"machiをきれいにしたい。
こどもたちにも同じ
omoiをもってほしい。"


2017年10月の台風21号。

ごみが散乱していた川をみて、
お世話になったまち「柏原」に恩返しがしたい。

そして、この活動を 長く続けていきたい。
そんな思いで CO-BUKUROは 始まった。

月1回、少しの時間を使って「ちょっといいこと」を。

いいことするのに 気負いなんてしなくていい。
こころ温まる やさしく かっこいい活動。

広げよう  この輪を  少しずつ。

活動内容

⒈ こどもたちにごみ袋へ絵を描いてもらう。

 こどもたちが描く個性豊かで想いがこもった絵。こどもたちの想いをしっかりと受け取ります。
⒉ そのごみ袋を使って、ごみ拾いをする。

 「柏原」で1時間程度ごみ拾いを行います。参加メンバーは学生や地域の方、活動に興味を持った方など実に多様です。
⒊ ごみ拾いの参加者からこどもたちへメッセージ

 次は、参加メンバーからの想いをこどもたちに受け継ぎます。しかし、、内容はまだまだです。もっと良い方法がないか、参加メンバーのみんなで考えていきましょう!
⒊ ごみ拾いの参加者からこどもたちへメッセージ

 次は、参加メンバーからの想いをこどもたちに受け継ぎます。しかし、、内容はまだまだです。もっと良い方法がないか、参加メンバーのみんなで考えていきましょう!

参加者の声

僕にとってCO-BUKUROは、憩いの場になっています。ごみ拾い活動を行っていますが、そこには学生の頃の友人や後輩、その場で初めて出会う方々と様々な人が集まってくる場になっています。
ごみ拾いをしながら経験談や雑談をすることが自分にとって楽しく、仕事の疲れや気持ちのリセットができます。
CO-BUKUROは、ユニークで個性溢れるメンバーと共に行う月一回の活動です。CO-BUKUROの参加メンバーは、初参加の方が【いかに気を遣わず活動して頂くか】を考えられるメンバーばかりです。会話と笑顔がめちゃくちゃ多いです。笑
たった2時間程ですので、『また来月やね』と思って頂く方々が非常に多いのも、CO-BUKUROの特徴であり良さです(^^)
そんなCO-BUKUROに是非一度触れてみて下さい!
特にしばりがなく、自由に歩いて、喋って、ごみを拾って、、、
終わる頃にはごみ袋がいっぱいになっているので、子どもたちの描いた絵が膨らんで、とっても可愛いごみ袋が完成してます。
気軽に楽しく、小さな社会貢献ができるところがいいなぁと思います。
私にとってCO-BUKUROは、出会いの場です。
私はこの活動を通して、学校の先輩や同級生、後輩、地域の人など多くの人と出会うことができました。また、普段会っていた人でも、話しながらごみ拾いをすることで知らなかった一面にも出会えることができます。毎回どのような人に出会えるか楽しみにしながら参加しています。これからも、この活動を通して様々な人に出会えたら良いなと思っています!
CO-BUKUROに参加したなかで、印象的な出来事が1つあります。それは、、"つながらーと"に参加した時です。ごみ袋に絵を書いてもらっていた女の子に何気なく名前を聞いてみたところ、なんと!同じ名前(漢字と読み方も‼︎)でした!!CO-BUKUROに参加していたからこそ、その子とつながることができました。これからも色んな人とのつながりを大切にしていきたいです^o^
私にとってCO-BUKUROは、自分の成長につながる場です!昔の私は、消極的で人と話すことが苦手でした。けれど、この活動で初めて参加する人と話すようになり、今では積極的に人と話すことできるようになりました!これからもこの活動を通して、自分の成長につなげていきたいです!あと...汚れているmachiやkawaを見て「誰かがキレイにするやろ」と思うのではなく、「自分がキレイにするねん!!!」という気持ちをたくさんの人に持ってもらえるように、これからも活動していきたいです★
学生さん達がお休みの日にわざわざ柏原に集まって、ごみを拾ってくれているなんて、住民として本当に感謝です。
一見そんなに ごみ がないように見える柏原の町も、側溝や植込みの奥には吸い殻やお菓子のごみ、空きカンなどさまざまな ごみ があります。それらをトングで一つ一つ拾っていると、いつもあっという間に時間が過ぎて、終わりにはなんだかスッキリとした気分になっています。
こどもたちの描いた袋の絵にも、いつもほっこりさせてもらっています。
CO-BUKUROは、ユニークで個性溢れるメンバーと共に行う月一回の活動です。CO-BUKUROの参加メンバーは、初参加の方が【いかに気を遣わず活動して頂くか】を考えられるメンバーばかりです。会話と笑顔がめちゃくちゃ多いです。笑
たった2時間程ですので、『また来月やね』と思って頂く方々が非常に多いのも、CO-BUKUROの特徴であり良さです(^^)
そんなCO-BUKUROに是非一度触れてみて下さい!

団体概要

団体名
CO-BUKURO (CONNECTED BY GOMIBUKURO)
活動エリア
大阪府柏原市
設立
2017年10月
代表
高井智也 辻中俊平
活動内容
地域密着型ごみ拾いコミュニティの運営
活動日
毎月第3土曜日10時から12時
※7月〜9月は15時から17時
設立
2017年10月

沿革

2017年 11月  第1回活動日
2018年 3月    第5回活動日(かしわら手ぬぐいWEEKに初参加)
2018年 5月    バリアフリー野外音楽フェスティバル「つながらーと」にてブース出店
2018年 6月    大和川河川敷にて「ごみのぼり」披露
2018年 7月    児童発達支援・放課後等デイサービス「いんくるーじょん柏原」・柏原市長 初参加
2018年 11月  柏原市民総合フェスティバルにてブース初出店
2019年 4月    第18回活動日 玉手山学園理事長 初参加
お問い合わせ・ご質問
※参加希望連絡・タイアップ依頼・取材依頼など

活動日の詳細や活動の様子は
各種SNSへ