金子みすゞと広い河の岸辺
こころの鈴の音コンサートVOL.5

パラグアイハープとアンデスの笛の音色に乗せて、うたと朗読を綴る

パラグアイハープとアンデスの笛の音色に乗せて、うたと朗読を綴る 素敵な時間をお楽しみください。

日程
:2019年8月20日 (火)18:30〜20:00

参加費 大人3000円 中学生以下1000円 (税込)

(全席自由)
※お膝の上でご覧になるお子様は無料 

 場所:アクロス福岡 福岡市中央区天神1丁目1−1 
お問い合わせ のぶはら 090-3883-1867
※全席自由席ですが、事前にお申込いただいた方を優先に入場案内をさせていただきます。

出演者

ケーナ・作詞家
八木 倫明

2013年和楽器とラテン楽器の四重奏、木星音楽団を結成。「異文化を越えた壮大ロマン」と作詞家湯川れい子氏に賛辞を受ける。<広い河の岸辺>の歌詞を歌手クミコに提供し大ヒット曲に。ヒットの背景がNHK「おはよう日本」「特報首都圏」などで放送され、テレビ朝日「徹子の部屋」にも出演。エッセイ「広い河の岸辺」(主婦・生活社)、絵本「ひろいかわのきしべ」【葉祥明・画】国土社出版。日本音楽家ユニオン会員。作詞家やぎりん(JASRAC)早大卒

ケーナ奏者・作詞家 
八木 倫明 公式ブグ

歌い手・朗読者
中村 祐子

2001年舞台「金子みすゞ物語」主演後、2003年金子みすゞオリジナル「想ひ」CDリリース。その後、結婚出産より活動休止していたが、2016年よりこころの鈴の音プロジェクトを立ち上げ、オリジナルのコンサートプロデュースしながら、歌い手・朗読者としてコンサート活躍中。作詞家八木倫明より、中村祐子のうたには、哲学があると絶賛のお言葉をいただく。

こころの鈴の音プロジェクト Facebookページ

アルパ奏者
藤枝 貴子

全日本アルパコンクール第3位入賞を機に脱OLし本場パラグアイで本格的に留学。パピ・ガラン氏のもと、ソロアルバム2枚製作。帰国後は、第一子出産後子育てやいのちへの深い想いが演奏に現れ魅了するファンが多い。日本パラグアイ協会アルパ振興委員会会員・尺八・筝・ケーナ・アルパによる「木星音楽団」メンバー

藤枝貴子のアルパ日記
~Que sera sera~

会場MAP

アクロス福岡

地下鉄天神駅 徒歩5分弱