾の日程・派遣先は第一弾の終了後にお知らせします。

ご支援方法
1. 銀行振込
【北海道銀行】
 支店名:札幌駅前支店
 科目:普通
 番号:1934849
 口座名義人:金井 直樹(カナイ ナオキ)
  ※当プロジェクトの専用口座として新規開設

  お振込みでご支援を頂いた場合、下記お問合せ先までメールにて、お名前(ご所属)のご連絡をお願いいたします。
  後日、活動報告書を送らせて頂きます。

2. polca

主に小口で支援していただける方、学生などが対象です。
500円よりご支援いただけます。バス代10万円を目標に設定しました。
手数料10%がかかってしまうので、まとまった金額であれば銀行振込でお願いいたします。

3. 学生リビング 穂と葉 にご来店いただく
9月14日(金)まで毎日18:30~23:00で受け付けます。
ご来店される場合は事前にページ下部の問い合わせ先まで、メールにてご連絡いただけると幸いです。
ホームページには木曜定休となっていますが、13日は特別に営業します。

住所:札幌市中央区北5条西6丁目1-23 北海道通信ビルB1F
(1階にローソンが入っているビルの地下1階です)
4. 活動物資のご提供
ヘルメット、安全⾧靴、その他ボランティア活動に必要なものを
ご提供いただける方は、下記のメールアドレスまでご連絡ください。

cocreation.hokkaido@gmail.com
5. ボランティアに参加する (学生)
ボランティアとして参加したい学生の方は下記のリンクから
googleフォームの記入をお願いします。

※ 未成年の方は保護者の方の同意を得てからお願いします。


今後の活動情報・進捗報告については、当ページ、団体facebookページでご報告致します。

また、9月17日までの3日間の活動終了後は、ご支援を頂いた方々へ、ご連絡頂いた送付先へ個別に報告書を送らせて頂きます。

尚、ご支援い頂いた方のお名前も掲載せさせて頂きますが、差し支えのある場合はご支援を頂く際にお申し出下さい。

活動報告

9月9日
活動開始。コアメンバー集合。今後の方針ミーティング。
9月10日 現地担当者とのコンタクト開始。銀行口座開設。3日間のバス手配。必要備品購入(ヘルメット・安全長靴など4万円分)
9月11日 当ページ作成。polcaページ作成。ボランティア募集フォーム作成。
9月12日 アナウンス開始。【23:40現在】支援金74,400円、人員47名。ご支援いただいたお名前の掲載などは報告書の方にさせていただきます。
9月13日 安平町で打ち合わせ。【0:00時点】支援金158,200円(polca10万円目標達成)。人員121名。NHKニュース掲載。
9月14日 ボランティア保険全員加入。参加者リスト最終調整。【23:50時点】支援金232,300円。人員122名。
9月15日

安平町にて35名で活動。町からのお知らせのポスティング作業や、ボランティアニーズの仕分け作業、子供と遊ぶなどの活動を行った。
北海道新聞掲載。NHKニュースで活動の様子放送。

9月16日 37名でむかわ町穂別図書館の復旧作業(本の整理、棚の運びだしなど)。朝日新聞掲載。
9月17日 40名でむかわ町穂別図書館の作業の続きを行った。HTBニュース放送。
9月11日 当ページ作成。polcaページ作成。ボランティア募集フォーム作成。

ご協力いただいた皆様

橋本正彦様(江別港)、木村高志様(合同会社Staylink)、小川陽平様(NPO法人いきたす)、平間栄一様(NPO法人One’s Own Master)
小林由佳様(株式会社 結)、梅沢太一様(スタークリエイツ)